小林麻央の低侵襲治療とは?現在可能な病院はどこ?

小林麻央の低侵襲治療とは?現在可能な病院はどこ?

今年6月に深刻な乳がんである事を報告し、現在は入院する病院を何度も転院しているなどという情報も流れている元キャスターである小林麻央さん。

いつ誰がなってもおかしくない病気の一つである乳がんは、がんの進行状態にもよりますが様々な治療法があり、最近特に注目されている治療法が「低侵襲治療法」になります。

【スポンサードリンク】

低侵襲治療法とは?

体にとって害のある事を、医学用語で「侵襲」と言います。手術ではメスを入れる事、薬であれば副作用などの事を言います。

以前はがんの治療は手術が主になっていて、「とりあえず切る」というのが一般的でしたが「低侵襲治療法」は、患者さんの生活の質を重要視して検査・治療においてできる限り患者さんの身体への影響を減らす事を重視した治療法になります。

低侵襲治療法の治療内容は?

通常だと手術や検査は身体にダメージを与えてしまいますが、低侵襲治療法は手術や検査などに従う痛みや出血などをできるだけ少なくした治療になるので、低侵襲治療法の場合は患者さんの負担を小さくし回復を早める事ができます。

乳がんの手術の場合、全摘出のみの選択になってしまうのは女性にとって、とても辛い決断になってしまう中で、少しでも患者さんの気持ちに寄り添って治療をしてくれる方法があることで、手術や治療で少しでも闘病生活が楽に、そして前向きに過ごせるようになるそうです。

低侵襲治療が現在可能な病院はどこ?

現在は沢山の医療機関で、様々な病気や患者さんの年齢や体型にあった低侵襲治療法を行っております。その中で乳がんでの低侵襲治療法を適用している代表的な3つの病院の特徴をご紹介いたします。

西宮市立中央病院

兵庫県にある西宮市立中央病院では、患者さんの身体の負担を出来るだけ軽減し、短期間での退院が可能となるように低侵襲手術治療に積極的に取り組んでいます。低侵襲手術治療の法の技術の一つに「腹腔鏡手術」があり、胸部や腹部に小さい穴を数個開け、そこから医療器具を入れて手術を行う手術方法になります。

この手術方法は体内を映し出すモニターを見ながら手をすすめなければならない為、高度な技術が必要とされていて、手術に従う合併症も心配されることから、技術認定医制度が実施されている方法になります。

西宮市立中央病院では腹腔鏡手術・内視鏡を用いた手術の技術認定医として登録されている医師による、高いレベルの内視鏡手術を施行していて、積極的に低侵襲治療法を行うようにしているそうです。

中央病院 国立がん研究センター

東京都中央区にある、中央病院の国立がん研究センターでは早期乳がんに対するラジオ波熱焼灼療法が、先進医療制度としての実施を承認され、平成25年8月より開始されました。ラジオ波熱焼灼療法とは、乳がんに針を刺し数分間通電することによりがん細胞を死滅させる治療法になります。

乳房を切らない為に整容性が優れている事を証明するための臨床試験を実施しています。対象となる患者さんには制限があるそうなので、検討している方は問合せをしておいた方が良さそうです。

【スポンサードリンク】

神戸低侵襲がん医療センター

こちらも、兵庫県にあります神戸低侵襲がん医療センターでは、過酸化水素(オキシドール)を使用する放射線治療を行う、「KORTUC療法」を行っております。

放射線治療は酸素を利用してがんを殺すのが通常ですが、がんは大きくなるほど細胞内に抗酸化酵素が増え、酸素が欠乏し放射線治療の効果が低下するため、抗酸化酵素を分解するオキシドールを患部にとどませるヒアルロン酸を注射することで放射線治療の効果を高めます。「酵素標的・増感放射線療法KORTUC」と言われる治療法を行っています。

乳がんの患者さんが少しでも前向きになれるように

女性にとって乳房を全摘出する事の辛さは計り知れない事だと思います。病気になり、辛い状態になったとしても、女性として生きていきたいからこそ全摘出以外の治療法があることで精神的にも前向きに病気と向き合える闘病生活を送ることができるのではと思います。

乳がんのみならず、様々な病気や患者さんの年齢、体形などによっては大きな手術をする事もあり、闘病生活の中で身体的にも精神的にも長く辛い思いをしてしまう事もあります。

患者さん一人一人の事を考えて様々な低侵襲治療法が行われるようになり、患者さん自身が少しでも楽に、そして安心して病気と向き合うことができ、辛い闘病生活だけでなく、違う治療法が選択できるようになり前向きに治療に臨めるようにという医師達の優しい気持ちが強く伝わってきます。

早期の発見が何よりも重要

小林麻央さんも一人でなく、家族みんなに支えられ闘病生活を送る中でこういった治療法を選ぶ事で頑張って治療していこうと辛い闘病生活を前向きに頑張っているのだと思います。

がんは誰にでも起こる可能性のある病気です。どんな症状がおこり、どんな治療法があるのか、病院によって異なるのでしっかりと知っておくべき大切なことだと思います。

がんの進行状態によっては低侵襲治療法が適応されない場合もあるので早期の発見が重要になっています。早期の発見によって、辛い闘病生活を送ることなく治療をする事ができるようになっているので、人間ドックや乳がん検診など日々の検査をしっかりと受けておく事が大切なのだと思います。

【スポンサードリンク】

【小林麻央さん関連記事】
小林麻央に新薬オプジーボの効果は?値段は高額だが森元首相も劇的回復
小林麻央 病院に誤診?余命にも関わる標準治療を1年半も拒んだ謎
小林麻央 現在はステージⅣの可能性 ブログで転移告白の真意とは?
小林麻央 海老蔵との馴れ初めから現在まで〜梨園の妻として生きる〜
小林麻央 病院の転院と内紛バラされ海老蔵がブログで激怒!
小林麻央の乳がんの余命に海老蔵も絶句!北斗晶と類似か
小林麻耶の病名と噂のパニック障害とは?他に有名人は?
小林麻央さんの余命に腹水が影響?その症状と原因とは?

【乳がん関連記事】
がん治療費の年平均は92万円 がん保険は不要?手術後の出費の恐怖
島田洋七の弟子 朝倉美沙が乳がん!現在のステージや症状は?
乳がんの恐さ!ステージ別の症状や生存率のまとめ
小林麻央の乳がんを機に原因やステージの詳細を調査「もし自分が…」
乳がん検診の大切さ!費用・頻度・種類など正しい知識で適切に受診
椎名法子の旦那・Jリーガー斉藤紀由がんの病状とステージは?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)