ベレー帽のコーデ2016レディース 秋冬はママもこれで決まり

ベレー帽のコーデ2016レディース 秋冬はママもこれで決まり

1年中かぶれるベレー帽ですが、やはり秋冬になると絶対にはずせないアイテムになるのがベレー帽。シンプルなのにおしゃれで小顔効果もあると、ママにも大人気。けれど、悩みもあるようで…。ここでは、ベレー帽の悩みと解決法、そして様々なかぶり方をご紹介します。

【スポンサードリンク】

ベレー帽の悩み

よりオシャレに魅せるためにかぶりたいという人が多いベレー帽ですが、いろいろと悩みもあるようです。

ベレー帽が似合わない

ベレー帽=可愛い、という固定概念があるのも事実です。女の子っぽく可愛く魅せるには最強のアイテムですよね。でも、そんなイメージしか持っていない人にとってはベレー帽を被ることに抵抗があるようです。

また、歳も歳だしもうかぶれないでしょう、と思っている人も多く、ベレー帽は若い人がかぶるものだと思っている人も多いようです。

けれど、ベレー帽はかぶり方次第で、クールにも大人っぽくもなれるアイテムです。かぶり方さえマスターすれば、どんな年齢でも素敵になりますよ。

ベレー帽が入らない、すぐ落ちる

頭が大きくてベレー帽が入らない!とか、すぐ落ちる!と悩んでいる人も多いようです。ベレー帽と一口にいっても、かぶる大きさが浅いものから深いものまでさまざまあります。ここはやはり手に取ってみて試着する方が良いでしょう。

あとは、かぶり方です。鏡で見て自分が似合うかぶり方を探します。ベレー帽は、帽子の中に空気を入れるか入れないかだけでも表情が変わりますので、いろいろやってみると良いでしょう。まっすぐにかぶったり、横にかぶったり、後ろにかぶったり、前髪をだしたり、耳をだしたり、試してみるとお似合いの角度が見つかるはずです。

それでも、どうしても似合わない、すぐに落ちる、という方は帽子の大きさがあっていない可能性があります。もう少し大きなものや、ニット素材のように伸びるものを選びましょう。もしくは、小さめのベレー帽を頭にちょこんと乗せるようにかぶる方法もあります。その場合は、ピンなどで止めて使います。

服の雰囲気に合わない

ベレー帽と洋服の雰囲気があわないと思われる方は、ベレー帽を自分好みにカスタマイズしてみましょう。スタッズをつけたり、ボタンやレースをつけたりしても個性がでますね。また、ベレー帽と一口に言っても、定番のフェルト素材の他にも、コットンやニットなどさまざまな素材のものがあります。

コットンの素材のものは、カジュアルな雰囲気が強くなってどんな服装にも合わせやすいですし、季節も選ばないというメリットがあります。また、ニットベレー帽の場合は、トップが大きいものが多く、小顔効果が期待できます。髪の毛にあとがつきにくい、というメリットもありますよ。

ベレー帽の魅力

みんながかぶりたいベレー帽の魅力はどんなところでしょうか。

カラーバリエーションが豊富

ベレー帽の魅力の一つは、なんといってもカラーバリエーションの多さでしょう。きれいな色を選んで差し色にしてもよし、靴や口紅、マフラーなどとあわせてもよし、黒や茶色を選んで髪色になじませてもよしと、どの色を選んでも失敗がありません。

サイズが自由

ベレー帽は、頭まわりが大きく帽子選びに悩んでいる人にもおすすめの帽子です。少しずつ手で伸ばしていくことで、多きくすることができます。

親子コーデも可能なベレー帽

ベレー帽は、子供のサイズも豊富。親子コーデも可能です。お出かけの時など合わせるととても素敵ですよ。服があっていなくても、帽子だけお揃いなだけでも雰囲気がでますよね。

かぶり方でいろんな表情を見せるベレー帽

同じベレー帽でもかぶり方次第で様々な表情を見せてくれるのがベレー帽の嬉しいところ。可愛く見せたり、カッコ良く見せたり、きれいに見せたり、自由自在に演出できるのが魅力です。

それでは、次にさまざまなかぶり方を紹介します。是非、かぶり方の参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ベレー帽のかぶり方で印象はこんなに違う!かぶり方10選

ベレー帽のいろいろなかぶり方をご紹介しますね。

ベレー帽-ママ-1ベレー帽をまっすぐに深めにかぶって、モードな感じに。可愛くなりすぎないかぶり方ですね。ベレー帽を頭にかぶせた後に、ぐっと後ろに引っ張って。片方だけ出した耳でおしゃれ感がぐっとアップに。ベストの色とあわせておしゃれに。

ベレー帽-ママ-2靴の色と合わせたコーデは、色のバリエーションが多いベレー帽だからこそできる技。服のトーンは統一させるのがコツ。

ベレー帽-ママ-4ベレー帽を深めにかぶって、モードな感じに。ヌーディーなベージュが顔まわりを綺麗に見せます。

ベレー帽-ママ-5茶色のベレー帽が、ぐっと秋冬なイメージに。

えんじ色のベレー帽は、デニムと良くあいますね。耳をだすとぐっと可愛らしくなります。

ベレー帽-ママ-7同じえんじ色のベレー帽でも、かぶり方やほかのアクセサリーで全く違った印象に。前側はおでこのラインにあわせて、斜め掛けで大人っぽく。ベレー帽の縁の部分も内側に巻き込まずにいることでクールに。

ベレー帽-ママ-8ベレー帽をまっすぐにかぶった後、トップの部分を横に流して。ミリタリー調にかぶることで、格好良くクールに。

ベレー帽-ママ-9きれいな色のベレー帽は、顔まわりが華やぎます。洋服がシンプルだからこそ、ベレー帽の色がアクセントになっていますね。

ベレー帽-ママ-10女性らしい服装のときは、あえてベレー帽のかぶり方をクールに。前髪を中に入れて、かぶったベレー帽をぐっと後ろに引き下げて。

【スポンサードリンク】

最後に

いかがでしたか?最初から似合わないと決め付けずいろいろ試して、お気に入りのベレー帽を探してみてくださいね。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)