乳児湿疹は治らないの?顔だけにできた場合の対処法は?

乳児湿疹は治らないの?顔だけにできた場合の対処法は?

私の娘が新生児の頃、特に悩んでいたのが顔に出来る乳児湿疹です。生まれたばかりの頃は綺麗な肌だったのに、生後1週間を過ぎた頃から、ほっぺたにブツブツができ始めて、それからは顔全体が荒れていく一方でした。我が子の荒れた肌と、痒そうにしている姿を見るのは辛いものでした。

「今まさに我が子の乳児湿疹に悩んでいる!」というお母さんにぜひ実践して頂きたい、ご家庭でできる対処法などを紹介していきます。
ファムズベビー

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、赤ちゃん(新生児期〜乳児期)に見られる湿疹を総じた名称です。赤ちゃんがハイハイしたり歩き出したりするようになる乳児期までの期間は、湿疹ができてもその原因を特定することが難しいことから、赤ちゃんの肌のトラブルを総称して乳児湿疹と言います。

乳児湿疹は、ジュクジュク、カサカサ、ベタベタなど症状によって違いが見られたり、湿疹ができる体の部位も様々です。その種類を見てみましょう。

新生児ニキビ

顔にポツポツと赤いニキビのようなものができます。生まれて間もない赤ちゃんは、母体から受け継いだホルモンの影響によって、皮脂が過剰に分泌します。この皮脂が、赤ちゃんの未発達な毛穴に詰まってしまうので、ニキビのような湿疹ができやすいのです。

男の子は女の子よりホルモンの影響を受けやすいので、女の子の約5倍も新生児ニキビになる確率が高いと言われています。生後1週間から症状が出始め、ホルモンの影響が薄れていく生後3か月ぐらいになると、症状はだんだん落ち着いてきます。

脂漏性湿疹

湿疹だけでなく、顔や頭皮に黄色っぽい汁がでたり、かさぶたができたりします。主な原因は新生児ニキビと同じです。

黄色っぽいかさぶたは「乳痂(にゅうか)」と呼ばれ、過剰に分泌された皮脂が固まったものです。かゆみはほとんどなく、生後4か月くらいまでの乳児によく見られる症状です。

乾燥性湿疹

乾燥によりカサカサして皮がむけたり真っ赤になることがあります。脂漏性湿疹と異なり、かゆみを伴う湿疹です。

母体から受け継いだホルモンの影響がなくなってくると、それまで過剰に分泌していた皮脂の量は大幅に減少していきます。そのため、肌が乾燥してバリア機能も低下し、肌荒れしやすくなるのです。生後3~4か月ごろから症状が出始め、だいたい1歳ぐらいで改善していくことが多いそうです。

このほか、あせもや食物アレルギーによる湿疹なども乳児湿疹に含まれます。アトピーの可能性も考えられますが、低月例の頃は乳児湿疹とアトピーを見分けることが難しいそうです。

我が家の娘の場合は新生児ニキビ、脂漏性湿疹と立て続けに肌が荒れていき、良くなったと思えば次は乾燥性湿疹の症状が出始めました。乾燥性湿疹の症状が一番ひどく、長引きました。

乳児湿疹は治らないの?

長引く乳児湿疹に、「このまま治らないのでは…?」と不安を感じているお母さんも多いはずです。私の娘も、必死にケアをしているのに、なかなか治らないどころか、ひどくなる一方でした。完全母乳で育てていたので、自分が食べるものにも細心の注意を払いましたが、結果は変わらず…

「このまま治らないの?」と私自身もとても心配になりましたが、そんなことはありません。多くの人に愛用されて効果が見られているケア製品(参考:一本で全身使える!『ファムズベビー』)を使って正しくケアをしてあげれば、ほとんどの場合は成長とともに綺麗になってきます。
ファムズベビー
乳児湿疹がかなり酷かった娘も、10ヶ月頃にはだんだん綺麗になってきました。1歳を過ぎた今ではちょっと乾燥肌ではあるものの、以前のような肌荒れに悩まされることは無く、ツルツルです。すぐに治すことは難しいですが、治るものなので根気よくケアを続けてあげましょう。

顔だけにできる乳児湿疹の対処法は?

赤ちゃんはまだ肌が弱くて未熟なので、乳児湿疹になってしまうのは仕方ないことです。それでも出来るだけのケアをして早く治してあげたいですよね。一概に乳児湿疹と言っても、湿疹の種類によってケアの方法は異なります。顔の場合は特にデリケートなので注意が必要です。

新生児ニキビ・脂漏性湿疹

新生児ニキビや脂漏性湿疹は、皮脂が過剰分泌し毛穴に溜まることが主な原因なので、余分な皮脂や汚れをしっかり取り除いてあげる必要があります。患部をお湯で絞ったガーゼでこまめに拭いてあげ、常に清潔に保つようにして、お風呂では泡立てた石鹸を使用して優しく洗ってあげましょう。

私の場合、最初は泡タイプのベビーソープを使用していましたが、検診の際に乳児湿疹について相談したところ、固形石鹸変えた方がいいと言われました。固形石鹸のほうが肌にやさしく刺激が少ないそうです。顔を洗う時、いつも娘が泣いていたのは痛かったからなのか、固形石鹸に変えてからは泣かなくなり、治りも早かったように思います。

乾燥性湿疹

乾燥性湿疹の場合は、石鹸を使うと必要な皮脂まで取り除かれてしまい、さらに乾燥するので逆効果です。お風呂で顔を洗うときは、石鹸を使わずに、お湯で絞ったガーゼで優しく拭いてあげます。乾燥を防ぐためにはこまめな保湿も重要なので、ベビーオイルや赤ちゃん用の保湿剤などを使って乾燥を防いであげましょう。保湿剤を塗るときは、患部を清潔にしてから塗ってあげることがポイントです。

どのタイプの乳児湿疹にも共通して言えることは、患部を清潔に保つこと刺激を与えないようにすることです。赤ちゃんが患部を掻きむしってしまうと悪化し、治りが遅くなってしまいます。ミトンをつけてあげたり、爪をきれいに切ってやすりをかけてあげるなどして、患部を傷つけないよう注意が必要です。

また、お風呂のお湯が熱いとかゆみが強くなることもあるので、ぬるめのお湯でお風呂に入れてあげるといいそうです。洗濯洗剤は赤ちゃん用の刺激が少ないものを使用し、赤ちゃんの肌に直接触れる衣服やシーツは、肌に優しい素材のものを、こまめに取り換えてあげましょう。

まとめ

乳児湿疹ができるのは仕方がないとわかっていても、赤ちゃんの顔を見た人から「かわいそう」などと言われると、なんとなく自分が責められているような気がして、お母さんも辛いですよね。

少し時間はかかっても、正しいケアをしてあげれば徐々に綺麗になるものです。ついつい心配な部分ばかりを見てしまいますが、日々の成長に目を向ければ、乳児湿疹の期間もあっという間に過ぎていきます。あまりに心配、いつまでも治らないという場合は、小児科だけでなく皮膚科の受診もお勧めします。
ファムズベビー

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)