高畑裕太の被害女性が週刊現代に真相告白 記事の内容を読んで

高畑裕太の被害女性が週刊現代に真相告白 記事の内容を読んで

俳優の高畑裕太が8月23日に群馬県前橋市のホテルで起こした暴行事件について、「被害女性が真相を初告白」として、週刊現代の記事に掲載されました。そして、事前に高畑側から公表されていた情報とは大きく食い違う彼女の告白に、新たな波紋が広がっています。被害女性Aさんが3時間にわたって語った真相とは、いったいどのような内容だったのでしょうか。

【スポンサードリンク】

ホテルのフロントでの高畑裕太のナンパの手口

深夜1時40分頃、外出先からホテルに戻った高畑裕太が、1人でフロントにいたAさんに5分ほど一方的に話しかけました。その際、「後で部屋にマッサージに来てもいいよ」と言った高畑に対し、女性は「行きません」と答えたといいます。

その後の深夜1時55分頃、エレベーターで4階の部屋に戻っていたはずの高畑が、なぜか階段で1階から上がってきて、2階にあるフロントにやって来ました。高畑は「歯ブラシをとりに来た。悪いけど、5分後くらいに部屋に持ってきて」と言い、Aさんは仕方なく「では、あとでお持ちします」と伝えたそうです。

これ以上絡まれることを避けたかったAさんは、高畑が有名人なので「まさか危険な目に遭うことは無いだろう」と思い、部屋に歯ブラシを持っていきました。

証言の食い違い1:事件当日の服装

週刊現代より先に発売されていた週刊文春には、事件当日のAさんの服装は「黒いTシャツ、ジーパン、エプロン姿」と書かれていました。しかし、Aさんが実際に着ていたのは従業員用の制服で、白のブラウスにベスト、Vネックの黒いセーター、黒のスラックスとのこと。また、勤務中にTシャツやジーパンを着用したり、フロントでエプロンをつけたりすることは決して無いそうです。

証言の食い違い2:エレベーターに一緒に乗ったのか?

週刊文春の記事では、Aさんが高畑裕太に声を掛けられた後、一緒にエレベーターに乗ったとされています。また、エレベーター内で高畑がAさんに唇を押し付けた際、Aさんは拒むそぶりがあったものの、次第に受け入れたという趣旨の内容も記載されていました。

しかしAさんの主張によると、Aさんと高畑は一緒にエレベーターに乗っておらず、文春の記事に記載されたようなエレベーター内での出来事は無かったと言います。エレベーターには防犯カメラが付いていなかったことをうまく利用し、高畑が自分に都合のいいように話をしているのではないかと、Aさんはみているようです。

証言の食い違い3:被害女性は自分から部屋に入ったのか?引きずり込まれたのか?

Aさんは午前2時からの休憩に入るついでに、高畑の部屋へ歯ブラシを届けに行くことにしました。Aさんが高畑の部屋をノックすると、ドアが開き、現れた高畑はいきなりAさんの右手を強い力で掴んだと言います。そして高畑はそのままAさんを部屋の中に引きずり込み、ドアのすぐ左側にあったベッドに突き倒したそうです。

【スポンサードリンク】

「生理中だから」という言葉に対して高畑裕太のとった行動は…

Aさんは高畑に強引で卑劣な行為を諦めさせるため、とっさに「生理中だから」と嘘を言ったものの、高畑はそれを無視して、むしろそのことを逆手にとるように「だったら安全だろ」というような発言をして無理やり行為に及んだと言います。その後も「やめてください」と訴え続けるAさんに対して、高畑は脅すように「いいから黙れ」と言ったそうです。

検事からも聞かれた「なぜ大声を出さなかったのか?」

高畑が強引に行為に及ぶ中、Aさんには大声を出せない理由がありました。

ホテル従業員であるAさんは、自分のことで深夜に騒ぎを起こすことや、他のお客様やホテルに迷惑をかけることを恐れていたのです。また、高畑の目つきが恐ろしいくらい怖くて、大声を出すことによって、大柄で力も強い高畑に何をされるかわからないという恐怖があったと言います。

週刊現代の記事に対して高畑裕太サイドが反論

この週刊現代の記事を受けて、高畑裕太の代理人はマスコミ各社に「週刊現代に掲載された記事について」と題した文書を送り、「この点は誤解があります」と改めて反論しています。

「高畑裕太さんにおいて、当時、女性の拒否の意思を認識しておらず、合意があると思い込んでいた」と説明し、あくまで高畑側からの視点と断った上で見解を示しました。

ただ、被害女性の主張に対しては「当方が把握している事実関係とは異なる点も多々ある」ともしており、高畑の目つきが怖かったこと等を理由に大声を上げるなどの抵抗をしなかったことは、同様の事件における「男が無理やりに」という事例とは異なるものとして、事件ではなく、両者の合意の上での行為であったことを改めて訴えています。

女性が負う心の深い傷 同じ女性として思うこと

どちらの主張が正しいのかは今後も明らかになることはないと思いますが、同じ女性としては、どうしても今回のAさんの主張に真実味を感じてしまいます。

Aさんが週刊現代に告白した内容に基づいて意見を述べるとすれば、被害を受けたAさんの苦しみは計り知れず、同じ女性としては許せない出来事です。また、後に加害者側にとって都合のいい情報を公開したことに対しても、その真偽のほどはわからないにせよ、高畑裕太にはどうしても激しい憤りを感じてしまいます。

Aさんは被害を受けたことで心に深い傷を負っただけでなく、加害者が芸能人であったため、世間に広くこの事実が知られてしまったことも辛かったはずです。高畑の逮捕後、起訴されて実刑判決は間違いないと思われていた矢先の不起訴、和解。そしてその後は逆にAさんに対して、「示談金目当て」とか「美人局」などの誹謗中傷までが巻き起こってしまいました。

Aさんが被害内容を週刊現代に事細かに明かしたのは、事実と異なる報道をされていることについて、どうしても許せない気持ちがあったからではないでしょうか。世間でも非常に高い関心を集めた今回の事件に関しては、新しい情報が入り次第、当サイトでもお伝えしていく予定です。

【スポンサードリンク】

【関連記事】
高畑裕太の被害女性の知人男性の正体とは?週刊現代の真相告白第2弾

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By み

    エレベーターの話知ってますか?
    私も含め普通はホテルのエレベーターには監視カメラついてると思いますよね、高畑裕太さんもそう思ったと思います。
    女の人は従業員で、カメラが付いていないの知ってたわけです。
    嘘ついてもカメラを見ればバレると思う裕太さんとカメラが付いていないの知ってる女の人、嘘言ってもバレ無いと思う女性。さぁ、どっちが嘘をつくでしょうか?自分に置き換えて考えたらわかるはずです、どちらか嘘を付いたのか。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)