小学生の習い事おすすめランキング~スポーツも勉強も両立しよう~

小学生の習い事おすすめランキング~スポーツも勉強も両立しよう~

小学生になると、お母さん達の間で

「習い事って何かやってる?」
「何か良い習い事ない?」

などという話題がよくあがります。幼稚園や保育園までは、公園でのびのびと楽しく遊んでくれていればよかったのですが、小学校に入ると周りも急に習い事を始めるので焦るママさんが続出。そこで、私や私のママ友、子供の小学校の様子を見たり聞いたりして、実際に人気のある小学生の習い事をランキングにしてみましたので紹介しますね。
はっぴぃタイム

小学生の習い事はどう選ぶ?

小学校に入学すると当然ながら勉強に対して成績が付きますし、どんどん体力も必要になります。もちろん礼儀もです。

そうなって悩み出すのが

「勉強についていけなかったらどうしよう」
「体力がなくて周りにおいつけなかったらどうしよう」

という心配事。

他には、簡単に習い事を決めてしまい、子供の性格や好き嫌い、向き不向きなどをよく考えなかったり、子供が「やってみたい!」と言ったからといって軽い気持ちで始めて、結局辛かったり嫌いになってしまってすぐに辞める事になってほしくないという思いもあります。

もちろん私自身も思い悩みました。

子供によっては最初、「やらされてる」と思っていたけれど、いつの間にか「やりたい!」に変わる場合もあるので何とも言えませんが…。

「そんなのは親のエゴだ」
「まだ小さいのに習い事ばかりさせたら可哀想」

などと思う方もいるかもしれませんが、親は親で一生懸命。お母さん達と話しをしていると、もちろん「周りの子よりチョットでも出来たら良いな」「お友達がやってるから一緒にやらせてあげたいな」という声も聞かれますが、一番伝わってくるのはやはり

「子供の能力を伸ばしてあげたい」
「自信を付けさせてあげたい」
「これからの生活で困らない様にしてあげたい」

という気持ちです。

私は、そんなお母さん達の話や意見を聞いて、自分なりに習い事について調べてみました。その結果をランキング形式にまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。
はっぴぃタイム

小学生の習い事おすすめランキング

1位:水泳(スイミング)

  • 体を丈夫にしてあげたい(すぐに風邪をひく、喘息があるなども)
  • 自分が苦労したから
  • 水が大嫌いだから克服させたい
  • お友達の評価が良かったから
  • 自分の子が泳げないグループにいたら嫌だから

2位:ピアノ、楽器

  • 自分がやっていた
  • 一緒に演奏したいから
  • 音感を鍛えられる
  • 発表会で度胸(自信)がつく
  • 毎日の努力が大事だと分かってもらえる

3位:ダンス

  • 安かったから
  • お友達がやっていて凄い(カッコいい)と思ったから
  • 体力がつくから
  • 憧れている人に近付いてほしい
  • リズム感を養える

4位:英語(英会話)

  • 自分が苦労したから(苦労してほしくない)
  • 吸収力が高い子供のうちにやらせたいから
  • 使えないよりは使えた方が良いと思ったから
  • 将来海外で活躍してほしいから
  • 教えられないから

5位:勉強(塾、通信教育など)

  • 勉強を嫌いになってほしくない
  • 勉強の仕方が昔と違うから教えられない
  • 親が教えるとケンカになるから
  • 良い点数を取ってほしいから
  • 学校の勉強についていけてないから

はっぴぃタイム

我が子の習い事、親として思うこと

小学生にとって、現在は沢山の習い事がありますし、同じ習い事でも教室によってやり方も月謝も違います。

まずは習い事の内容を知り、沢山体験してみて、その子に合った習い事を探してあげるのが大事だと思います。入会はその後でも良いのかなと。

月謝も、基本的には全て1万円は切っていますが、習い事によっては雑費がかかってきます。(教材や習い事で使用する物の購入、発表会などの費用など)

後々、「こんなにかかるなんて…」と思わないように事前の入念な情報収集が必要です。まずは焦らず、内容をしっかり調べたり、周りに相談したりして色々な面で失敗をしないように進めましょう。

ちなみに我が家の長男は、ランキングには入っていませんが、格闘技を習っています。主人が経験者という事もあり、最初は集団行動に慣れて、礼儀を身に付けてほしいという思いから、週1~2回だけ通っていました。

しかし、「強くなりたい!」という本人の気持ちから、最近では週4回、2か所の道場を行き来し、月に1~2回はまた別の道場に出稽古に行ったりもします。試合も月に1度くらいは出場しています。

格闘技を習ってみて、長男は体力はもちろん付きましたが、それ以上に、真剣に真面目に取り組む、頑張る、という事を覚えてくれました。

親からすると、毎日のように夜まで長女や長男の送迎をしたり、雑費や試合に出る為の費用などがあったりと、時間もお金もかかってしまうから結構大変ですが、子供たちが頑張る姿を見られるのはとても幸せなことです。

子供達には「努力すれば絶対に道が開ける」ということを知ってもらいたいので、私は毎日てんてこ舞いだし、お財布とにらめっこしていますが、子供たちが「頑張る」と決めた事なので、出来る限りの協力をしてあげたいと思っています。

今はまだ長男は試合に出ても勝てるレベルではないですが、いつかきっと、自信を持ってこの努力が無駄じゃなかったと必ず思えるはずなので、その日まで親子で頑張りたいと思います。

その自信を持つことによって、将来大人の世界に飛び込んだ時に、きっと役立ってくれる、そう思って応援し続けます。
はっぴぃタイム

【子供の教育・習い事】
幼児の英語教育はいつからが最適?
子供が英語好きになるかは環境次第!効果的な学習法6選
幼児向け学習素材オススメ5選

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)