子供が英語好きになるかは環境次第!効果的な学習法6選

子供が英語好きになるかは環境次第!効果的な学習法6選

子供には英語を楽に話せるように導いてあげたいとお考えのご両親は多いのではないでしょうか?英語を話せるように導いてあげるには、英語を「勉強」としてではなく「遊び」の一環として取り組ませると効果がありそうです。

こちらでは子供が英語好きになる期待大の学習法を、海外にまで視野を広げて6つご提案します。
はっぴぃタイム

英語が好きになる方法6つ

英語を「勉強している」という感覚をなくすことが最大の効果です。母国語はもともとは人が話しているのを聞くことで身につけてきているはずです。日常の中で自然と英語を溶け込ませる工夫が必要だと思います。それは、英語環境の中に飛び込んでしまうことが一番手っ取り早いです。環境を変えることは難しくても、自宅で簡単に英語環境を作ることも可能です。

自宅でも自宅以外でも、さらには国外にて挑戦できる、英語が好きになる方法を以下に6つご提案します。

1. 自宅でCDの掛け流し

図書館には英語の絵本が多数取り揃えられています。それらの絵本についているCDはネイティブスピーカーの発音で収録されていますので、自宅でCDを掛け流すだけで楽に英語の習得ができます。

ママの手が空いている時はCDを子供に聞かせながら、絵本を読んであげているように対応するページをめくると、絵と文章がマッチするので英語が身につきやすいでしょう。

ご両親が英語を話せなくても、この方法なら簡単に子供は英語を習得する準備ができそうです。言葉に対応する絵を見せることで言語習得に繋がります。

2. インターナショナルスクール

日本に居ながらにしてネイティブスピーカーと触れ合える場所です。先生がネイティブスピーカーなので、学校にいる時間は全て英語を使うことになります。

私の地域にもインターナショナルスクールがあります。市の大きな公園を通りかかると、生徒さん達を連れて先生方が公園に遊びに来ていることがあります。公園の芝生の上でサッカーをしたり、追いかけっこをしたりして遊んでいます。遊んでいるだけで英語が習得できるのですから、お子様にとってもご両親にとっても嬉しいことです。

日本の学校と教育方針も違うでしょうから、それもインターナショナルスクールに入る醍醐味の一つと言えます。ネックは授業料が高額なことでしょうか。

3. サマースクール

夏休みの期間だけ学校を開放しています。この期間に現地の学校を訪れて生きた英語を習得してみませんか?1週間から1ヶ月と期間も様々にあるようです。

日本では、英語関連の習い事は非常に費用が高額です。海外旅行1回行くほうが、低コストで効果的に身に付くかもしれません。習得したい言語があれば、その土地に行くことが一番効率が出ると思います。

英語しか使えない状態に身を置くことで、語学力を磨くことができます。わからなければ人に聞き、聞く時も英語を使うことになります。何も話せなかったら、人が英語をゆっくり話してくれジェスチャーをまじえて助けてくれるということもあります。

そういう経験を通して使った言語は、経験とセットになるので忘れにくいものです。「あの時使った言葉だ」「あの時と状況は今と同じ状況なので、同じ言葉が使えるな」などと脳は応用をきかせるものです。
はっぴぃタイム

4. 海外で語学学校に通う

20歳の時にニュージーランドに語学留学3ヶ月しました。その語学学校はアクティビティを通して生きた英語を身につけるというものでした。毎日午後から前もって自分で選んでいたアクティビティの授業を経験します。海まで近い学校で、真夏のシーズンだったということもあり、海でできるアクティビティも多かったです。

シュノーケリング、ボディボードの他、室内でできる陶芸、ボーンカービング、シルバーアクセサリー作りもありました。期間を1ヶ月集中してサーフィンコースもありました。ニュージーランドで雑誌に載るほど有名なプロのサーファーが、直々に教えてくれるという貴重な経験もできました。

このように好きなことにもトライできますし、英語で学べるので一石二鳥の学校でした。中学を卒業したての日本人も数名いました。彼らはニュージーランドの学校に正規入学するまでの間、語学学校で語学を学んでいたようです。

5. プチ親子留学

小学生までのお子様となら思い切って親子で留学してみるのはいかがでしょうか?現在では親子留学は、ママとお子様2人で行かれる方が多いようです。1週間から体験することができます。

お子様が学校に通っている間、ママは自由な時間を過ごすことができます。海外に不慣れな方は、留学前に斡旋会社のプランを選べば、ママも語学学校で英語のスキルを磨いたり、習い事を楽しんだりできるコースも用意されているようです。

6. 移住

英語を習得するために、欧米でなくアジアに移住する家族が近年増加傾向にあるようです。シンガポール、マレーシアなどの英語圏が主な移住先です。欧米と違って物価が安いので、経済面においては安心して過ごすことができます。こちらも親子留学同様に、母子で行くケースが多いようです。それだけ日本のママは英語教育に関心が高いと言えます。
はっぴぃタイム

英語環境を整えてあげるのは親の重要な仕事

いかがでしたでしょうか?

自分が放った言葉が初めて人に通じた時の嬉しさは母国語でも同じですが、外国語ならなおさら学ぶ意欲が高まります。外国語を母国語のように扱えたら親としても嬉しいし、子供は勉強することが楽になります。もし忘れてしまっても脳の思考回路は作られたままなので、思い出すのも早いです。忘れて思い出して、を繰り返すと記憶が定着し忘れにくくなるものです。

海外での英語学習を取り入れたいご家庭は是非、来年に向けて今から計画を立ててみてはいかがでしょうか?
はっぴぃタイム

【子供の教育・習い事】
幼児の英語教育はいつからが最適?
幼児向け学習素材オススメ5選
小学生の習い事おすすめランキング~スポーツも勉強も両立しよう~

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)