ハーブティーの美容効果!夏におすすめのハーブ5選

ハーブティーの美容効果!夏におすすめのハーブ5選

暑い夏がやってきました!暑い夏は飲み物がかかせません。毎日ポットに入れて、通勤や通学で愛飲している人も多いことでしょう。

夏だからこそ、ここはハーブティーを飲んで、デトックスと美肌づくりをしませんか?夏におすすめのハーブティーをお伝えします!

【スポンサードリンク】

ハーブティーが体に良い理由は?カフェインフリーと様々な効果

ハーブティーというのは、ハーブ、すなわち野草をお茶にしたもの。葉、花、根など植物のいろいろな部分を使います。そもそも、ハーブティーが女性に人気なのはなぜでしょうか。

カフェインフリーであること

ハーブティーは紅茶や緑茶、コーヒーと違い、カフェインフリーなのが嬉しいところ。胃を痛めたりすることもなく、何杯飲んでも体への刺激は強くありません。また、コーヒーなどと違い依存性がないところも良いところです。

様々な効能が期待できること

リラックスやリフレッシュ、デトックスなど様々なことに効果があるとされるハーブティー。ハーブそれぞれに効能があるとされ、昔から愛されてきました。日本でも健康のためのお茶としてどくだみ茶や、びわ茶などがありますが、これもハーブティーの一種です。

色、香り、味にバリエーションがあって楽しめること

ハーブティーというのは、色、香り、味にバリエーションがあります。

色は、鮮やかな赤、太陽のような黄色、若葉のような緑など様々あり、見た目も楽しく女性に人気があります。また、香りも優しく、かつ味も甘みのあるものから酸味のあるものまで様々です。

【スポンサードリンク】

夏におすすめのハーブティー5選

ローズヒップ

ローズヒップは、誰もが名前は知っていますよね。野生のバラの実が材料になっています。ビタミンCとEが豊富なハーブです。

市販のローズヒップティーは、ハイビスカスとブレンドしてありますので、真っ赤なお茶をイメージする方もいらっしゃいますが、本来単体ですと、淡いオレンジ色をした、酸味もそこまで強くなく飲みやすいハーブです。

ローズヒップの実は食べることもできるので、お茶を入れた後の出がらしは食べるとビタミン補給にもなりますよ。酸味がありますので、ハチミツやメープルシロップなどを混ぜるのも美味しいです。

ハイビスカス

とても酸っぱいハーブティーで、見た目も鮮やかで、その真っ赤な色を見るだけで、元気な気分になるハイビスカス。ビタミン豊富で、暑さで疲れた体にダイレクトに働きかけるハーブです。

酸味が強いので、ハチミツやメープルシロップなど入れて飲みましょう。酸味が強すぎると感じる場合は、炭酸などと混ぜて冷やして飲んでも美味しいです。更に、オレンジやレモンなどを加えると、ノンアルコールカクテルのような豪華な味わいに。

また、酢飯をつくるときにハイビスカスティーでご飯を炊くと、とてもきれいなピンク色をした酢飯になりますよ。

ペパーミント

ペパーミントは、誰もが納得の夏のハーブティーですね。デトックスとしても期待できるハーブです。やはりしっかり冷やして飲むのがおすすめ。ちなみに、アイスティーをつくるときは、まずは熱湯でしっかりお茶の成分をだしてから冷やす方が美味しいです。

ペパーミントだけでも良いですし、レモンなどを加えてもいいですね。朝の目覚めはもちろんのこと、二日酔い、寝不足のときに飲むと、体にぐんぐん入っていくのを感じますよ。

レモングラス

生春巻きの中に入っている植物としても知られているレモングラス。爽やかな味と香りは、誰もが好むハーブです。

ペパーミントティとブレンドすると、爽やかさが倍増して、夏に間違いなく美味しいハーブです。カモミールティーとブレンドすると、優しい甘さに爽やかさが加わって、これもまた美味しい。どんなハーブとも相性がいいです。

夏には、冷やしたレモングラスティーにおろし生姜を加えるのがおすすめ。生姜というと、冷え対策のハーブと思われがちですが、生の生姜は体を冷やします。冷奴におろし生姜を加えるのは、体をほどよく冷やすためなのです。

ルイボス

抗酸化作用が高いルイボスは、薬缶で煮出して、麦茶のようにたくさん作っておきたいハーブティーです。少量で強く味がでます。薬缶で煮出すのが面倒な場合は、普通にポットでいれても大丈夫です。

ルイボスは、冷やしても暖かくても美味しいですが、冷えが気になるときは、常温で飲みましょう。ペパーミントやレモングラスとも相性が良いです。

是非ブレンドしてみて!ハーブティーをもっと楽しく

ハーブティーは、自由。好きなハーブは是非ブレンドしてみてください。オリジナルのブレンドハーブティーの完成です。難しく考えず試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

飲むだけじゃない!夏におすすめのハーブの使い方

ハーブティーは飲むのはもちろんですが、他の使い方もできますよ。お風呂に入れるとハーブバスに。ペパーミントは爽やかな入浴剤になります。

家でペパーミントを育てている方は、是非試してみてください。大量に育っている場合は、是非たくさんあるうちに摘み取って、乾燥させるといいですよ。もちろん、摘みたてでも大丈夫です。お風呂に入れる場合は、そのままでも良いですが、一回薬缶で煮出したものを入れると成分がよく出ます。

梅雨時期には、自宅の庭や散歩道にドクダミが自生していることも。摘み取って、薬草風呂にしてもおすすめですよ。

暑い夏は、体内の水分補給がとても大切。是非、体に優しいハーブティを補給して、より美しく健康になりましょう!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)