校閲ガール(じみすご)がドラマ化!原作とのあらすじ比較

校閲ガール(じみすご)がドラマ化!原作とのあらすじ比較

このページは新しいサイトに移転しました。3秒後に新しいサイトへ自動的にジャンプします。

【スポンサードリンク】

2016年秋ドラマとして10月から日本テレビ系列で放送される「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(じみすご)」。楽しみすぎて、早速あらすじを調べてみました!

原作は宮木あや子さんの「校閲ガール」です。現在放送中の「家売る女」を始め働く女性を取り上げたドラマが多い水曜10時枠。今回のドラマはどんな働く女性の姿を見せてくれるのでしょうか。原作も読んでいますので、原作とドラマの違いなどもなるべく含めて、あらすじを紹介していきたいと思います。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 あらすじ紹介

おしゃれが大好きでファッション編集者を目指して出版社に入社した主人公河野悦子。彼女のセールスポイントはずば抜けた記憶力。その記憶力が端的に現れる場所が大好きなファッションである。

愛読書はファッション誌でこれまでに読んだ雑誌のすべてを記憶しているというところが彼女の最大の特技ではないだろうか。

そんな大好きなファッション誌に携わりたく出版社へ入社したものの、彼女が配属されたのはファッション編集者とはかけ離れた校閲部という日頃あまり見聞きすることの少ない部署。

文章や原稿などの内容の誤りや不備な点を調べ直すというのが仕事の校閲部。文学や小説にはほとんど興味がない悦子には全く縁のない世界である。

そもそも一流と呼ばれる大学出身者でなければ入ることの難しい出版業界にランクの低い大学出身の悦子が入社できたことは奇跡である。なぜそんな彼女が内定を勝ち得たのか。

この出版社のファッション誌をどれだけ愛しているかというファッション誌への熱意を語り得た内定であったと思いたいが、残念なことに採用の理由は「河野悦子」と言う名前であった。ひらがなで「こうのえつこ」。

残念ながら彼女が勝ち得た内定は彼女の校閲っぽいという名前が理由であって、ファッション編集者になるという夢はもろくも崩れ校閲部に配属されてしまう。

やりたい仕事ではなくても仕事は完璧にこなしたいというポリシーを持っている彼女は、一つ一つの原稿に正面から向き合う。

しかし、これまでファッション誌しか読んでこず文学に興味のない悦子にとって小説に出てくる言葉の一つ一つが聞き慣れず、辞書を引かなければ意味が分から言葉も多い。その度に自分が行きたい世界、居るべき世界はファッション誌なのに…と憧れの地に配属された同期の姿を見ながらため息をつく。

描いていた現実とは真逆と言っていいほど地味な作業の多い校閲部だが、成果を出せば行きたいの部署に希望を出しやすいという部長の言葉を信じ悦子は仕事に励んでいた。

小説の校閲という仕事には全く未練もないため一刻も早くファッション誌の世界に行くため日々完璧な仕事をし、またその完璧な仕事の為なら誰が相手でも思ったことを口にする悦子。そんな毒舌な彼女と編集者や作家を含めた周りの人たちの会話がスカッとして面白い。

校閲の仕事は単純に原稿の直しと言えども多岐に渡る。時代劇ものであれば時代背景が間違っていないか、ミステリーものであれば本当にその時間で犯行や移動が可能なのか電車の時刻表を調べたりもする。

【スポンサードリンク】

また、同じ日の話なのに登場人物が着ている服が違うなど、作家本人が意識せず間違えて書いている部分も覚えていて直すこともある。正しい日本語の知識と、集中力、記憶力を要するとても大変な仕事である。

直接原稿に携わる仕事をしてるが、校閲の仕事は本来作家と直接やりとりをすることは無い。作家と校閲の間には担当の編集者がいて双方を行き来するので、作家は自分の原稿を直しているのが誰なのかを知ることは少ない。

そして気になる物事を調べて原稿を直すことはするが、直接取材現場に行くこともない。しかし一度気になったことは調べなくては気が済まない、直してもらわなければ完璧な仕事ではなくなってしまうという性分の悦子は、校閲の暗黙のルールを破り、作家にも直接会いに行くこともあれば、現場にも乗り込んでしまう。そんな悦子の性分が時に問題を起こすことも…。

直接作家に会ってしまうという話の1つにアフロの男の話がる。ある日偶然コーヒーショップで出会ったアフロの男。悦子のドストライクな顔立ちをしている彼が自分の担当した原稿を書いている作家であると知り、暗黙のルールを破ってはいけないと思いながらも声をかけてしまうところから始まる悦子の片思い。校閲は作家に身分を明かさないというルールを破りアフロの男に近づく悦子。その恋はどう進展していくのだろうか。

校閲部に入ってからもファッション誌を愛読し、新しいものは必ずチェック。ファッション大好きの名にふさわしく、日々ド派手なファッションで身を包み日々全力で立ち向かっていく悦子。

このドラマでは、編集者や同期、同僚、作家などのメンバーと過ごす中で、自分のしている校閲という仕事がどんな仕事なのか仕事の難しさや与える影響について考え悩む日々が描かれている。と同時にただのお仕事ドラマではなく、年頃の女性の興味を引くファッションの話題や恋愛模様なども出てくる。

最初は地味なイメージだけの校閲部での仕事であったが、次第にこの仕事のすごさに気付き始める悦子。相変わらずファッション大好きで文学に全く興味のない彼女が日々の奮闘を通してこのまま校閲部で働くことになるのか変わらずファッション編集者を志すのかも物語の気になる点である。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)