私が幼稚園を決めるまでに考えた6つのポイント

私が幼稚園を決めるまでに考えた6つのポイント

我が子にあった幼稚園どうやって決めよう?幼稚園によって教育方針の違いや、お歌に力を入れているところもあれば、体操に力を入れているところもある。

自分が通うわけではなく我が子が通うわけだから、楽しい園生活にしてもらいたいと、親は必死で我が子に合った幼稚園を探してあげたくなりますよね。

私の息子も来年幼稚園。今は無事に決まってホッとしていますが、決まるまでは最後までどこにしようかと悩んでいました。そこで今回は、同じように幼稚園探しに迷っているママさんに向けて少しでも力になれたらと思い、息子の幼稚園を決めるまでのお話をしていきたいと思います。

ちなみに前回の記事では、幼稚園の入園を考え始めるタイミングや、保育園、こども園など他の選択肢との比較などを書いていますので、よろしければそちらもご覧くださいね。

【参考】幼稚園の入園いつから考える?保育園やこども園の選択肢も

【スポンサードリンク】

幼稚園を決めるまでに考えた6つのポイント

幼稚園を選ぶポイント、悩みますよね。送り迎えが楽なところ、仕事をしているから延長保育が必要なところ、2年保育にするのか3年保育にするのかなど、考え出したらキリがないくらい。

また、パパとママの意見が違えば幼稚園選びも難航します。家庭環境にあった幼稚園が一番良いと思いますが、どんなところをポイントに選んでいけば良いのでしょうか?私が経験した6つのポイントを紹介していきたいと思います。

1. 私立幼稚園か市立幼稚園か?そもそも2つの違いは?

まず、幼稚園を選ぶにあたって大きな問題は、私立幼稚園か市立幼稚園かだと思います。市立幼稚園は市で運営しているので、教育方針や費用の面ではだいたい同じだと思います。市立幼稚園だと、家から一番近いところに通う人も多いと思います。場所によっては学区で区切られていて、市立幼稚園ならここの幼稚園に通ってくださいと言われるところもあると思いますし。

私立幼稚園は円の園長が主軸となって運営するので、教育方針も園によって異なりますし、費用も園によって違います。また、学区などはないので、どうしてもこの幼稚園に通いたいという人は、電車やバスなどを使って通っていたりもします。また、私立幼稚園はお受験系幼稚園やリベラル系幼稚園、市立幼稚園とほぼ変わらない幼稚園など、本当に様々です。

我が子にどんなところで過ごしてほしいのかで、市立幼稚園なのか私立幼稚園なのかも変わってきますし、費用の面でも差が出てきますので、家庭内で話し合いが必要なところ。私の息子は最終的に私立幼稚園への入園が決まりましたが、私立幼稚園の中でも最後までなかなか決められず、迷いに迷った幼稚園が2つありました。

  • カリキュラムぎっしりの色々経験できるA私立幼稚園
  • 教育は詰め込みすぎず、のびのび育つB私立幼稚園

どっちも魅力的で、A幼稚園は温水プールもあったり鼓笛に力を入れていたりと、本当に色々な経験ができる幼稚園です。一方のB幼稚園も園庭は広く、自由時間も多く、子供一人一人の個性を大切にしてくれる。どちらにしようか本当に迷いましたが、うちは男の子なのもあり、園庭で元気に遊んでのびのび育ってほしいことから、B幼稚園にしました。

やっぱり通うからには本人が毎日楽しく通ってほしいなという気持ちが大きく、本人の性格や特徴に合ったところを選びました。

【スポンサードリンク】

2. 2年保育か3年保育か?

これについても相当悩みました。私の住んでいる地域では2年保育なら市立幼稚園、3年保育なら私立幼稚園と決まっていたので、必然と私立幼稚園か市立幼稚園で2年保育になるのか3年保育になるのかが決まっていく感じでした。まだ下の子が生まれる前、息子一人だけの時は、2年保育でも良いかなと思っていました。

息子は早生まれだったので、トイレトレーニング(トイトレ)や成長もゆっくりですし、焦って集団生活に入れる必要はないのかなと。ですが、下に2歳差で娘が産まれたら状況は一転。2歳差育児は毎日バタバタで、朝起きてからは光の速さで夕飯の時間になっている気がして。私は常に家事や育児に追われていて、子どもとゆっくりと過ごす時間をなかなかとれていないなと、罪悪感にかられるようになりました。

息子は日に日に体力をつけて元気が有り余るようになってきていました。2歳差なら幼稚園は兄妹かぶるし、娘もお兄ちゃんが幼稚園にいたら安心するだろうなと思い、3年保育に決めました。少し働きたいなという気持ちも出てきたので、2人とも幼稚園に行っている間に働けるように、3年保育を希望した部分もあります。

子供が2人いると長いスパンで将来設計を組まないといけないので、子供達が幼稚園に行ったら自分はその頃どうしていたいのか?など、具体的に生活の様子を想像して決めた部分もあります。もちろん、まだまだ子供と一緒の時間を過ごしたいという人や、同じく早生まれだったりするのなら、2年保育でも十分ではないかなと個人的には思います。

3. 給食かお弁当か?

これも幼稚園によって様々。週に1回はお弁当の幼稚園もあれば、月に1回とか、遠足の時のみなど、幼稚園により異なります。息子の通う幼稚園は月に1回お弁当の日があります。「給食、大丈夫かな…」と心配なところもありますが、息子は好き嫌いが多く、毎日試行錯誤していてなんとか克服してもらいたいなと奮闘中。

それが、みんなと同じ給食を楽しく食べられたら…「お友達も食べてるから僕も食べてみよう!」となってくれるかなという期待もあります。やっぱりこの時期の子は周りの影響が大きいです。家では食わず嫌いだったり、気分がのらなければ食べないなんて日常茶飯事ですが、お友達と食べる楽しさを知って、周りの子がおいしく食べていることが良い刺激になったらなと思います。

給食ってカロリーや栄養面もしっかり考えてくれているので、親としても勉強にもなるし、子供の成長を考えたらありがたいことです。お弁当だとどうしても食べてきて欲しくて、本人の好きなものばかりをいれてしまいそうで。残して来たらお腹空いてただろうなとか、やっぱり親である私が挑戦させなくなってしまいそうで。給食という環境は、息子にとっても私にとっても新しい出来事なので、成長が見られるかなと楽しみです。

また、お弁当だとキャラ弁などママの腕試し的な部分もプレッシャーになりますよね。娘もいるので、頻繁に凝ったものなんて作ってあげられないだろうし。でも、月に1回のお弁当は楽しみに思ってくれるようなお弁当を作ってあげられたらなと思います。

アレルギーがある子には給食は負担になってしまう場合もありますよね。食べたいのに食べられない。お友達と同じものが食べたい。でも、アレルギーが出てしまうから避けなければならない。私の知人もアレルギーが多く、食べられない給食の時はお弁当持参か、午前中で保育終了にしているそうです。そういう子にはお弁当の方が安心ですよね。給食やお弁当も我が子に合ったところを選ぶといいと思います。

【スポンサードリンク】

4. 延長保育は何時まで?

お仕事しているママさんにとって重要なのが延長保育。この時間が長いほどお仕事の幅も広がりますよね。私の地域の幼稚園の延長保育は17〜18時までです。この時間まで預かってくれるのなら、お仕事は格段にしやすくなりますよね。延長保育も3時間300円でおやつ付など金額も良心的なので、とても助かるサービスです。

幼稚園によっては夏休みや冬休みに預かり保育を実施してくれているところもありますので、幼稚園に通わせていても仕事をすることが可能な環境になっています。もちろん、専業主婦のママさんでも預かり保育は可能です。どうしても抜けられない用事がある場合や、お迎え時間に間に合わない場合には上手く利用するといいですよね。

中には延長保育が楽しくて、延長保育したいなんていう子もいるくらい楽しいそうですよ。延長保育は子供に申し訳なく思いますが、楽しんでいてくれるなら親としても安心。ですが、延長保育の場合、幼稚園まで直接お迎えに行かなければならないのが難点です。登降園はバスを利用していても、延長保育の場合は直接のお迎えです。

そうすると、お仕事しているママさんにとっては家の近くの幼稚園か、職場近くの幼稚園の方が良いでしょう。お迎えのことも視野に入れると幼稚園の候補が絞られてくると思います。

5. 送迎バスはある?

幼稚園を選ぶポイントとして気になるのが送迎バス。送迎バス利用でも良いのなら、選べる幼稚園はグンッと広がりますよね。私の息子の幼稚園はバスです。もちろん、徒歩圏内の人は徒歩通園です。私の住んでいるところでは徒歩で行ける3年保育の幼稚園は1つしかありません。それ以外の3年保育の幼稚園はバスか電車でないと行けない距離なのです。なのでバス通園は本当にありがたい。

公立の幼稚園は学区があるので、徒歩で行ける距離にあります。ですが下に娘もいるので、朝、幼稚園に送り出すまでは戦場になるであろうことは簡単に想像できます。息子が「支度したくない」とグズったり、娘のイヤイヤ期に差し掛かっていたら、スムーズに朝出発なんてことのほうがきっと奇跡に近いと思います。

なので、家の近くまでバスが来てくれたら親としてはありがたいです。ただ、息子が体調が悪くなってお迎えが必要という時もあるでしょうから、その時に娘と行くためにも、公共の乗り物で行きやすい幼稚園を選びました。車で行きやすい場所なのかも重要なポイント。

ただ、送迎バスは送迎バスで決して待ってはくれないので、その時間までに乗せなきゃ行けないというプレッシャーは変わらなさそうですが…。出来るだけ子供を急かすことなく、時間と心に余裕を持って笑顔で送り出したいものです。

【スポンサードリンク】

6. 親の出番はどれくらい?

幼稚園での親の出番はどのくらいなのでしょうか?幼稚園だと役員もありますよね。父母会があったり。これも幼稚園によってバラバラだと思いますが、息子の幼稚園は親の出番はあまりないそうです。一応父母会というのがあるそうですが、それも必ず参加というわけでもなさそうです。私立幼稚園のほうが月額も高いので、それなりに園で出来ることはやってくださるような印象ですね。

公立幼稚園に通っているママさんの話だと、役員になっていなくても幼稚園に行く用事があるそうです。市の保健師さんが来てくれて、子供の歯についての知識を学んだり、避難訓練に行ったり、そういった市で運営しているセミナーなどには参加義務があるそうです。

「幼稚園に送ってそのまま集まりがあったりするから大変」と言っていましたが、我が子の幼稚園の様子が見られるのはいいですよね。逆に私立幼稚園だと子供に聞かないと分からない部分も多い。でも、子供に聞いても話を端折ったり、途切れ途切れにしか話してくれなくて、結局は伝わらなかったりなんてこともあるので、自分で子供の園での様子を見られるのは楽しいだろうなと思います。

さいごに

今回は私が幼稚園を選んだ時のポイントをお伝えしましたが、やっぱり最後は息子が楽しく通えるかというところが一番のポイントでした。通うのは息子なので、私が考えたのはあくまで、「下の娘がいる上で息子がスムーズに幼稚園に通う為にはどういうところをポイントとして見ればいいのか?」という点に尽きます。

結果的に私としては希望した幼稚園に入園が決まりましたが、これで息子が楽しくないと言ったら何の意味も無いですからね。息子にはぜひ楽しい園生活を送ってもらいたいものです。幼稚園探しに悩んでるママさんの力に少しでもなれたら嬉しく思います。

幼稚園の面接と入園前イベントのポイント!落ちた時の選択肢も忘れずに

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)