水泳ダイエットで筋肉を付けすぎないためには?

水泳ダイエットで筋肉を付けすぎないためには?

水泳ダイエットにはすごく興味があってやってはみたいけど、あの筋肉隆々の肩になってしまわないかちょっと心配で…などと思われている方も多いと思います。「あの肩」とは、競泳選手のあの見事な逆三角形のような体型です。

安心してください。ダイエット目的での水泳では、あのような体型にはなりません。もちろんそう言い切れるのには理由もあるので、きちんと説明させていただきますね。

【スポンサードリンク】

競泳選手の練習量

オリンピックに出場するような競泳選手の練習量をご存知ですか?それはもうものすごいんですよ。

皆さんが競泳選手を目指しているわけではないのは分かっていますが、あの体を作るためにはどれくらいしないといけないのかが分かれば、逆に、水泳ダイエット程度では筋肉が付きすぎることがないということも分かっていただけると思います。

まず、競泳選手は朝晩プールに入っていると思って下さい。一回の練習は2~3時間程度でしょうか。大会前なのか、泳ぎ込みの時期なのかによって泳ぐ距離は変わってきますが、5000~10000 mは軽く泳ぎます。

そして水中での練習だけではなく、陸上でもトレーニングをします。いわゆる筋トレですね。

さらに食事への意識もすごいです。水泳は体力の消費が激しいスポーツなので、まずは食べないと話になりません。選手になりたての頃は、泳ぐことより食事と休息に力を入れさせられます。

水泳ダイエットの目的

これらのことから分かるように、同じ「水中で泳ぐ」ことをしていても、目的が変わってくると、やることも当然変わってきます。ですので、必要以上に筋肉が付いた体型になることはないので、ぜひ安心して水泳ダイエットに励んでもらえたらと思います。

適度な筋力をつける

筋肉がいっぱい付いた体にはなりませんが、運動をすれば当然、多少なりとも筋肉は付きます。また後半で改めて説明しますが、適度な筋肉はダイエットに必要なものです。つまり、痩せるために必要な量の筋肉を付けるという意味です。

脂肪を燃焼させる

体脂肪というものはとてもやっかいで、非常に減らしにくいのです。でも、見た目的にはもちろんですが、体脂肪を減らすことも、ダイエットではとても重要になってきます。水泳は有酸素運動なので、体脂肪を燃やす必要があるダイエットにはとても向いています。

体への負担を減らす

陸上とは違い、水中では浮力が生じます。ですので、同じだけ運動しても足や膝にかかる負担を減らすことが出来ます。これはとても大事なことです。ダイエットで膝を痛めたら何にもなりませんからね。

【スポンサードリンク】

脂肪を燃やすということ

体脂肪のことをずっと言ってますが、水泳ダイエットの目的は体型を細くするというよりも、体脂肪を燃やすことがメインになってきます。やりすぎもいけないのです。そこで、正しいやり方を説明していきますね。

基礎代謝を上げる

人は普通に生活しているだけでカロリーを消費します。この自然に消費されるカロリーを基礎代謝と言いますが、消費するカロリーの量は人によって違います。

なぜ差が出るのか。

これがポイントで、実は「筋肉の量」で差が出るのです。似たような体型でも、体の成分的に脂肪のほうが多い人は、筋肉量が多い人より脂肪が燃えにくいのです。

つまり、筋肉がついているほうが、何もしなくても痩せやすいのです。だから水泳ダイエットでは、基礎代謝が上がるくらいの、適度な筋力を付けることが大事なのです。

ゆっくり長く続ける

有酸素運動である水泳ダイエットですが、短時間に素早く泳いでも意味がありません。脈を6秒間に12回ぐらいまで上げて、最低30分は泳いで下さい。

競泳用のプールなら、壁際にペースクロックという時計があると思います。赤や青の針の大きいやつです。このペースクロックで早く回ってる針が秒針なので、泳ぐスピードや脈を計るのに使うと便利ですよ。

ゆっくり呼吸を確保できる泳ぎ方でいいので、呼吸を確保しながらのんびり泳いでください。これを続けることで、少しずつ脂肪が燃えてきます。

無理は禁物

脂肪をたくさん燃やしたいからといって、一度に無理してたくさんやっても意味はありません。少しずつ長く続けることが、水泳ダイエットではとても大切です。

【スポンサードリンク】

水泳ダイエットのおまけの効果

実は私、ずっと水泳やってました。やっている時は必ず見ていたのに、やめてから見る機会がすごく減りました。というか、ほぼ見ていません。

何の話かというと、それは…自分の体のラインです。

美容師は、もちろん仕事柄ということもありますが、鏡に囲まれて仕事をします。ですから、自然とメイクやヘアスタイルに力が入ります。一日残念な自分を見て仕事をするのは憂鬱ですからね。

それと同じで、水着を着て人前に出るということは、女性にとってはすごく勇気のいることですよね。だから、水着を着た自分の姿を鏡でついついチェックしてしまうのです。なぜかプールにも大きな鏡ってあるものなので。

その「体型を気にする」ということ自体が、ダイエットには必ず必要なことです。ダイエットしようとしている今の自分の体は見たくはないかもしれませんが、少しずつ変わっていくために、毎日鏡で見て意識してみて下さい。もちろん洋服ではなく水着でですよ。

水泳ダイエットを頑張って、ぜひ素敵なプロポーションを目指しましょう。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)