離乳食の進め方!食べてくれない悩みの解消法と楽チン便利レシピ

離乳食の進め方!食べてくれない悩みの解消法と楽チン便利レシピ

始めての育児にも慣れてきたと思ったら、あっという間に次は離乳食が始まります。最初は何をどれぐらい食べさせていけばいいのかわからない上、離乳食作りは案外手間がかかり面倒でした。突然食べてくれなくなるなど、つまずくこともありましたが、今では何とか大食い娘に育っています。

そんな私ですが、これから離乳食を始めたい、ちょっと行き詰っている…というお母さんへ、

  • 離乳食の進め方 や、
  • 食べてくれないといったお悩みの解消法
  • 簡単便利な楽チンレシピ

を紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

離乳食はいつから?

まず悩むのが離乳食の始め時ですよね。赤ちゃんが離乳食を始める準備ができているのか見極めるには色々な基準がありますが、以下に代表的な5つの項目を挙げてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

1. 生後どのくらい?

一般的には生後5~6か月頃から離乳食を始める人が多いようですが、あくまで目安なので慌てる必要はありません。それぞれの赤ちゃんにとってベストなタイミングで始めてあげましょう。

2. 生活リズムは整ってる?

離乳食は母乳やミルクと同様に、毎日同じ時間、同じ間隔で与えるのが好ましいので、睡眠と授乳の間隔が一定になってからにしましょう。

3. 首は座ってる?

座れない状態で離乳食を食べさせるのは危険なので、少なくとも首がしっかりと座っていて、支えさえあれば座ることができるようになってから離乳食を始めるほうがいいと思います。赤ちゃんの発達具合をよく見極めてくださいね。

4. 食べ物に興味ある?

ママやパパなどが食べる姿をじっと見て、口をモグモグしていたり、よだれをたらしたり、食べ物に手を伸ばそうとしたりしていれば、それは赤ちゃんが食べ物に興味を示しているサインです。離乳食を始めるチャンスかもしれません。

5. スプーンを口に入れても押し返さない

スプーンなどを赤ちゃんの口に入れたときに、舌で押し出そうとする動きのことを「哺乳反射」と呼びます。スプーンを口に入れても抵抗がなくなってきたら、そろそろ離乳食の始め時ですね。

上記のことがクリアできていれば、いよいよ離乳食スタートです。

【スポンサードリンク】

離乳食の進め方

離乳食は初期、中期、後期、完了期と徐々にステップアップしていきます。

離乳食初期(生後5~6か月頃)

離乳食は毎日同じ時間に与えるのがベストです。アレルギーの可能性も考えて、出来れば午前中の病院が開いている時間帯に、赤ちゃんの機嫌が良いタイミングで始めましょう。

初日は10倍粥をなめらかにすりつぶしたものを、1さじだけ与えます。10倍粥とは米1に対して水10の対比で炊いたお粥のことで、1さじは小さじ1杯分を目安にしてください。1週間を過ぎた頃から、野菜類や肉・魚類も1さじずつ徐々に与えていきましょう。

離乳食中期(生後7~8か月頃)

しっかりと飲み込んで、量も食べられるようになってきたら、離乳食中期に突入です。離乳食中期は「モグモグ期」とも呼ばれ、舌でつぶせる柔らかさの物を与えていきます。回数は3~4時間の間隔で1日2回に増やします。

離乳食後期(生後9~11か月頃)

後期は1日3回、できるだけ家族と同じタイミングで食べましょう。歯茎でつぶせる硬さのものを与え、この時期に、お粥から柔らかいごはんへと徐々にシフトしていきましょう。

離乳食完了期(生後12~18か月頃)

柔らかいごはんが食べられるようになったら、次はいよいよ大人と同じ硬さのごはんを食べられる時期です。お味噌汁など刺激のないおかずは、離乳食用に薄めたり切ったりすれば食べられるので、離乳食作りも楽になります。

ざっくり説明するとこのような感じです。特に注意したい食品は、卵、そば、カニやエビ、などアレルギーを起こしやすい食品です。卵は中期頃に黄身から少しずつ与えてもよいとされていますが、そば、カニ、エビなどは強いアレルギー反応を起こす可能性があるので、離乳食期間中は与えない方が良いそうです。これらに限らず、新しい食品を試すときは、必ず病院が開いている日や時間を選んで与えるようにしてください。

また、はちみつには「ボツリヌス菌」が含まれている可能性があり、「ボツリヌス中毒」になってしまう危険があるので、1歳を過ぎるまでは与えないように注意しましょう。

【スポンサードリンク】

離乳食を食べてくれないときは

赤ちゃんによって食が細い子もいれば、なんでもよく食べるという子もいます。食べない理由は何かしらあるはずですが、赤ちゃんはそれを伝えることができません。例えば、

  • たまたま機嫌が悪い
  • 食材が固すぎる
  • 苦手な味
  • 体調不良
  • 離乳食より母乳やミルクが欲しい

など、理由は色々と考えられます。

私の娘も食べてくれなかったり嫌がったりする時期がありました。理由は赤ちゃん用の椅子に座らされるのが嫌、ほうれん草の味が嫌、食材の固さや食感が嫌など、その都度違ったようですが、何度も嫌がられることを繰り返してやっとこちらが気づくということが多かったように思います。

たまにはベビーフードを試してみるのもオススメです。我が子は手作りの離乳食はあまり食べないのに、ベビーフードなら完食するという時期があり、私も少し味見をして食材の大きさや固さ、味付けを参考にしました。「こんな味!?」と思いましたが、赤ちゃんにはそれがいいみたいですね。

どうして食べないのかという理由を考えて工夫をしてあげることは大切ですが、考えすぎたり落ち込んだりする必要はありません。私自身、食べてくれないことに焦りや苛立ちを感じるときがありましたが、この間まで母乳やミルクしか飲めなかったのだから、上手くいかない時があって当然だと考えるようにしました。

「一生懸命ご飯を食べようとして偉いな」「まだまだご飯初心者の割にはなかなか頑張っている」と思えば、少し心に余裕を持って向き合えました。苦手なものは好きなものに混ぜてみる、調理法を変えてみる、など試行錯誤しながら気づくこともあります。「今日はこうしてみよう」「食べてくれたらラッキー」という風に考えてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

簡単楽チン便利レシピ

ズボラな私にとって、離乳食は量が少ないので、毎回チマチマ作るのはちょっと面倒…。ということで、中期から完了期にわたって使える簡単レシピを2つほど紹介します。

1. レンジで簡単!ほうれん草蒸しパン

ほうれん草-蒸しパン

  • ホットケーキミックス:100g
  • 溶かした粉ミルク(豆乳でも可):80㏄
  • ほうれん草:1束程度(茹でてペースト状にしたもの)

ホットケーキミックスと溶かしておいた粉ミルクを混ぜ、よく混ざったらほうれん草も入れて混ぜます。混ぜたものをシリコンカップの半分ぐらいまで入れ、レンジ(500w)で2分加熱します。加熱時間は目安なので、蒸しパンの状態を確認しながら調整してください。

離乳食中期になる頃、娘がほうれん草を食べてくれなくなったので作ってみました。ほうれん草以外の野菜でも応用可能ですし、離乳食の進み具合に合わせて、野菜の大きさに変化をつけて作ってあげるのも良いですね。

2. お豆腐丼

お豆腐丼

  • ご飯(お粥):1食分
  • 絹ごし豆腐:50g(小さいパックの豆腐3分の1ぐらい)
  • カツオ節:1つまみ
  • しらす:10~15g

豆腐はレンジで1分程加熱し、しらすは熱湯をかけて塩抜きしておきます。豆腐としらす、鰹節を軽く混ぜ合わせてご飯に乗せるだけです。しらすの量はご飯の量に合わせて調整してください。

豆腐の舌触りが良いからか、単なる好物なのか、我が子はばくばく食べます。短時間で簡単にできるので、困ったときはお豆腐丼でした。冷凍ストックの野菜をプラスするなど、アレンジしやすいのも良い所です。

野菜はペーストにするのも軟らかく煮るのも、毎食ごとにやろうと思えば結構大変です。離乳食を食べさせているお母さん達の間でメジャーなのは、加熱調理した野菜やささみ、魚などを製氷皿に入れて冷凍する保存方法です。鮮度のことも考えて、1度に冷凍するのは1週間~2週間以内に使い切れる量にしましょう。

まとめ

離乳食の進め方は基本さえ守れば、あとは赤ちゃんとお母さんのペースで進めていくのがベストです。少ぐらい食べないときがあっても大丈夫!大人になっても好き嫌いがある人、食が細い人もいるように、赤ちゃんだってそれぞれ個性があります。みんながみんな何事もスムーズに進んでいるわけではありません。

離乳食を食べる時期も思えばあっという間、食べない子もそのうちなぜか食べていたりするものです。気楽にいきましょう。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)