先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

自分で前髪を切る方法 斜め・流す・アシメ・ぱっつん・シースルー別に紹介

自分で前髪を切る方法 斜め・流す・アシメ・ぱっつん・シースルー別に紹介

美容室に行きたいけど時間がないし、でも前髪が邪魔だから切りたい。とか、前髪を切って少しイメージを変えてみようかな、とか。誰でも自分で前髪をカットしてみようと思ったことがあるのではないでしょうか。でも、簡単そうに見えて、案外難しいのが前髪カットですよね。

そこで美容師の私が、自宅でできるセルフカットの方法やちょっとしたコツなどを、斜め、流す、アシメ、ぱっつん、シースルーなど前髪のタイプ別に紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

用意するもの

自宅での前髪セルフカットに必要なものを書き出していきます。他の物で代用できる物は代用してください。100均で購入できるものはそれで十分です。お金をかけずに、なるべく自宅にあるものを使ってください。

  • ハサミ(カット用、すきばさみ):これは、安くてもいいので専用のものがいいです。ホームセンターなどで購入することが出来ます。
  • コーム:薄いクシです。自宅にあるので十分ですが、なければ100均で購入できます。
  • ピン・ダッカール・ゴム:切らない部分を止めておくのに使います。髪が止められればなんでも大丈夫です。
  • :両手を使ってカットするので、置けるものがいいです。なければ洗面台の鏡で十分です。
  • クロス:髪の毛が洋服に付かないように工夫が必要です。穴をあけたゴミ袋をかぶったり、裸になってしまうのでもいいです。洋服に髪の毛が付くと、取るのが大変ですので注意しましょう
  • 新聞紙:切った髪の毛をそのままくるんで捨てられるようにした方が楽です。カットする場所の下に敷きましょう。なければ、お風呂場や洗面台に落ちるようにしてもいいですが、排水溝に髪の毛を詰まらせないよう気を付けてください。

全てのスタイルに共通するセルフカットの5つのコツ

ではここからスタイル別にカットの方法を書いていきます。どのスタイルにも共通して言えるポイントがありますので、まずはその共通する5つのコツを押さえておいてください。

共通ポイント1:髪は乾いた状態で切る

濡れた状態で切ると、乾いた時に浮いてしまって、思っていたよりも短く仕上がってしまいます。慣れないうちは多少切りにくくても、乾かして切ったほうが失敗は少なくなります。

共通ポイント2:引っ張らない

切りやすいように、つい下に引っ張りながら切ってしまいますが、これも手を離すと浮いてしまい、思っていたよりも短く仕上がってしまいます。髪を持つ手は力を入れず、カットする場所を持つだけにしましょう。

共通ポイント3:余計な部分はしっかり止める

カットしない部分は、ピンやゴムでしっかり固定しておきましょう。間違えて切ってしまっては大変です。ブロッキングはとても重要です。

共通ポイント4:前髪の量を決める

前髪の横幅は、好みにもよりますが、黒目の外側に合わせると自然です。奥行きは、欲しい前髪に厚さによりますが、厚くしたい時は奥、薄くしたい時は額から近い位置にポイントを取って、そこから両脇のポイントに向かって三角形に分けとります。

共通ポイント5:切る回数を分ける

1回で切ろうとせず、何回かに分けながら切ることで失敗を減らせます。

【スポンサードリンク】

髪型別カット方法

全てのスタイルに共通するポイントを押さえたら、次にスタイル別のカット方法を紹介していきます。

斜め

1番短くしたい部分と、1番長くしたい部分の長さを決め、そこを指でつなぐように持ち、斜めにカットします。指を定規のように使いましょう。

斜め前髪は、思い切って斜めにした方が可愛く仕上がります。毛先もバラバラな方が好きな人は、縦にすきバサミを入れていくことで毛先をバラバラに仕上げていきましょう。ハサミで毛先をばらすのは難しいので、カットラインはまっすぐにして、すきバサミでばらしたほうがやりやすい思います。

流す

流すと決めた部分を、流したい方向とは逆にしっかりとかします。そして床と平行に切ります。流したい方向とは逆に溶かすことがポイントです。1回カットしたら、流してみて、長さを確認しながら少しずつカットしていきましょう。

ベースのカットが出来たらバランスを見て、毛先の重いと感じる部分を少しだけすきバサミで軽くします。すきバサミは少しずつ入れていくことで軽くなりすぎるのを防ぐことが出来ます。

アシメ

アシメとはアシンメトリーの略で左右が対称ではないことですので、アシメと斜め前髪は同じになります。短いところはきっちり短くカットして、可愛いアシメスタイルを楽しんでください。

ぱっつん

ぱっつんは、長さやラインがしっかり分かりますので、下に引っ張って切らないように気を付けてください。まっすぐ下にとかし、長さを決めたら床と平行にまっすぐ切ります。指で髪をはさみまっすぐを確認したら、指の腹の部分にはさみを添わせるようにしながらカットします。

顔周りの髪、その上の髪、表面の髪と、少しずつ分けてカットしていくのがいいでしょう。カットし終わって、バランスを見ながら、重たいと感じる部分はすきバサミを縦に入れて毛先を少しすいていきます。ぱっつんは多少重たい感じが可愛いので、すき過ぎないように気を付けてください。

シースルーバング

シースルーバングとは、おでこが見えるような軽めの前髪です。前髪として取り分ける髪の毛の量を少し少なめにして、巻いて仕上げると可愛いので、長さは少し長めに設定しましょう。

カットラインは床と平行にまっすぐカットでいいのですが、軽い前髪なので、毛先はすきバサミを縦に入れてしっかりラインをぼかした方が可愛くバランスよく仕上がります。

【スポンサードリンク】

難しく考えず、まずはやってみましょう

前髪は女性にとってとても重要なポイントですので、慎重になるのはよく分かります。でも、少しずつ切っていくとか長めに切っていくなど工夫することで、失敗を減らしていくことが出来ます。

最初に切って短くなってしまったら、上にかぶせた髪を少し長めに切れば隠すこともできます。コツさえ覚えてしまえば自宅で簡単にできるセルフカットで、可愛い前髪を色々と楽しんでみてくださいね。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

thirteen − 6 =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング