能年玲奈の洗脳と滝沢充子の関係がフライデーにスクープ

能年玲奈の洗脳と滝沢充子の関係がフライデーにスクープ

2015年5月1日発売のフライデーが、洗脳疑惑ですっかり仕事がなくなってしまった女優の能年玲奈と、能年玲奈を洗脳したとされる演出家の滝沢充子氏(53)との関係を、洗脳騒動の「裏の裏」として報じている。果たして、滝沢充子氏による能年玲奈の洗脳は本当にあったのだろうか。

【スポンサードリンク】

滝沢充子氏による能年玲奈の洗脳疑惑

今年に入り、テレビで見掛けることが全くといっていい程なくなってしまった女優の能年玲奈。その原因は、ある女性に「洗脳」された挙げ句、所属事務所に無断で勝手に個人事務所を設立し、その結果仕事が全くない状態になってしまったという大騒動にある。

その「ある女性」というのが、女性演出家の滝沢充子氏。能年玲奈に以前から演技指導をしている人物である。能年玲奈と滝沢充子氏の関係が急速に深まったのは、能年の名を一躍有名にしたNHKの朝ドラ「あまちゃん」の撮影が行われている時期だという。

10ヶ月にも及ぶ長期の撮影と、初めての主演という大役によるプレッシャーから、疲労困憊で精神的にも相当参っていた能年玲奈。当時は担当マネージャーに愚痴をこぼしたり、夜中に電話で泣きながら相談することもあったというほど、心が折れかかっていたようである。

そんな中、能年が最も頼ったのが滝沢充子氏であった。能年の悩みの聞き役になり、温かくサポートしてくれる滝沢充子氏を、能年は母親のように慕い、次第にマネージャーよりも滝沢氏の助言に耳を傾けるゆおになっていったのだとか。

【スポンサードリンク】

女性演出家・滝沢充子氏とは?

滝沢充子氏は、短期大学で演劇を学び、舞台の演出助手などを経て劇団を設立。自ら考案した演技指導法である「Jメソード」を提唱し、演出やタレント育成活動に力を注いできた。能年玲奈との接点も、能年の所属事務所の依頼で演技指導を行うようになったことがきっかけである。

フライデーの取材に応じた、滝沢充子氏を知るテレビ局関係者の話によると、滝沢充子氏は確かに指導者としては熱心であるが、時として演技指導にとどまらず、過度にプライベートに踏み込みすぎる癖があるという。そのため、能年の所属事務所もそれを問題視し、3年ほど前に滝沢氏との契約を打ち切ったのだとか。

滝沢充子氏による能年玲奈の洗脳の真相

フライデーの記事によると、能年玲奈と滝沢充子氏の関係が、女優と演出家という域を超えた濃密なものであることは間違いないが、滝沢氏の洗脳疑惑には疑問を持っているという、滝沢氏の元教え子のコメントを紹介している。

その元教え子によると、滝沢氏の洗脳疑惑は「人格が崩壊するまで追い込む指導法で相手を洗脳する」と言われているが、滝沢氏はむしろ人を褒めて育てるタイプで、素顔は世話好きのおばちゃんで、能年玲奈は単に気さくな滝沢氏に惹かれただけではないかとのこと。

滝沢充子氏本人も、「能年さんのご両親から依頼されて、身の回りの世話をしているだけ」と語っているようである。

【スポンサードリンク】

しかし、いずれにしても能年玲奈の女優としての前途が相当厳しいものであることは紛れもない事実である。「あまちゃん」の放送直後は殺到したというドラマのオファーも断ってしまったと言われている能年には、今回の洗脳騒動が広がればスポンサーもつかず、仕事はさらになくなると見られている。

能年玲奈のあの屈託のない「あまちゃん」スマイルは、もう見ることができないのだろうか。

【あまちゃん能年玲奈の関連記事】
能年玲奈 洗脳問題で事務所とバトル「先生をバカにしないで」
能年玲奈の洗脳を母が否定「滝沢氏は恩人」文春のスクープ

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)