子育てに疲れた…魔の2歳児のエピソードと対処法

子育てに疲れた…魔の2歳児のエピソードと対処法

我が家の長男ただいま絶賛「魔の2歳児」でイヤイヤ期。「子育て、疲れた〜」って投げ出せたらどんなに楽か…。世のママさんたちが恐れる魔の魔の2歳児のエピソードと私なりの対処法を、経験を踏まえてお伝えしますね。

【スポンサードリンク】

我が家の魔の2歳児と私の日常エピソード

長男は元気いっぱいの男の子。1歳2ヶ月で歩き出し、1歳半ではヨチヨチ歩きで本当に可愛かった。それが1歳8ヶ月。あれ?なんとなくおかしい。なんか反抗してる?なんか怒ってない?

言葉がそこまで出ていない長男が、なんだかとってもワガママになってるように感じた。納得いかないと、とにかく「キィー!」「ギャー!」と癇癪が起こる。

一度スイッチが入ったらなかなか止まらない。それから「やだ」という言葉を覚えた。それからはもう〜〜〜〜!!!ついに来た。イヤイヤ期!!毎日何十回というほど「やだ、やだ」を聞いてる。

今朝もそう。

「オムツ替えるよ〜!」
「やだ!」

「お着替えするよ〜!」
「やだ!」

ことごとく否定され…だんだん私もムカムカ。お外に出るだけでいつもの倍は時間がかかる…。

先輩ママさんからイヤイヤ期の事について聞いてたけど、甘く見ていたなぁ。

「スーパーなんて行かれないよ!」
「外食なんてもってのほか!」

その時はへぇ〜。でもそれってその子の性格にもよるし、上手く付き合っていこうなんて気軽に考えてました。長男の事を一番分かっているのは私のはずなのに、なんだか分からない。

言葉もまだ上手く通じないから、何に対して怒っているのか、どうして欲しいのかわからないこともしばしば。あまりの変わりように何度も泣きました。

「私の育て方が悪かったのかなぁ」
「このままどんどん乱暴になったらどうしよう」
「幼稚園なんて行けないよなぁ」

と、育児について不安がいっぱい。朝から憂鬱になることもありました。同じ2歳児の子に会っても明らかに落ち着いてる。

「どうしてうちの子だけ?」

この頃は本当に周りと比べてばかりで、比べては落ち込んでの繰り返しでした。

お友達に手を出してしまう…これも魔の2歳児だから?

そして長男の困ったところは、怒ると手が出てしまったり押してしまったりすること。

なので、お友達とまだ上手に遊べないこの月齢、自分のおもちゃを取られたり、遊んでいたのを邪魔されてしまうととにかく手が出る。見ているこっちもヒヤヒヤです。片時も離れてママ友とおしゃべりなんて出来ませんでした。これについては今も悩んでいます。

【スポンサードリンク】

言葉を覚えると子供自身のストレスも減少

でも、今もうすぐ2歳3ヶ月になりますが、だいぶ言葉が出てきて会話が出来るようになってきました。

そうするとあの初めの頃の「キィー!」、「ギャー!」の癇癪が減って来てるんです。むしろ1日もない事も。

もちろん彼が上手くできなくて怒っていることもありますが、出来ないと言葉に出して言えるようになりました。お友達にもまだまだ危なっかしいけれど、「これ僕の!」とちゃんと口で言えるようになりました。

でも、同じ月齢くらいの子だと、「これ僕の!」って言ったって分かりはしないので、ここから喧嘩に発展することもありますが…。

でも、見ている大人の側も、少しの言葉が出るだけで何に対して嫌なのか分かるようになります。やっぱり言葉で物事を伝えられるようになると自然とイヤイヤ期って無くなっていくんだなぁと思います。

イヤイヤ期の2歳児だって、ママのことをちゃんと見てる

これからイヤイヤ期を迎えるママさん、毎日小さな怪獣のようで強烈な反抗をされてしまうかもしれません。こっちが泣きたいよって思うこともあると思います。

でも、そう思ったら子供の前だって泣いたって良いと思います。子供はよく見てます。観察して色々考えています。この2歳児の時期ってこれから上手くお友達と関わる、大人と関わる大事な時期だと思うので、大人気なく子供とぶつかっても良いと思います。

私も何度も泣きました。そうすると子供も子供なりに考えるんですよね。

「どうしてママ泣いているんだろう?」って。

ティッシュを持ってきて涙を拭いてくれることもありました。こういうところにも成長を感じます。言葉が出るまではこっちが先回りして、何をしたかったのかを理解してあげて、こうやって言えば良いんだよと教えてあげていく事が、イヤイヤ期と上手く付き合うコツだと思います。

毎日毎日同じ事を何十回と伝える事もあると思います。「いい加減わかってよ」って思うと思いますけれど…本当にすぐ忘れます。

なので辛抱強く何度も何度もダメな事も良い事も教えていく。ここで頑張れたら、言葉がしっかり出るようになったら、きっとあのイヤイヤ期が嘘のように、「可愛い〜」と思える毎日がくると思います。

もちろんカタコトな言葉の今もすっごく可愛いですけれど、ママのストレスが減るためにはイヤイヤ期の卒業は大きなゴール。私もまだまだ手探り育児…イヤイヤ期がどのように終わっていくのかまだまだ観察していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

そして、イヤイヤ期の次は「なんでなんで期」が来るよなんて聞きますよね。イヤイヤ期よりはマシかなって今は思ってますが、「なんでなんで期も大変だよっ!」なんて話も聞きます。

何でも子供と初めての壁にぶつかる事は大変です。でも少しでも楽しく、少しでも笑って毎日が過ごせるように、子供と向き合っていきたいですね。

【関連記事】
双子の子育てが楽になるのはいつから実感?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)