ざわちんのえごま油は危険!種類 量問わず

ざわちんのえごま油は危険!種類 量問わず

えごま油が危険らしい。

ものまねメイクで有名な「ざわちん」さんが、美肌術として毎日えごま油を飲むことを勧めていますが、その特性を正しく理解していないと、実はえごま油には危険も潜んでいるとのこと。美肌術などをあまりにも喧伝しすぎて、ざわちんさんのブログも炎上しなければいいのですが…

【スポンサードリンク】

ざわちんが美肌術に愛用するえごま油

ものまねメイクでお馴染みのタレント「ざわちん」さんは、まだ23歳という若さにもかかわらず、一般の女性の何倍ものメイク量で肌には相当な負担がかかり、すでに肌がボロボロなのだとか。

そんなざわちんさんが、美肌を保つために毎日飲んでいるものがあるそうです。それは「えごま油」。ここ最近、次のような多くの効能があるとして、人気が出ている油です。

えごま油の効能として言われているもの

えごま油の効能として、主に次のようなことが言われています。

  • 認知症予防
  • うつ病予防
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング(老化防止)

このような効能は、えごま油に多く含まれている「αリノレン酸」がもたらしているそうです。「αリノレン酸」は、人間が生きていく上での必須脂肪酸と言われていますが、人間の体内では作ることができず、そのため現代生活では不足しがちとなっているとのこと。

αリノレン酸は、人間の体内に入るとDHAとEPAに変化し、これらが生活習慣病の予防、うつ病、認知症対策に有効であると期待されているそうです。

そのため、ざわちんさんに限らず、えごま油を万能油として日常的に摂取することを勧める声をよく耳にします。ざわちんさん本人も、毎晩えごま油を飲むだけで、1ヶ月で肌年齢が10歳も若返り、体重も5キロも減ったのだとか。

ざわちんさんのコメントからすると、確かにアンチエイジングやダイエットの効果もありそうですが、しかし最近、この「えごま油」の危険性についても言及され始めています。

【スポンサードリンク】

ざわちんが美肌やダイエットに飲用するえごま油の危険性

ざわちんさんが飲用している「えごま油」の危険性について、この度(2016年1月28日)、消費者庁(国民生活センター)から、品質への注意喚起が出されました。

その内容は、「えごま油の色や匂いが変、おかしい」といったクレームが急増しているというものです。国民生活センターの発表によると、2014年度には14件しかなかったえごま油に関する相談件数が、2015年度には157件と約10倍に急増したとのこと。

「えごま油の色や匂いがおかしい」とは、いったい何が原因なのでしょうか?

調べてみると、えごま油は他の食用植物油よりも光や熱に弱いため酸化が早く進むのですが、その品質の変化は見た目だけでは分かりづらいので、油の劣化に気づきにくい、ということのようです。

えごま油の弱点について専門家は、

「えごま油の酸化は見ただけでは分かりにくい。脳梗塞や認知症の予防になることを期待してえごま油を摂取する人が多いが、酸化した油を摂取すると、逆に脳梗塞や認知症を促進してしまい、非常に残念な結果となってしまう。酸化した油は体には非常に悪い」

と話しています。

えごま油の酸化を防ぐ方法

えごま油が酸化するのを防ぐにためは、

  • 直射日光を避けて冷暗所に保管する
  • 夏場は冷蔵庫で保管する
  • 開封後は極力1~2カ月以内に使い切る

などの方法が勧められています。

確かにえごま油の効能は目を見張るものがありますが、その劣化や保管方法に注意しないと、逆に体にとって危険な食品を摂取することになってしまう可能性があるのです。

【スポンサードリンク】

ざわちんさんはテレビなどで、美肌効果などのメリットをかなりアピールされていますが、えごま油の酸化による危険性について、きちんと認識されているのかは、やや心配な感じがします。

えごま油の効果・効能をテレビやブログなどで喧伝しているからには、その危険性や正しい保存方法などについてもしっかりと説明し、消費者が正しく認識して、えごま油の効果をきちんと享受できるように努めてくれることを期待したいと思います。

【食料の保存に関する関連記事】
野菜の保存法まとめ!美味しさ長持ちのコツ
ゴーヤの保存方法 冷蔵・冷凍・乾燥のレシピを伝授
ゆで卵の保存法と賞味期限 常温と冷凍でどう違う?
大根の保存法って冷凍or冷蔵?そのまま常温や干す、漬物などのあれこれ
バナナの冷蔵庫・冷凍以外の保存方法と美味しく食べるコツ
ヨーグルトの賞味期限 未開封と開封済みでどう違う?

知る活流ダイエット術

美容師直伝!髪の毛・髪型ABC講座

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)