ゴーヤの保存方法 冷蔵・冷凍・乾燥のレシピを伝授

ゴーヤの保存方法 冷蔵・冷凍・乾燥のレシピを伝授

独特の苦味を持つゴーヤは、ビタミン・ミネラル豊富で夏バテにはもってこいの野菜です。普段馴染みのない野菜ですが、ちょっと買いだめをしておいて、使いたい時に使える様に上手に長持ちさせる保存方法があるのです。ここでは冷蔵、冷凍、乾燥による3つのレシピをお伝えします。

【スポンサードリンク】

冷蔵でゴーヤを保存する方法

まずはゴーヤを冷蔵で保存する場合。その上手な冷蔵保存法は次の通りです。まず縦半分に割って、種とワタを取り除きます。それをラップかポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室へ保存します。ポイントは痛みやすいワタを丁寧に取り除く事です。こうすると2・3日しかもたないゴーヤが、1週間ぐらいにまで保存が可能になります。

冷凍してゴーヤを保存する方法

また、大量にもらって食べきれない場合は、思い切って冷凍保存にする方法もあります。軽く下ごしらえをしておけば、いつでも美味しく食べられます。

保存法は冷蔵と同様で、まず種・ワタを完全に取り除きます。そして塩を少し振って軽く揉み、お湯でさっと茹でるのがポイントです。しっかり水気を切ってからフリーザーバッグに入れて冷凍保存してください。それから調理する際は、解凍せずにそのまま使ってください。この方法ですと賞味期限が1か月程度まで長くなります。

【スポンサードリンク】

乾燥させてゴーヤを保存する方法

それから、乾燥させても長期保存が可能です。下処理にはタネ・ワタ取りをして、薄くスライスします。これをザルやカゴに重ならない様に並べて、天日干しするだけです。

天気の良い日ならば3日もすればしっかりと乾燥します。そしてジップロックかタッパーなど、密閉式の容器に脱酸素剤を入れて冷蔵すると鮮度が保てます。それで料理に使う時は使30分~1時間ほど水に戻してください。

ゴーヤはエグくて食べられないという方がいますが、選び方さえ知っていればそれ程苦くないものを選ぶことができます。まず色が薄めのモノを選びましょう。濃ければ濃い程苦味が増します。

またイボの大きさが大きい方が苦味が少ないとも言われています。それに白いワタの処理を丁寧にすると苦味が抑えられますので、是非覚えておいてください。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)