先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

2人目の子作り、ベストなタイミングはいつ?2歳差育児の4つの大変なところ

2人目の子作り、ベストなタイミングはいつ?2歳差育児の4つの大変なところ
  • 2人目の赤ちゃんを作るタイミングっていつがいいんだろう?
  • 2人の子育てってどんなところが大変なの?

こんな悩みを持つママさんに向けて、経験してきたからこその、私が思う今回は2人目の子作りのベストなタイミングと、2歳差育児の大変なところを包み隠さず書きたいと思います。

今は全く2人育児の想像ができないかもしれませんが、少しでも2人育児に自信を持ってもらえたら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

2人目の子作りのベストなタイミングはいつ?

よく、

  • 「2歳差は兄弟同士遊べて良いよ」
  • 「3歳差は学費が重なって大変だよ」

なんて言葉を聞きますよね。「じゃあ何歳差なら楽なの?」と、ついつい聞き返してしまいたくもなってしまいます。

我が家は2歳差の兄妹がいます。お腹に赤ちゃんができた時は正直不安でした。まだまだママっ子の息子なのに、赤ちゃんが来たら、赤ちゃんに譲ってあげなきゃいけないことが増える。

  • 「絶対に心の準備なんてできないだろうな」
  • 「可愛がってあげられないだろうな」

と思ってしまって、2人目を授かって嬉しいはずなのに、息子を思うと素直に喜べなかったりしてしまいました。

3歳差だと、赤ちゃんの存在の理解は2歳の時よりはあるだろうから、「あと1年遅くても良かったかな」と思ってしまったり。当時の息子の事を思うと、そういう気持ちでした。長女を産むまでは。

長女を産んでから3ヶ月が経ちますが、2人育児をしてみての率直な感想は、大変さが2倍になるのかと思いきや、実感としては1.5倍くらいです。

確かに夜中の授乳などは眠りながらするときもありますが、でも、1人目のお兄ちゃんの育児でまだ体が慣れている分、赤ちゃんへの対応に大変さを感じる事は少ないです。お兄ちゃんのイヤイヤ期が大変だなと思うくらいで。

きっと、ベストなタイミングは経済的に余裕があれば3歳差だと思います。でも、正直な話、子供が1人増えれば大変さも増えるのは当たり前のことなので…。

その年の差ごとに、大変なことも良いこともあるのだと思います。我が家は2歳差ですが、思ったよりお兄ちゃんが妹の事を大好きになってくれて。これはお兄ちゃんの性格にもよると思いますが、大きな赤ちゃん返りもなく、可愛い可愛いしてくれているので、「最初の心配はなんだったんだろう」と思うほど。

そして、欲しい時に上手く授かれたら、それはそれは幸せなことですが、現実問題、なかなかそううまくはいかないですよね。

やっぱりベストなタイミングって、夫婦で「そろそろ考えようか」と話し合ってから、お腹に宿ってくれたタイミングがベストなタイミングなんだと思います。

産まれる前から心配事も沢山あると思いますが、「案ずるより産むが易し」という言葉の通り、産んでからその都度対応していくことが重要なんだな、と。なので、あまり考え過ぎずに、産まれてから考えても全然遅くないですよ。

【スポンサードリンク】

2歳差育児の4つの大変なところ

私が実際に2歳差の育児を経験して、特に大変だなと思うところは次の4つ。

  • 上の子が未就園児のため、一日中2人の育児
  • 2人同時のお風呂
  • 上の子のイヤイヤ期と重なる
  • トイレトレーニング(トイトレ)と重なる

上の子が未就園児のため、一日中2人の育児

これは、私が2歳差育児で一番大変だと思うことです。3歳差だと、早い子なら幼稚園に行くようになりますよね。そうすると、お昼過ぎまでは赤ちゃんと2人だけの時間になる。

ここで、ママは少し休めたりできると思うのですが、上の子が幼稚園に行っていないうちは、ママが公園に連れて行ったり、お昼も用意したりしないといけない。

これは体力的にも、慣れるまで本当にしんどいです。「体力有り余っているお兄ちゃんを満足に遊ばせられてるのかな?」と悩むこともしばしば…。

2人同時のお風呂

お風呂も大変です。上の子もまだまだ目を離すと危ない時期なので、上の子もしっかり見ておかなければならないですし、下の子も赤ちゃんだから、その辺に寝かせておくわけにもいかず。

ママはお兄ちゃんをまず洗って、次に赤ちゃんを迎えに行ってと、お風呂の時間はかなりバタバタ。でも、これも下の子が立てるようになれば解決する事なので、1年間くらいの辛抱です。その頃には、こっちもお風呂の入れ方もコツを掴んで、スムーズにできるようになっているんじゃないかな。

上の子のイヤイヤ期と重なる

上の子のイヤイヤ期の時期に下の子が産まれるので、イヤイヤ期の相手をしながら赤ちゃんのお世話するのが大変ですね。

上の子は言葉は出てきているけれど、まだしっかり会話になるわけでもないので、その気持ちを汲み取ることで精一杯。下の子をほったらかしにしてしまうこともあり、日々「ごめんね」という気持ちの繰り返しです。

トイレトレーニング(トイトレ)と重なる

これは今実行中ですが、なかなか大変です。例えば授乳中に「ママ、トイレ!」と言われることも。そうなると、いかなる場合でもトイレに連れて行かなければならないので、授乳を中断してトイレに行きます。

戻って授乳の続きをしようと思ったら、下の子は寝ちゃってたりすることもありましたね。2歳差は上の子がまだ自分一人でできる事が少ないので、上の子を優先的に見ることが大切だなと思いました。

これが3歳差とか4歳差だと、上の子が一人でできる事が増えてくるので、下の子を優先的に見られることも増えていくんだろうなと実感中。

でも、2歳4ヶ月の息子が妹に譲ってあげる気持ちや、「赤ちゃんには優しくするんだ」という気持ちが芽生えてくれるので、そういう瞬間を見ると、「妹がいてくれて良かったな」と、心から思います。

またあと1年もすれば、2人で遊ぶ事も喧嘩する事も増えると思いますが、兄妹間だからこそ、ママとしては、あまり余計な口は挟まずに、そっと見守る事が大切な場合もきっとあるでしょう。そうなる日々が来るのを、私は今から楽しみにしています。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

3 − 3 =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング