高畑裕太の被害女性の知人男性の正体とは?週刊現代の真相告白第2弾

高畑裕太の被害女性の知人男性の正体とは?週刊現代の真相告白第2弾

俳優・高畑裕太による暴行事件の被害女性Aさんによる真相告白第2弾が、週刊現代に掲載されました。Aさんが示談に応じた真相や、知人男性の正体とは一体何だったのでしょうか。

【スポンサードリンク】

被害女性はなぜ事件後すぐに警察に通報しなかったのか?

Aさんは警察に通報することによって、暴行被害を受けたことが家族に知られるのではないかと考えました。家族を傷つけたくないという思いから、一人で抱え込むべきか、通報するべきか悩んでいたそうです。

すぐに通報するべきだったとの指摘もありますが、被害を受けた直後のAさんの精神状態や、誰にも知られたくないという気持ちを想像すると、判断が難しかったことは大いに理解できます。

被害女性の知人男性の正体とは?

暴行事件を警察に通報したのは、Aさんが勤めていたホテルの近くに住んでいる知人男性でした。この男性の正体については、メディアやネット上で様々な憶測が飛び交っています。

Aさんは、知人男性が“随分前に反社会的勢力と少し関係があった”という話しは聞いていたそうです。しかし、現在はごく普通の仕事に就いており、そのような付き合いは一切無いとのことです。

被害女性が高畑裕太側との示談に応じた理由

当初は加害者に対して許せない思いが強く、刑務所に入ってほしいと考えていたAさんですが、次第に戦う意欲は削がれていきます。Aさんは、検察側から大声を出したり、壁を叩いたりしなかった理由などを淡々と問われる中で、だんだん「自分に非があったのか?」とも思えてしまったそうです。

また、裁判をする場合、裁判員裁判になる可能性があること、法廷で被害の詳細を自ら語る必要があることも示談に応じた大きな理由でした。「裁判をすれば自分もまたつらい思いをする」、「もう終わりにしたい」と考えたAさんは、示談に応じることを決めました。

【スポンサードリンク】

被害女性が抱え続ける苦悩

Aさんは今もフラッシュバックに悩まされ、食欲不振や睡眠不足に襲われているそうです。また、Aさん自身や、Aさんの自宅が特定されるような報道に恐怖を感じていると言います。

加害者が有名人のためメディアで何度も取り上げられる上、一部では被害者側に非があるような報道をされていることも、Aさんを苦しめているのです。

性犯罪の撲滅に向けて

性犯罪の被害者は、一生消えない心の傷や、様々な後遺症に悩まされ続けるにも関わらず、加害者は実刑になったとしても、その刑が軽いということが度々問題視されています。

また、裁判を起こせば、被害者は被害の詳細を多くの人の前で語る必要があり、二重三重に苦しまなければならないのが現状です。これ以上傷つきたくない一心で、多くの被害者が示談に応じるということは、裏を返せば実刑にすらならない加害者も多いということです。

性犯罪を起こした多くの人間が刑を逃れているという事実、たとえ実刑判決が出ても刑期は短いことなどが、性犯罪に対するハードル下げている要因の一部ではないでしょうか。

性犯罪の撲滅は難しい問題ですが、まずは被害者が苦しまない方法で裁判を行うための環境つくること、加害者に対する刑の厳罰化などが必要ではないかと考えます。

【スポンサードリンク】

【関連記事】
(第1弾)高畑裕太の被害女性が週刊現代に真相告白 記事の内容を読んで

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)