足のむくみの原因とスッキリ解消法を伝授!

足のむくみの原因とスッキリ解消法を伝授!

足のむくみ。夕方になるとパンパンになってしまう女性の足。

  • 夜のお出かけにブーツが入らない!
  • ふくらはぎが張って眠るのも苦痛!

辛いですよね。痛いですよね。みにくいですよね。

  • どうして足はむくむのでしょうか?
  • むくみ続けたらどうなるのでしょうか?
  • どうしてむくまない人もいるのでしょうか?

むくみには、原因があるのです。それを徹底解明して、一つづつ対処していきましょう。そして、むくみ知らずのスッキリ脚美人になりましょう!

【スポンサードリンク】

足のむくみの原因

簡単に言うと、「むくむ」と言う状態は、体が「膨張」している状態。「膨張」をさせているのは、体内の「余分な水分」。余分な水分が体内に存在するのは「生活の乱れ」。余分な水分が体内に溜まっているのは「血液の循環の悪さ」。

  • 余分な水分を溜め込まない体づくり
  • 血液の循環を良くする

この二つをクリアすれば良いのです。もう少し掘り下げてみると、

血液は、ポンプ機能である心臓から動脈を通って各細胞に送り込まれます。同時に、栄養素や水分も一緒に運ばれるのです。そして細胞内で不要となった水分はまた体内を巡り、通常なら排出されて行きます。しかし、スムーズに循環せずにたまっていく状態が「むくみ」という現象なのです。

そう、足がむくむ=「足の血液の循環が悪い=ポンプ機能が弱い」ということなのです。

足がむくみやすい環境

私が考える、足がむくみやすい環境は以下の3つ。

  • 立ち仕事や座り仕事
  • 運動不足
  • 塩分過多と糖分過多

どうですか?皆さんは当てはまっていませんか?それぞれ詳しく見ていきましょう。

立ち仕事や座り仕事

当然ながら、立ち仕事はむくみやすいのです。引力で水分はどんどん下りてくるのですから。その上、足のポンプ機能が悪ければ下りた水分が上がってくることはありません。これは、座り仕事でも理屈は同じです。

運動不足

運動が不足すると筋力が不足します。筋力がないと足のポンプ機能は低下します。また、筋肉のない足は代謝が悪く常に冷えています。冷えは血行不良の元で、血液の循環を悪くします。

塩分過多と糖分過多

塩分の取りすぎに気をつけましょう。水と塩分は強烈なタッグです。実は、塩分には水分を体内にとどまらせる力があるのです。よって、体に溜まった余分な水分とは、塩分がもたらしてると言っても過言ではありません。これは自然塩に限らず塩化ナトリウ何某なる添加物も一緒です。

  • ポテチとコーラ
  • ビールと唐揚げ
  • ワインとチーズ

悲しきかな、こう言う最高に旨いコンビこそが悪魔のコンビなのです!

糖分=白砂糖は「冷え」の原因でもあり腸内に悪玉菌を増やす要因。冷えは血行を悪くします。悪玉菌は腸の動きを悪くして免疫力を低下させます。腸の動きが悪くなると、体内の余分な毒素や水分を排出できなくなるのです。

むくみ続けたらどうなるの?

一日のむくみを翌日に持ち越す、キャリーオーバーは厳禁です。なぜなら持ち越し続けたむくみは、脂肪に変わるからです。逆に、むくみをスッキリ取るだけで女性は体重が3キロ落ちるそうです。

その日のむくみはその日のうちに解消。これ、鉄則です。

【スポンサードリンク】

足のむくみ解消法

大きくまとめると2つあります。どちらも欠かさず行いましょう。

  • 運動やマッサージによる血行促進
  • 余分な水分や老廃物のデトックス

二つ目のデトックスとは、「利尿促進」「便秘解消」「発汗」のことです。それでは、日常でできる解消法を見てみましょう。

日常に運動を取り入れる

筋力アップと血行不良の改善には、軽い運動が不可欠です。現に運動している人にむくみの悩みはあまり聞かれません。ジム通いやランニングが不可能な人でも簡単にできることはありますよね?例えば、

  • 就寝前のストレッチ
  • 仕事中に屈伸などをして足の血行を良くする
  • なるべく歩く

足のマッサージ

やはり、マッサージは血行不良には有効です。簡単にできるツボ押しリンパマッサージを紹介しましょう。

  1. 内くるぶしとアキレス腱との間の少し凹んでいる場所の真ん中にある太渓(たいけい)というツボを、親指で圧をかけながらゆっくり5秒ほど押しましょう。下半身を温め、生殖器や泌尿器に作用して利尿効果を促すツボなのです。
  2. 手の拳で足首から膝にかけての足全面を、強い力でさすりあげましょう。膝までで十分。大事なのは「ふくらはぎ」なのです。実は、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていて、ここをケアすることで、足のポンプ機能は劇的に回復するのです。

マッサージは就寝前か入浴中がベストタイミング。言うまでもなく入浴は必須。発汗で余分な水分を排出し、体を温めて血行を良くします。入浴は、運動以外で血行促進とデトックスが一緒にできる唯一の方法なのです。

眠る前にできること

入浴で温まった体のままベッドインしましょう。ベッドに入ったら最初の数分は、台のようなものに足を置いてリラックス。足を高い位置に置くことによって正常な血流を促します。その後は最も体に良いとされる「大の字」で眠るように心がけましょう。

スーパーアイテム!

強い味方「着圧ソックス」。足に圧をかけることで足のポンプ機能を促します。最近では、医療用やアスリートご愛用のスポーツ用加圧ソックスも手に入りやすいようになりました。また、日中でも履ける「加圧ソックス」もあります。それぞれにあったソックスを選んで上手に活用しましょう。

スーパーフード!「KOMBUCHA 」

KOMBUCHA 〜昆布茶と呼んでしまいそうですね(笑)。もともとは古くモンゴル〜ロシアで愛飲されていた発酵茶で紅茶キノコのことです。

善玉菌など生きた酵素を摂取できるのです。古今東西「発酵食」は体に良いのでしょうね!全米でここ十年ほど安定して人気ナンバーワンのデトックスドリンク。日本でもモデルの山田優さんが飲んでいるとSNSで拡散されて多少は噂になりましたが、まだまだ認知度の浅いこのKOMBUCHA。

本来は手作りできるのですが、日本ではどうも難しそうです。飲みやすく圧縮したサプリドリンクが購入できます。効果は「利尿作用」「便秘解消」「アンチェイジング」とまさにスーパー!試してみる価値はありそうですね。

スーパーなフード!

もちろんお高いスーパーフードを買わなくても、むくみ解消に役だつスーパーな食べ物はたくさん!日々の食卓に積極的に取り入れましょう。

  • 生姜=代謝を上げて発汗作用を促します。
  • 生野菜=利尿効果が期待できます。特に瓜科とアスパラガスは効果抜群。
  • フルーツ=バナナ、リンゴ等、カリウムを多く含むフルーツは塩分を排出してくれます。

手っ取り早く全てをスムージーにしても良いです。いわゆる今では下火の「グリーンスムージー」。葉野菜6と果物4の割合で作ります。生姜を入れたって構いません。

冬場は体を冷やしやすいのであまりお勧めできませんが、利尿効果も便秘解消効果も抜群!夏場は水分過多になるので、特にお勧めします。

スーパーなお茶力!

利尿効果抜群のお茶を毎日たくさん摂りましょう。どくだみ茶、杜仲茶が有名ですね。ここでお勧めしたいのは「ゴボウ茶」。利尿と便秘解消に非常に効果があり、ゴボウに含まれるサポニンという成分が血行不良を改善してくれるのです。

お茶が苦手な人は「白湯」を飲みましょう。体を温めて代謝を上げてくれます。さらなる効果を期待するのならば、生姜のスライスを加えた白湯を飲むと良いでしょう。

最後に

いかがでしょうか。日々の少しの努力でむくみは解消できそうですね。

「そんな簡単に言わないで!」

って思いますか?長年のツケで溜め込んだ脂肪をとろうっていうわけではありません。セルライト除去や、ガチの減量よりよっぽど簡単ではないでしょうか。

その日のツケはその日に払う

それだけでむくみを解消して、むくにくい体を作っていけるのです。その解消法って、何もむくみだけに効くわけではないのです。

若々しく太りにくい体を作り、腸内環境を整えて、高い免疫力を養う。良いこと尽くしだとは思いませんか?

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)