6週間で簡単に肌を白くする8つの方法

6週間で簡単に肌を白くする8つの方法

色白っていいですよね。誰もが憧れる透き通るような美しい、白い肌。生まれつき色白ではない人も、努力で白くなれるのでしょうか?

答えは、「イエス」。

肌を白くするための努力「美白活動」を始めましょう。40日ほどで、今よりずっと白く綺麗になっていくことを実感できます。それは、ちょっとしたスキンケアとメンタルケアでできること。あなたの「体」と「心」に向き合って、穏やかでハッピーに過ごすことで、肌は白く美しくなるのです。

それでは、「お肌を白くする8つの方法」を、ご紹介いたします。
ハイブリッド

1:基礎~紫外線から肌を守る

しっかりとしたUVケアが不可欠です。SPF50などのきつい日焼け止めは不要。肌への負担が強くかぶれや赤みの原因となります。「水に落ちにくい」なんて宣伝文句に踊らされてはいけません。それは洗顔しても落ちにくいということなのです。肌に残ったUVクリームが日々蓄積されていくと、深刻な肌トラブルとなります。

肌に優しいオーガニックのクリームを選びましょう。SPF20〜30で十分。そもそもSPF15以上、効果は変わらないのです。ただし一日に何度か塗り直す必要性はあります。もちろん、化粧の上から塗り直すのはご法度ですよ。たまった皮脂を除去せずに新たなUVを塗りこんではいけません!

なかなか面倒くさいことですよね。でも、この「紫外線から肌を守る」というのは美白へ向けて欠かせない「基礎」なのです。コレだけ。これだけは頑張って死守しましょう。それから、つばの大きい帽子や日傘でしっかりカバーする。夏に限らず曇りの日でも日傘をさしましょうね。

2:マッサージで血行を良くする

お肌を白くするためには、「くすみ」をなくすことが必要です。血行不良によるくすみによって顔は黒ずんで見えるものです。それを取り除くのに有効なのはマッサージ。

就寝前と朝の洗顔の後に簡単なマッサージをしてあげましょう。あまり力を入れずリンパに沿って老廃物や余分な水分を流すように掌で優しくさすります。血行を良くすることにより、くすみやむくみは解消され、白い肌に近づいていきます。

3 チロシナーゼを作らせない。活性酸素を除去する酵素!

お肌は、紫外線などの刺激を受けるとアンチェイングの敵「活性酸素」が発生します。すると、表皮にある「メラノサイト」(メラニン色素を作る細胞)へと信号が送られ、酸化酵素の「チロシナーゼ」が活性化します。これがシミを作り肌を黒くする要因となるのです。

このチロシナーゼの抑制に最も効果的なのが「ハイドロキノン」。肌の漂白剤と言われ、皮膚科でも処方してもらえます。しかし酸化しやすかったり塗布のしすぎで肌を弱めたり、まだまだ不安要素があります。もちろん、医師のアドバイスを守って使用するのも良いでしょう。

しかし、できれば自然の治癒力を高めて活性酸素を除去するのがノーリスクです。抗酸化作用のあるもの、「酵素」の摂取をおすすめします。食品であれば「生の物( 葉野菜、刺身、生肉)」や発酵食品。安全性の高いサプリメントやドリンクでも代用は可能です。

お肌直接の治療というより、体のアンチェイジング対策でもある「酵素」の摂取によって代謝を促し酸化を促進させる「チロシナーゼ」を抑制するのです。すると肌は正常にターンオーバーし、シミは薄くなっていきます。

4:ビタミン&ハイチオールC

今も昔も美白の見方はビタミンです。特にメラニン色素の生成を抑制するビタミンCと、ビタミンCの破壊を防ぐビタミンPを同時に摂取することをお勧めします。お肌は寝ている時に再生するので、実はビタミンの摂取は朝より夜の方が効率良く肌に働くのです。

ビタミンCが含まれる食べ物

  • レモン
  • ミカン
  • イチゴ
  • キウイ
  • ブロッコリー
  • ホウレン草
  • ナッツ
  • アセロラ
  • カリフラワー

などが代表的です。

ビタミンPが含まれる食べ物

柑橘類、その皮や袋、筋に多く含まれているので、丸ごと摂取がオススメ。また、長年多くの人に愛用されている「ハイチオールC」とビタミンを一緒に摂取するとさらに効果的です。ハイチオールCが含むL-システインが日焼けによる色素沈着やシミそばかすに効くのです。

病院でビタミン剤とハイチオールCを保険適応で処方してもらうのも合理的ですね。(ちなみに、火傷をした時皮膚科ではこのコンビを処方されます。理屈は美白と同じ。代謝を促進して肌の再生を促し色素沈着を防ぐからです。)
ハイブリッド

5:ハーブ類をふんだんに摂取

ハーブティーにはビタミンやミネラルなどの代謝促進と美肌に欠かせない要素が多く含まれています。中でもカモミールティーの持つ要素にご注目。

  • カモミールエキスがメラニン生成を抑制(このエキス、厚労省認定の美白成分!)
  • カマズレンという成分が肌荒れやアトピーに効果的
  • 抗糖化作用があり、抗糖による肌の黄ばみやシミの進行を食い止め、肌の透明感を取り戻せる
  • 抗酸化物質ポリフェノールを多く含むため、活性酸素を除去する

どうでしょう?今まで何倍も飲んでいたカフェインコーヒーからハーブティーに変えてみませんか?リラックス効果もありストレス軽減にもなります。そもそもコーヒーの取りすぎは体を冷やします。冷えは代謝促進の敵ですからね。

6:ストレスを溜めない

そう。心の疲れ=ストレスはお肌に直接現れます。きっと皆さんも、ストレスでお肌がボロボロになった経験があるのではないですか?ストレスを抱えているとホルモンバランスを崩します。するとチロシナーゼが活性化してシミができやすくなるのです。

各々に合ったストレス解消法を実践しましょう。少量のアルコール摂取でも、運動でもショッピングでも良いのです。心の安定が大事。ハーブティーもストレス軽減に大きく役立ちますよ。

7:睡眠不足にならない

お肌の代謝と、新しい肌細胞を作るのに不可欠な「成長ホルモン」。睡眠の時間帯ではなくて「睡眠の質」によって分泌されます。最低でも6時間以上の眠りを確保し、眠りが深くて質が良いほど、肌は正常にターンオーバーされて、表皮のメラニン色素が沈着することなく再生されるのです。

よく眠れた!と実感して起きた朝は肌色がよいですね?寝不足の朝は目の下にクマができて顔が黒ずんでいます。質のよい睡眠を確保するためにも、ハーブティーや就寝前の半身浴などを日々行いましょう。

8:恋をする?!

恋をすると綺麗になる!これは科学的に根拠があります。恋によるハッピーな気持ちは、最強の女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活発にさせます。

細胞分裂が活発になり肌のターンオーバーを促進するのです。このホルモンは抗酸化物質で、活性酸素を除去してコラーゲンや水々しい肌を守るのです。ドキドキする気持ちや幸福感からなる安定した気持ちがこのエストロゲンを分泌させます。

がしかし、手っ取り早いのは何と言っても「夫婦・恋人同士の営み」でしょう!心身の快楽は脳を刺激しエストロゲンをたくさん分泌します。また、カロリーを消費し快眠を得られ、ストレス発散にもなります。

これって、「美白に必要な要素」随分クリアしていませんか?

まとめ

いかがでしょうか?美白にはハード面(外側)とソフト面(内側)、両方のケアが必要なんです。

  • 肌の外からお肌をケア
  • 肌の中からお肌をケア
  • 精神面でホルモンをコントロール

この三つに尽きるのです。美白活動は、だいたい40日くらいで効果が見られます。基本的なこと、それは「紫外線のカット」。これは面倒くさくても死守しましょう。そのあとは、お肌にも心にも体にも優しい生活を送ること。

常にハッピーで安定した心でいれば、肌は自然と美しい白い肌へと変わっていくことでしょう。
ハイブリッド

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)