自分で前髪を切る方法 斜め・流す・アシメ・ぱっつん・シースルー別に紹介

自分で前髪を切る方法 斜め・流す・アシメ・ぱっつん・シースルー別に紹介

美容室に行きたいけど時間がないし、でも前髪が邪魔だから切りたい。とか、前髪を切って少しイメージを変えてみようかな、とか。誰でも自分で前髪をカットしてみようと思ったことがあるのではないでしょうか。でも、簡単そうに見えて、案外難しいのが前髪カットですよね。

そこで美容師の私が、自宅でできるセルフカットの方法やちょっとしたコツなどを、斜め、流す、アシメ、ぱっつん、シースルーなど前髪のタイプ別に紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

用意するもの

自宅での前髪セルフカットに必要なものを書き出していきます。他の物で代用できる物は代用してください。100均で購入できるものはそれで十分です。お金をかけずに、なるべく自宅にあるものを使ってください。

  • ハサミ(カット用、すきばさみ):これは、安くてもいいので専用のものがいいです。ホームセンターなどで購入することが出来ます。
  • コーム:薄いクシです。自宅にあるので十分ですが、なければ100均で購入できます。
  • ピン・ダッカール・ゴム:切らない部分を止めておくのに使います。髪が止められればなんでも大丈夫です。
  • :両手を使ってカットするので、置けるものがいいです。なければ洗面台の鏡で十分です。
  • クロス:髪の毛が洋服に付かないように工夫が必要です。穴をあけたゴミ袋をかぶったり、裸になってしまうのでもいいです。洋服に髪の毛が付くと、取るのが大変ですので注意しましょう
  • 新聞紙:切った髪の毛をそのままくるんで捨てられるようにした方が楽です。カットする場所の下に敷きましょう。なければ、お風呂場や洗面台に落ちるようにしてもいいですが、排水溝に髪の毛を詰まらせないよう気を付けてください。

全てのスタイルに共通するセルフカットの5つのコツ

ではここからスタイル別にカットの方法を書いていきます。どのスタイルにも共通して言えるポイントがありますので、まずはその共通する5つのコツを押さえておいてください。

共通ポイント1:髪は乾いた状態で切る

濡れた状態で切ると、乾いた時に浮いてしまって、思っていたよりも短く仕上がってしまいます。慣れないうちは多少切りにくくても、乾かして切ったほうが失敗は少なくなります。

共通ポイント2:引っ張らない

切りやすいように、つい下に引っ張りながら切ってしまいますが、これも手を離すと浮いてしまい、思っていたよりも短く仕上がってしまいます。髪を持つ手は力を入れず、カットする場所を持つだけにしましょう。

共通ポイント3:余計な部分はしっかり止める

カットしない部分は、ピンやゴムでしっかり固定しておきましょう。間違えて切ってしまっては大変です。ブロッキングはとても重要です。

共通ポイント4:前髪の量を決める

前髪の横幅は、好みにもよりますが、黒目の外側に合わせると自然です。奥行きは、欲しい前髪に厚さによりますが、厚くしたい時は奥、薄くしたい時は額から近い位置にポイントを取って、そこから両脇のポイントに向かって三角形に分けとります。

共通ポイント5:切る回数を分ける

1回で切ろうとせず、何回かに分けながら切ることで失敗を減らせます。

【スポンサードリンク】

髪型別カット方法

全てのスタイルに共通するポイントを押さえたら、次にスタイル別のカット方法を紹介していきます。

斜め

1番短くしたい部分と、1番長くしたい部分の長さを決め、そこを指でつなぐように持ち、斜めにカットします。指を定規のように使いましょう。

斜め前髪は、思い切って斜めにした方が可愛く仕上がります。毛先もバラバラな方が好きな人は、縦にすきバサミを入れていくことで毛先をバラバラに仕上げていきましょう。ハサミで毛先をばらすのは難しいので、カットラインはまっすぐにして、すきバサミでばらしたほうがやりやすい思います。

流す

流すと決めた部分を、流したい方向とは逆にしっかりとかします。そして床と平行に切ります。流したい方向とは逆に溶かすことがポイントです。1回カットしたら、流してみて、長さを確認しながら少しずつカットしていきましょう。

ベースのカットが出来たらバランスを見て、毛先の重いと感じる部分を少しだけすきバサミで軽くします。すきバサミは少しずつ入れていくことで軽くなりすぎるのを防ぐことが出来ます。

アシメ

アシメとはアシンメトリーの略で左右が対称ではないことですので、アシメと斜め前髪は同じになります。短いところはきっちり短くカットして、可愛いアシメスタイルを楽しんでください。

ぱっつん

ぱっつんは、長さやラインがしっかり分かりますので、下に引っ張って切らないように気を付けてください。まっすぐ下にとかし、長さを決めたら床と平行にまっすぐ切ります。指で髪をはさみまっすぐを確認したら、指の腹の部分にはさみを添わせるようにしながらカットします。

顔周りの髪、その上の髪、表面の髪と、少しずつ分けてカットしていくのがいいでしょう。カットし終わって、バランスを見ながら、重たいと感じる部分はすきバサミを縦に入れて毛先を少しすいていきます。ぱっつんは多少重たい感じが可愛いので、すき過ぎないように気を付けてください。

シースルーバング

シースルーバングとは、おでこが見えるような軽めの前髪です。前髪として取り分ける髪の毛の量を少し少なめにして、巻いて仕上げると可愛いので、長さは少し長めに設定しましょう。

カットラインは床と平行にまっすぐカットでいいのですが、軽い前髪なので、毛先はすきバサミを縦に入れてしっかりラインをぼかした方が可愛くバランスよく仕上がります。

【スポンサードリンク】

難しく考えず、まずはやってみましょう

前髪は女性にとってとても重要なポイントですので、慎重になるのはよく分かります。でも、少しずつ切っていくとか長めに切っていくなど工夫することで、失敗を減らしていくことが出来ます。

最初に切って短くなってしまったら、上にかぶせた髪を少し長めに切れば隠すこともできます。コツさえ覚えてしまえば自宅で簡単にできるセルフカットで、可愛い前髪を色々と楽しんでみてくださいね。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)