先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

小林麻央 病院に誤診?余命にも関わる標準治療を1年半も拒んだ謎

小林麻央 病院に誤診?余命にも関わる標準治療を1年半も拒んだ謎

9月に開設されたブログ「KOKORO.」で、乳がんが骨と肺に転移していることを明かし、今なお病魔と闘い続けている小林麻央さん(37)。彼女の乳がん発覚から現在の闘病に至るまでの経緯には、病院側の誤診があったのではないかという噂もささやかれています。

【スポンサードリンク】

また、週刊新潮の記事によると、彼女は乳がん発覚当初、「標準治療」を1年半も拒んでいたというのです。これは余命にもかかわりかねないことです。まだ幼い2人の子どもを抱えながら、標準治療を拒んだ理由とは何だったのでしょうか。

乳癌か乳瘤か?病院の誤診とするのは微妙な人間ドック後の判断

とある医療関係者の話によると、麻央さんが初めて乳がんを疑うきっかけになったのは、2014年2月に受けた人間ドッグでのこと。超音波検査で左胸に乳がんの疑いがあるとわかりました。

その後に訪れた、市川家との繋がりが深い港区の病院の乳腺外科では、授乳によってできる乳瘤(ミルクの塊)の可能性が高いと診断されました。しかし、授乳中にできる乳瘤と癌によるしこりの判断は難しいため、半年後の再診を勧められたそうです。

半年後の乳がん発覚

麻央さんが再び病院を訪れた2014年10月、エコーなどの検査、組織検査の針生検によって乳がんであることがわかりました。当時、脇のリンパ節にがんが移転していたことも、自身のブログで明かしています。

当時受診していた港区の病院では、抗がん剤治療によってがん細胞を叩き、手術で局所を取り除く「標準治療」を提案されますが、麻央さんが手術を受けることはありませんでした。

小林麻央さんはなぜ手術を受けなかったのか?

乳がんに詳しい医師によると、脇のリンパ節にがんが転移している状態なら、まだ手術は有効であり、港区の病院が提案した標準治療で完治する可能性が高かったそうです。

それでも麻央さんが手術を受けなかったのは、実際の病状がもっと酷かった、あるいは麻央さん自身が手術を受けたくないという希望が強かったかのどちらかだと言います。

小林麻央さんが標準治療を拒んだ空白の1年半の謎

麻央さんが「標準治療」を拒み、港区の病院を離れてから現在入院している中央区の病院を訪れるまでの1年半、何をしていたのか定かではありません。前述の医師によると、おそらく免疫療法など「非標準治療」をしていたのではないかとのことです。

そして結果的に、乳がんが皮膚から飛び出すまでに悪化し、現在の病院を訪ねることになったようです。

【スポンサードリンク】

ブログに記した後悔の念

小林麻央さんは自身のブログで、当時を振り返って次のように告白しています。

あのとき、もっと自分の身体を大切にすればよかった
あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった
あのとき、信じなければよかった

9月4日のブログに綴られていたのは、「非標準治療」に頼ってしまった自分に対する後悔の念だったのでしょうか。

育児ストレス「もう限界…」と思ったら見て欲しいCM動画4選

現在の治療と容体

ある乳腺外科医によると、麻央さんの現在の容体はステージⅣで、骨のみならず肺にも転移しているため、完治は難しいとのこと。今後できるのは、痛みや苦しみを取り除きつつ癌との共存を目指すことだと言います。

今の病院では入院当初から、痛みを取り除くなどのホスピス的な治療を行う「緩和ケア科」にかかり、現在は、腫瘍内科に外来受診して、抗がん剤治療やホルモン治療の指示を受けているそうです。

また、麻央さんは、「食欲がある」とブログに記しており、「意外と元気なのでは?」と思う人もいるようですが、乳がんの場合は胃がんなどと違って、食欲が続くことが多いとも語りました。なので、食欲だけで体調の良し悪しを判断するのは難しいようです。

今の闘病生活に至るまでの経緯を振り返って、麻央さん自身思うところがあったのかもしれません。人間ドッグから乳がん発見までのことや、その後の治療に関して「もっとこうすればよかった」という気持ちが、今も拭えずにいるのでしょうか。

ママの帰りを心待ちにしているであろう幼い2人のお子さんのためにも、麻央さんが「奇跡」を起こすことを心から願っています。

【スポンサードリンク】

【小林麻央さん関連記事】
小林麻央 病院に誤診?余命にも関わる標準治療を1年半も拒んだ謎
小林麻央 現在はステージⅣの可能性 ブログで転移告白の真意とは?
小林麻央 海老蔵との馴れ初めから現在まで〜梨園の妻として生きる〜
小林麻央 病院の転院と内紛バラされ海老蔵がブログで激怒!
小林麻耶の病名と噂のパニック障害とは?他に有名人は?

【乳がん関連記事】
がん治療費の年平均は92万円 がん保険は不要?手術後の出費の恐怖
島田洋七の弟子 朝倉美沙が乳がん!現在のステージや症状は?
乳がんの恐さ!ステージ別の症状や生存率のまとめ
小林麻央の乳がんを機に原因やステージの詳細を調査「もし自分が…」
乳がん検診の大切さ!費用・頻度・種類など正しい知識で適切に受診
椎名法子の旦那・Jリーガー斉藤紀由がんの病状とステージは?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

four + thirteen =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング