酵素パワーダイエットはママの痩身・子供の栄養の一石二鳥!

酵素パワーダイエットはママの痩身・子供の栄養の一石二鳥!

「酵素」という言葉を最近よく耳にするという方もいらっしゃるのではないでしょうか?酵素は生の野菜や、発酵食品に多く含まれており、摂取することで消化を促進してくれる働きを持ちます。ママの痩身に一役買うだけでなく、育ち盛りの子供のために栄養も取ることができる酵素について学んでいきましょう。
ベルタ酵素ドリンク

酵素の効果

酵素が多く含まれている生の野菜や発酵食品は、栄養価が高いため健康的にダイエットすることが可能です。

もともと人の体内にある酵素(消化酵素と代謝酵素)は、加齢とともに減少していきます。体内の酵素が減少していくと、代謝が落ちていくので老化に繋がります。代謝が落ちていくということは、体重が落ちにくくなるということが想像できますね。つまり、体内の酵素をできる限り減らさないようにするために、体外から酵素(食物酵素)を多く取り入れる必要があるのです。

酵素が含まれる食事

生の野菜というとサラダが定番ですが、その他にはマリネもおすすめです。お気に入りのメイソンジャーなどの容器にお好みの生野菜を適度な大きさに切って入れ、ワインビネガー(酢で代用可)・オリーブオイル・塩コショウなどで味を調えます。5時間ほど置くと食べることができ、1週間ほど冷蔵庫で保存もできます。生野菜の鮮やかな色合いとおしゃれな容器に、気分も上がります。

日本が誇る発酵食品の代表的なものに、味噌・醤油・納豆があります。全て大豆が原料に使われていますので、タンパク質が豊富です。これらを使わない手はありません。

私たち日本人の祖先は、毎食玄米と味噌汁と漬物という質素な食生活を送っていたわけですが、健康的な生活を送るという意味で理にかなっていたわけです。そういえば、鎖国以前の日本人で太っている人の姿を絵画で見ることはめったに無いように思うのは、私だけでしょうか?

子供の食生活のバランスを考えた結果、ダイエットに成功

娘が離乳食を取るようになったころ、子供の栄養バランスについて自分なりに勉強する機会が増えました。「赤ちゃんに小麦を与えるのを控える方が良い」という文言を目にすることが多くなったのです。日本人は長きに渡りお米を主食としていた人種なので、赤ちゃんに小麦(多くはパン食)を与えると元来の日本人の身体に合わず、アレルギー反応を起こすことがあるというのです。

それからというもの、パン食をできる限り控えてお米を取るようにしました。おかずは何が良いかと考えると、酵素が多く含まれている味噌汁を毎食取るようになりました。驚くことに、大人が納豆をおいしそうに食べているのを見て、1歳8ヶ月位から娘も納豆好きになり、それ以来夕食には欠かさず食べるようになりました。生野菜も食べられるようになってから、マリネのような酢が効いたものも好んで食べるようになっています。

このような和食中心の生活を娘とともに2年続けた結果、妊娠前と比べて5kgの減量に成功したのです。
ベルタ酵素ドリンク

ストレスになっては無意味

もちろん、子育て中ですので他にも痩せる要因はあったのかもしれません。ですが体質の変化は感じることができます。

いくら身体に良いとはいえ、現代の飽食の時代に質素な食事ばかりしているとストレスが溜まってきます。娘も私もパンが大好きなので、おやつの時間や週末のランチにはパンを取ることもあります。誕生日やクリスマスなどの特別な日にはケーキを食べたり、揚げ物を食べるなど、ご家庭ごとにルールを作ってもいいかもしれません。

一家の主にはメインディッシュに気を配る必要があるということは言うまでもないことですが、我が家の場合は料理は時短でということに重きを置いて子育てをしていました。手抜きというと耳障りですが、マリネや漬物などの保存食を作り、毎日味噌汁を作るということで献立を考える分、時短になります。

時間に余裕ができると、子育て中の束の間の休息もできますし子供へ接する時間と心の余裕が生まれます。忙しいママにとって時間の節約を考えることは重要なことだと思います。

世界一の長寿国としての誇りを世界に向けて発信

いかがでしたでしょうか?食事制限をすることなく、食事の内容を見直すことで楽にダイエットできる方法をご紹介しました。

世界で、日本食ブームが起こる所以はここにあります。栄養が豊富でヘルシーな和食を、日本人であるがゆえにもっと楽しんで取ってみたいものです。
世界一の長寿国である日本。長寿の秘訣は、食べ物の中の酵素に秘められているのでしょうね。
ベルタ酵素ドリンク
少し話がそれますが、食もインテリアもあらゆるものに対して欧米化が進んでいる日本で、もう一度日本の素晴らしさについてこの機会に考え直したいものです。グローバルな視野を取り入れることはもちろん、今後必要になってくると思います。

ですが、グローバルに活躍している人こそ、愛国心があるものです。自国の素晴らしさを世界にアピールできる力も必要になってくるのです。その一つとして、食べ物があるということを覚えておきたいです。海外に行った時、健康的な日本食を現地の人におもてなしをしてあげると、喜ばれることと思います。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)