毛穴に詰まった角栓を除去する方法

毛穴に詰まった角栓を除去する方法

角栓。それは、ぬるっとしてドロっとした得体の知れない物体。顔の毛穴の目立つ場所、例えば鼻頭から出てきたりしますよね。初めて見たときは、その気持ち悪さにビックリして、がむしゃらに除去を試みたものです。

角栓の正体って、いったいなんなのでしょうね?角栓を除去しようと試みるたびにブツブツの毛穴まで気になる!ああ、近くで見たくない、見られたくないその鼻頭!

角栓の原因と正体を知り、根本から改善してみませんか?毛穴に得体の知れないものが詰まっていない綺麗な肌を目指しましょう!
ケアナノパック

角栓の正体は?

「角栓」の正体とは、主に以下の三つが固まってできたものです。

  • 過剰分泌された皮脂
  • 化粧や埃による毛穴の汚れ
  • 古い角質(タンパク質)(角栓の7割が、このタンパク質です)

皮脂は、そもそもはお肌の乾燥から守る為に出てくれるありがたいものなのですが、分泌が過剰だと毛穴の奥に溜まり続けます。そこに、毛穴を防ぐ化粧や埃、正常にターンオーバーできていない古い角質が一緒になったものが、角栓なのです。

角栓のできる原因は?

角栓は、多かれ少なかれ誰だって毛穴に潜んでいるものです。気になるほどの角栓ができる原因は一体何なのでしょうか?

  • 毛穴の汚れが取りきれていない。
  • オイリー肌である。
  • 正常なターンオーバーができていない。

角栓を放っておくと?

毛穴の汚れは酸素に触れて酸化し、黒ずみます。それが「イチゴ鼻」、あのブツブツとした斑点の目立つ鼻になるのです!

角栓をケアしすぎると?

毛穴が広がり余計に皮脂が分泌されます。以下の対処法は逆効果なのでやめましょう。

  • 毛穴ごっそりパック
  • 手で押し出して引き抜く。

この二つの方法では、毛穴を無理に広げてしまい、余計に皮脂を分泌して汚れも溜まりやすくなります。一瞬綺麗サッパリしたと思っても、すぐに元の状態に戻ります。そしてまた同じような方法で一時的ケアをする、、、。それを繰り返していくことにより、毛穴は大きくなる一方です!

効果的な角栓のケアは?

やはり外側からのケア(お肌のケア)も大事ですが、内側からのケアも大事です。角栓の一部である「古い角質」においては、正常なターンオーバーができていないのが原因。代謝が悪く活性酸素がたくさんあるということですから、お肌の手入れというよりは、内側(体内)から入れ替えるしかありません。抗酸化作用のあるビタミンEを摂取して、適度な運動をし、日焼けから肌を守り、正常なターンオーバーを促しましょう。

それでは、肝心な「外側のケア」はどうすれば良いのか、見てみましょう。
ケアナノパック

外側(肌)のケア

とにかく毛穴を汚さない、に尽きるのです。よって洗顔が大事になってきます。洗顔時の注意とコツを見てみましょう。

朝洗顔のコツ

ぬるま湯で洗う。皆さんが思われている「ぬるま湯」の温度の定義は34度とか、少しぬるめのお風呂くいではないですか?実はそれ、「高温過ぎ」なのです。最も顔のお肌に刺激がなく汚れが取れやすいのは、「冷めたお湯」ではなく「少し暖かめの常温の水」なのです。

また、スクラブ系のソープで鼻をゴシゴシ洗うのはもってのほか。泡だけで優しく鼻の周りを円を描くように洗ってください。ソープがなぜ泡立つようにできているかお分かりですか?泡が汚れを絡め取るからです。

よって、ソープを擦り付けてゴシゴシ洗うのは意味がなく、肌を傷つけるだけなのです。

夜洗顔のコツ

毛穴を開いてから朝と同じように洗顔しましょう。湯船で身体を温めると毛穴は自然に広がり汚れが取れやすくなります。スチーマーを顔に当てるのも良いでしょう。

蒸しタオルを顔に乗せて温めて毛穴を開かせるという方法もありますが、お勧めできません。毛穴の開いている時に、タオルの繊維(モノによっては合成化学繊維)が入り込んでは意味がありません。美肌で有名なお笑い芸人の小原正子さんは、入浴後タオルで顔を拭かないそうですよ!湿度の高い浴室で毛穴が開きっぱなしの時に化粧水でケアされるそうす。

化粧用品の正しい選択

最も大事なのは化粧用品の見直しです。ローテーションで使ってる化粧用品、勇気を持って変えてみましょう!デリケートな毛穴を粗悪な化学物質を含む化粧用品で埋め続けることの怖さを知りましょう。

洗顔フォーム

成分表示を見て、化学物質や保存料、香料、着色料などが入ってないものを使いましょう。世間に出回っている有名メーカーのソープでは、石油由来の硫酸系化学物質がいっぱい入っています。油性と油性はいともたやすく合体しますから、皮脂とくっつくのは容易に想像できますね?

毛穴を隠すための厚塗り化粧は逆効果

化学物質が怖いのはもうお分かりですね?コストは高くてもオーガニックコスメで薄塗りにしましょう。化粧品は毛穴に入り込み取り除きにくいのです。

実際イチゴ鼻の人を思い出してください。「厚塗りしているからといって毛穴の黒ずみが隠れていますか?」隠れていませんよね。一時的な応急処置はあまり意味がないのです。

保湿

オイリー肌の方には、保湿は大事です。洗顔後さっぱり乾燥した肌を放っておくと毛穴がそれを保護するかのように皮脂を大量に分泌するからです。保湿剤の選び方も上記と同様、オーガニックのものを選びましょう。

私がお勧めするのは、ココナッツオイルやオリーブオイルや馬油などのオイル保湿です。洗顔後オイルしかぬらなくても保湿効果が大変高いのです。他は何もいりません!

化粧水を使いたい方は、オイルを塗ってから化粧水をつけてみてください。びっくりするほど浸透率が上がるのです。化粧ノリがとても良くなるので薄化粧で事足りますよ!ココナッツオイルは日焼け止め効果があるので、UV代わりにもいいですね。(オリーブオイルだと日焼けします。)

ただしオイルは酸化すると効果が反転するので、割高でも小瓶を買って密封し、2か月以内に使い切りましょう。

ちなみに、「オイル+化粧水」の場合は、乳液は必要ありません。随分しっとりしていますから。それに、化粧水より乳液の方が粗悪な化学物質がたんまり入っているので購入の際は気をつけましょうね。
ケアナノパック

効果的とされている成分の危険性

角栓には「ビタミンCとセラミド配合の化粧水を使うといい」と、いろいろなサイトで見かけます。ビタミンCの方は確かに酸化を抑制して代謝を促します。けれど少し危険を感じるんですよね。

セラミドって、人口セラミド、植物性セラミド、合成セラミドまでいろいろあるのです。合成って、先ほどから再三非難している合成化学物質です。恐ろしいことに法律上、それが天然であろうがなかろうが商品の表側には「セラミド配合!」って書くことが許されるのですから、一般消費者は簡単に騙されてしまいます。

じゃあ天然セラミドなら良いのか?

実は天然セラミドって、とっても高価なのです。たとえ天然モノが配合されていても、配分はどうなの?効果的と言えるだけの十分な量が入っているの?

ちょっと入ってるだけでも「配合」って言っちゃうメーカーの恐ろしさ!ちなみに、天然セラミドは敏感肌の人には刺激が強いそうです。やっぱり万能薬では無いのですね。

最後に

私としては、毎日のシンプルなお手入れと、シンプルに美容することが最も有効的だと思えて仕方ありません。天然セラミドって主な成分は馬から取れる油。植物セラミドは、米ぬか油とかですって。

じゃあ、前述した馬油やオリーブオイルで十分ではないかと思ってしまうのです。

私は40歳になって一切の洗顔を水洗いに変え、化粧水も付けていません。オーガニックコスメを薄く塗り、たまにココナッツオイルを愛用しています。毛穴は全く目立たず、以前より鼻頭は綺麗に!この記事を書くにあたって実験的に鼻頭を爪でぎゅっと押すと久々にニョキっとミニ角栓が頭を出しましたが、こんなのヤングな時代と比べたら、「無」に等しい!

もちろん人それぞれ、肌質も生活習慣も違います。けれど、一つだけ確実に共通して言えることがあります。合成化学物質を多く含むものでやたら洗ったり埋めたりごまかしたりを繰り返すことは、本来のケアではないということです。

今一度、身の回りにある日常品や化粧品を見直し、シンプルにケアしてゆくことが大事だと私は思うのです。固定概念を崩すのには、勇気はいりますが、お金も時間もいりませんよ!
ケアナノパック

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)