子育てに疲れたり悩んだりした時に参考にしたい育児エピソード5選

子育てに疲れたり悩んだりした時に参考にしたい育児エピソード5選
【スポンサードリンク】

子育てをしていると、自分だけがこんなに疲れているのだろうかと思う瞬間があるかもしれません。悩みは次から次へと溢れ出てきてこの波はいつになるとおさまるのかと、溜息をついてしまうこともあるでしょう。

そんな時に参考にしたい、疲れを吹き飛ばしてくれるような育児エピソードや我が家のほっこりエピソードを5つご紹介します。子育てで悩んでいるママ必見です。

1. イヤイヤ期の悩み

最近のツイッターの投稿より引用させて頂きます。「子育て イライラ」と検索すると、イヤイヤ期のことについて投稿しているママさんが多かったです。やはりイヤイヤ期はそれほどに辛いものなのですね。ママにもゆっくりする時間が欲しいものです。

2. 悟りの境地

こちらも最近のツイッターの投稿からです。こちらのママさんは4人のお子様がいらっしゃるようで、子育ての悟りを開いておられます。参考にさせていただきます。

【スポンサードリンク】

3. バレちゃいました

我が家での笑える子育てエピソードをご紹介します。

乳幼児期の子供とのお風呂の時間は格闘です。もうすぐ2歳6ヶ月を迎える我が娘は、イヤイヤ期のためなのか、頭を洗うのを嫌がります。私の洗い方が下手くそなのもあると思うのですが、シャワーを頭の真上から掛けると目にお湯がかかるので泣き叫んで嫌がります。

シャンプーハットを買ってみましたが、ただただ遊ぶだけで本来の使い方を実行しようとすると、「イヤ」と言って外してしまいます。

私は、というと娘の後に自分の身体を洗います。自身の身体を先に洗うと、娘の身体を洗っていないのに「もうおしまい!」と遊ぶだけ遊んで外に出たがるというパターンに陥ってしまうからです。このように二人でお風呂に入ると時間との勝負なので、自身の頭を洗えないことがあります。

娘は、汗っかきなのでお風呂から出る時には必ず頭をシャワーで流します。泣き叫ぶので手早く、励ましながら洗います。洗い終わったら、「終わったよ~偉かったね~」と必ず誉めるようにしています。

ふぅ、やれやれ今日も無事娘の頭を洗えた、と思いながら自身も娘と一緒に脱衣所に上がろうとすると、娘の痛烈な一言が飛んできました。

「ひめちゃん、あたまあらった、ママ、あたまあらってなーい!」

4. 思わず耳を疑った一言

こちらも最近の娘の言動です。夕食時に白ごはんがなかなか進まない時、娘は「シュッシュ~」と言ってふりかけを欲しがります。ふりかけを1回分だけ容器に入れて娘に差しだします。以前、たった一口のご飯に対しててんこ盛りのふりかけをかけていた時期があり、この方法をあみ出しました。

最近はふりかけを自分でかけるのが上手になったので油断していると、ふと目を離したすきにふりかけを床一面にこぼしているのを発見しました。思わずため息をついてしまい、「何これ?」と娘に尋ねました。

「ごめんなさい」と言ってくれるのかなぁなどの無難な答えを想像していたのですが、なんと娘はにこにこしながら次にように即答したのです。

「わざと!」

想像もしていなかったこのユーモアのセンスに、疲れやイライラが吹っ飛び、ただただ感心してしまいました。

5. 寝言

お子様は寝言を言いますか?娘は最近寝言が多くなりました。「ふふふ」と笑っている時も何回かあります。「え!?」と思ってしまった寝言は、「お兄さん」です。娘は一人っ子なのに、なぜ?誰のこと?などと考えていたら、この記事を描きながら今、思い出しました。

お向かいの美容室のお兄さんのことですね、きっと。保育所に行く時にいつも「おはよう」と挨拶してくれるものだから、夢の中でお兄さんに挨拶しようと勇気を振り絞っているところかもしれません。

かけがえのない時間を

いかがでしたでしょうか?我が家の娘の言動もまじえて面白エピソードをご紹介させて頂きました。

子供と毎日過ごしていると、ママは疲れたり悩んだりすることもありますが、それだけではありませんね。子供の一挙一動に気持ちがホッコリするときもあれば、クスッと笑ってしまうこともあります。その瞬間瞬間が大切でかけがえのないものです。

この記事を読んで、少しでも多くのママさんに心のゆとりが生まれてくれることを願っています。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)