七五三の髪型 日本髪と新日本髪の違いとは?

七五三の髪型 日本髪と新日本髪の違いとは?

わが子の成長を祝う七五三。最近は凝った衣装や髪型、写真撮影をされる方がとても多いですよね。男の子だって、袴やスーツを着たり、髪をかっこよくセットすればいつもと全然違ったかっこいいお兄ちゃんに仕上がります。

でも、女の子の七五三はまたずいぶん違ってきますよね。子供さん自身が可愛くするのを喜びますし、ママも気合が入るのではないでしょうか。今回はそんな女の子の七五三の髪型について書いていきます。せっかく可愛い着物を着たことですし、一生に一度のお祝いですから、ママも子供も納得いく可愛い髪型を見つけてみましょう。

【スポンサードリンク】

日本髪とは?

昔ながらのやり方で結い上げる日本髪のことです。今、日本髪を結うことが出来る人は数えるほどしかいません。私も美容師ですが、結うことは出来ませんし、私の周りで結うことが出来る人もいません。結うことが出来る機会があったら、その人はとてもラッキーだと思います。

ちなみに、昔ながらのやり方とは、「鬢付け油」を髪につけ、数種類もの「櫛」で毛流れを整え、「元結」で髪を束ね、「紺紙」で止めていく方法です。使う道具すら、今ではほとんど聞いたことがないようなものですよね。1度結えば、しばらくそのままでいられますが、自分で外すのはとても大変です。結う時間もかなりかかります。しかし、やはりやれる機会があるのであれば、1度はやってみたいですね。

新日本髪とは?

日本髪を結いやすくアレンジしたもののことです。鬢付け油の代わりにワックスやスプレーを、櫛の代わりにブラシやコームを、元結の代わりにヘアゴムを、紺紙の代わりにヘアピンを使います。これは、結える美容師も多いのではないかと思いますので、七五三で日本髪を結いたいと思ったらこちらになるのではないかと思います。

日本髪のように長い時間そのままきれいな状態を保てるわけではありませんが、自分で外すことも出来ますので便利ではあります。結う時間も日本髪よりかかりませんので、お子さんたちが飽きる前に終わるのも魅力的です。七五三に日本髪を結いたいと思ったママは、新日本髪を結えるお店を探すといいかと思います。

髪型の決め方は?

日本髪も、新日本髪も、やり方は違いますが最終的に目指す髪型は同じです。「鬢(びん)」と呼ばれるサイドの髪の毛の部分と、「前髪」と、「髱(たぼ、つと)」と呼ばれる襟足の部分と、「髷(まげ)」と呼ばれるトップの部分で構成されていて、トップの結い方の違いで呼び方が違うスタイルが何種類もあります。

まず決めたいのは前髪をどうするのかです。下すのなら長さはあまり関係ありませんが、上げたいなら鼻から顎ぐらいまでの長さはあったほうがいいです。出来ればすいたりもしない方が仕上がりがきれいです。

次は髷の型ですが、これはお好みになりますが、「高島田」や「桃割れ」というスタイルがよく使われます。後ろの髪の毛の長さは、肩下10センチぐらいあるといいかと思います。これも出来ればすかないで伸ばした方がきれいに仕上がります。

スタイルが同じでも、かんざしなどの髪飾りで雰囲気は全く違ったものになりますので、是非いろいろ見て探して、一生に一度の記念を可愛く残してあげて下さい。

【スポンサードリンク】

七五三の髪型おすすめのスタイル

ここからは、いくつか私のおすすめの日本髪スタイルをご紹介します。このままでも使えますし、更に自分好みにアレンジしても全然OKです。
七五三の髪型選びの参考にしてみて下さい。

1. 前髪もアップの正統派日本髪

きっちり髪を伸ばして、自分の髪できれいに日本髪を結っています。前髪もアップですっきりですね。やっぱり日本髪と言ったらこの髪型ではないでしょうか。ただ、結うのはママではなく7歳のお子さんなので、お子さんの意見も聞いてみて下さいね。私は是非やってみたいし、自分に女の子がいたらすごく結ってみたい髪型です。

日本髪1

2. 前髪は下げてかわいらしい日本髪

前髪もあまり軽くしないで、重たい感じがかわいいと思います。前髪でかわいらしさを出しつつ、日本髪で成長したお姉さんらしさを表現しています。これくらいの方が入りやすいお子さんは多いかもしれません。これもかわいいですよね。

日本髪2

3. ちょっとアレンジした日本髪

サイドを少しアレンジしたスタイルです。昔ながらの日本髪を今結いたいママと違って、7歳ぐらいの女の子はおしゃれな感じのこういったスタイルが好きな子が多いですね。確かにおしゃれな雰囲気がずっと増しますが、純粋な日本髪からは少し離れます。でも、ママと娘さんの意見を合わせたらこんなスタイルも、今だからかわいい日本髪かもしれませんね。

日本髪3

みんなにとって素敵な七五三を

大人になってから聞くと、あの時の日本髪は恥ずかしかったという言葉も聞きます。逆に、日本髪が記念になってよかったという人もいます。今、私はいい大人なので、子供に日本髪を結いたいという気持ちがすごくよく分かりますが、子供の時だったらどう思ったかは分かりません。

親にとっても記念日ですが、やはり主役は子供たちです。親の気持ちを押し付けたりはしないように気を付けて下さいね。無事に大きくなっていることを祝う行事ですから、大きくなってくれているだけでいいんです。みんなにとって素敵な七五三の思い出を作るために、少しでも参考にしていただけたらうれしいなと思います。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)