野菜の保存法まとめ!美味しさ長持ちのコツ

野菜の保存法まとめ!美味しさ長持ちのコツ

新鮮な旬の野菜を買ってきたのは良いけれど、つい使いきれずにダメにしてしまったという経験は誰にでもあります。3分の2も使わないうちに痛んでしまうなんて、日常茶飯ではありませんか?そこで無駄にしない上手な保存法を覚えておきましょう。野菜はまさに生の食品です。ですから畑で育った状態をできる限り再現できればベストだと言えます。

【スポンサードリンク】

まずは乾燥と酸化を防ぐ工夫をしましょう。そこでジッパー付き保存バッグが便利です。現在では、やさいが呼吸しやすい様に加工をしてある素材が開発されています。それだけでも長持ちさせることが可能でしょう。雑菌をシャットアウトして、かつ酸化防止の効果も持っています。

また、それぞれの野菜には適した温度や状態もがありますので、その辺も考えて保存法を変えていきます。

種類別でポイントをチェックします。まずほうれん草・レタスなどの青菜類は軽く霧吹きをして、クッキングペーパーで包んでからジップロック式のバッグに入れて、立てて冷蔵保存します。葉物は鉄分によって酸化しやすい欠点があります。ですから、もし切って保存をする時は手でちぎると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

また、キャベツ・白菜を丸ごと保存する場合は、芯をくり抜いて、そこに濡らしたペーパータオルを詰めるとみずみずしさが落ちません。キュウリは乾燥にも水気にも弱いですから、冷やしすぎても傷みが早くなるので、冷蔵室よりも涼しい場所で保存すると良いかもしれません。こちらも1本ずつラップに包み、立てて保存します。

それから、トマトはヘタを下にして冷蔵庫に保存します。そして重ならない様に注意してください。そこから痛んでしまいます。そしてキノコ類は水気をよく拭き取って、軸を上にして、密閉容器やジッパーがついている保存用バッグに入れて冷蔵庫に保存します。すぐに食べない時は冷凍保存もおすすめです。

この様に上手に保存をして美味しく食べましょう。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)