好きな人がいること7話ネタバレあらすじ感想

好きな人がいること7話ネタバレあらすじ感想

このページは新しいサイトに移転しました。3秒後に新しいサイトへ自動的にジャンプします。

1週お休みがありましたが、月9ドラマ「好きな人がいること」が8月29日から再開しますね。次は第7話。

千秋が店よりも大切にしていた秘密がバレてしまった。自分が突然の兄弟ではないという突然の告白に驚きを隠せない夏向。予想もしていなかった展開についていけない美咲。隠し通せなかった悔しさを見せる千秋。

一方、冬真はどんな思いでこの秘密を告白したのだろうか。それぞれの気持ちとこれからの展開が気になります。早速あらすじを見ていきましょう。

月9ドラマ「好きな人がいること」7話あらすじ

千秋の静止をよそに夏向が本当の兄弟ではないと告げた冬真。あまりに突然の告白に信じられない夏向と美咲。でもこれは千秋が隠し続けてきた事実であった。
そして冬真が夏向の実の妹であると、以前レストランで追い返した愛海を連れてきた。

実の兄をずっと探していた愛海。それには病気ですぐにでも輸血を必要とする母親のためであった。珍しい血液型のため、血縁である夏向に頼みたいという。しかし、愛海が探していたのは拓海という名前の男だったはず。

本人が知らないということは物心つく前から兄弟として育っていたはずなのに、夏向はなぜ拓海ではないのか気になります。

ところが何もかもが突然でついていけない夏向は家を飛び出してしまう。美咲も追いかけるが何と声をかけていいのか言葉が見つからない。

家に戻った美咲は、冬真に夏向のことが心配ではないのかと尋ねるが、自分のせいだと言いたいのかと逆に怒らせてしまう。いつも周りが夏向の味方ばかりしていることに疎外感を感じていた冬真はいっそ自分が本当の兄弟ではない方が良かったのではないかと出て行ってしまう。

翌朝、戻っていたはずの夏向の元に食事を持っていくも部屋に夏向の姿はなかった。冬真も出て行ったきり戻ってきていない。

シェフが不在では店が開けられないので、予約客にキャンセルの連絡を入れる美咲と千秋。自分のせいで夏向を傷つけてしまったのではないかと千秋は自分を責めていた。

このまま3兄弟の心は離れてしまうのでしょうか。どうしてそんなことになったのか経緯はわかりませんが、とてもデリケートな問題なのでいつどんなタイミングで話していてもこんな展開になってしまうような気もしますが、千秋、夏向、冬真それぞれの心のダメージが心配です。

せっかく夏向と向き合うと決めた矢先の出来事で夏向にどう接したらいいのか戸惑う美咲も気になります。さらに愛海のお母さんはすぐにでも治療をしなければならない重篤な状態。唯一の頼みの綱である夏向の協力は得られるのでしょうか。

それぞれの思いと事の行方が気になる、「好きな人がいること」の第7話です。今からオンエアが待ちきれません!

いつものように、オンエア後には改めて内容を追記する予定ですので、そちらもお楽しみに。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)