ホワイトデー2017 同僚にガッカリされないお返し5選 夫に頼まれ選んでみた

ホワイトデー2017 同僚にガッカリされないお返し5選 夫に頼まれ選んでみた

ホワイトデーのお返し、悩みませんか?今回は頂いた男性の立場からではなく、会社で同僚や部下から義理チョコを頂いた男性の嫁の立場として書かせて頂こうと思います。結婚していると、お返し選びをするのは実は奥さんという場合がほとんどではないでしょうか。

お返しによって夫の株を下げる訳にもいかないですよね。だからお返し選びも一苦労。そこで今回は同僚や部下にガッカリされないお返しを紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

ホワイトデーのお返し

会社で女性達が男性に配るバレンタインは「いつもお世話になっています」という気持ちを込めて渡してくれる場合がほとんど。なので、お嫁さんがいようといなかろうと義務としてもらってくるでしょう。

ただ、「お返しってどうしたらいいの?」と悩みませんか?金額は?あげるものは?など、考えたらキリがないくらい。まず、基本的にお返しは「半返し」ですよね。ですが、ホワイトデーの場合、男性が女性に返すので、半返しだとちょっとガッカリされてしまうかも。

返す金額としては頂いた物のプラス1000〜2000円くらいの品物が良いかと思います。男性は損をしてしまいますけどね。こういうところはやはりレディーファーストのままの方が今後の関係も良好に進んでいくと思います。

送る品物ですが、残らないものを渡すのがベスト。残ってしまうと、頂いた後困ってしまうのは女性の方なので、相手の女性が受け取りやすいものをセレクトするのがいいですね。

ガッカリしないお返し5選

では、一体どんなものが良いのでしょうか?男性も渡す時に「嫁が選んだんですけど」と一言前置きするかと思います。渡しても恥ずかしくないものを選びましょう。

1. GODIVAのチョコレート

有名チョコ菓子店、GODIVAのチョコレート。GODIVAをもらって嫌な思いをする女性はまずいないのではないでしょうか。価格も幅広く用意してありますし、種類も豊富なので喜ばれると思います。

店舗も沢山あるので、買いに行きやすいのも良いですよね。どうしようかと迷ってしまったら、まずGODIVAに出向いてはいかがでしょうか。

2. ブルガリのチョコレート

あの高級宝飾品ブランドのブルガリからもチョコレートを出しているんです。私は一度上司からもらったことがあるのですが、とっても濃厚で、チョコレートってこんなに美味しいんだと感激した思い出があります。

そういう高級チョコレートをサラッと渡せたら素敵ですよね。ブルガリは高級というイメージですが、手頃な価格のチョコのご用意があるそうです。ちょっとオシャレなチョコレートを渡したいという人にはおすすめの一品です。

【スポンサードリンク】

3. LUSHの詰め合わせ

渡す相手が同僚や部下の場合でしたら、入浴剤の詰め合わせなども送ったら喜ばれると思います。自分では買わないようなちょっといいお値段の入浴剤なら、女性は嬉しいですよね。

LUSHの入浴剤はよく香って、お店の近くを通るだけでもLUSHだと分かるほど。詰め合わせだと入浴剤の他にボディソープも含まれているので、香りを好きな人にお返しを贈るならLUSHの入浴剤セットで。

4. ロクシタンのハンドクリーム

ハンドクリームは女性が冬になるともっとも活躍する美容アイテム。手がカサカサになると、あかぎれが出来たりと良いことナシなんですよね。なので、ほとんどの女性がリップクリームの次にカバンに忍ばせておくアイテムだと思います。

ロクシタンのハンドクリームはしっとりしていて使いやすく、値段も手頃。種類も豊富なので、香りも幅広く取り扱ってます。もし、チョコレートをくれた女性がマメにハンドクリームを塗っているようなら贈ってあげると喜ばれるかもしれません。

5. スターバックスのギフトカード

何を贈ったら良いのか正直全く分からない、相手の好みも分らない、といった場合には、スターバックスのギフトカードがおすすめ。女性はスタバ、好きですよね。私も時間があればスタバに行っては、束の間の休息時間を楽しんでいます。そんな手頃に行けるところのギフトカードをもらったら、まず喜ばれるでしょう。

ギフトカードなら自分の好きな飲み物をセレクト出来ますし、もらって困るものでもないですよね。ギフトカードだけだと寂しい気もすると思いますが、もらう側としては一番嬉しかったりします。

さいごに

いかがでしたか?今回は嫁という立場からホワイトデーを選んでみたという内容だったので、女性側の立場としてもらったら嬉しい物、こんなの渡せる男性は素敵だなと思える物をご紹介しました。個人的にはどれをもらっても嬉しいなと思うものばかり。

やっぱり会社での付き合いなので、手軽に渡せて、なおかつもらった相手が困らないものが必須条件にりますよね。夫にホワイトデーのお返しを任せると、「えぇ!それでいいの!?」というのを選びかねません。

それくらい、会社の同僚だと何を贈ったら良いのか分からないんだそう。なので、毎年ホワイトデーの用意をされているお嫁さん、大変だと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

six + fifteen =