小林麻耶の病名と噂のパニック障害とは?他に有名人は?

小林麻耶の病名と噂のパニック障害とは?他に有名人は?

生放送中に体調不良を訴え、現在長期の休養をされている、フリーアナウンサーの小林麻耶さん。その原因は何なのでしょうか?一部では、パニック障害や自律神経失調症などという病名も囁かれていますが…

【スポンサードリンク】

小林麻耶さんの休業の理由とは?

病名はパニック障害や自律神経失調症などと色々と噂をされる小林麻耶さんですが、実際はとても真面目で妹さん思いの優しい方のようで、今回の突然の体調不良での長期休暇について、沢山の病名やどんな噂をされてもご自身の噂に関しては否定もせず、妹さんである小林麻央さんを守っていたのでは、とも言われています。

妹さんを守り続け、ご自身を犠牲にしてきた麻耶さんですが、その反動で闘病生活でのサポートやマスコミなどから妹さんを守ろうとする疲労感などから、体調を崩したのではと言われています。

実際のところはまだ判明されていませんが、病名としてあがった「パニック障害」に関して現代では沢山の方々が陰で闘病生活を送ってる事が多くなっているそうです。決して他人事ではなく、どんな人でも突然襲われてしまうパニック障害。

多くの方々が悩み戦っているこの「パニック障害」について、どのような症状があり、どんな人がなってしまうのか、周りの人たちはどんなサポートをしてあげられるのか、まずは、パニック障害に関しての理解が必要になります。

パニック障害とは?

まずパニック障害とはどんな病気なのかについてですが、症状として表れるのは、突然起こる激しい動悸や発汗、震え、息苦しさ、胸部の不快感、眩暈といった体の異常と、このままでは死んでしまう。と言うような強い不安感に襲われる病気です。

この発作は「パニック発作」と言われており、短いと10分~長くて1時間以内には収まるそうです。初めてのパニック発作で、救急車を呼び病院に運び込まれる場合もありますが、診察を受ける頃には発作は消えていて、血液検査や心電図検査などをしても異常は見られず、時には気のせいだと言われることもあります。

パニック障害の特徴は、このように検査をしても身体的な異常は見当たらないのに発作を起こすことです。

パニック発作自体は約20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、「また発作を起こしたらどうしよう」というようなパニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。

これは「予期不安」と言われており、予期不安は逃げ場のないような場所でのパニック発作や、発作を他の人に見られることの恥ずかしさと言った不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所や過去に発作を起こした場所を避ける行動をとるようになります。これが「広場恐怖(外出恐怖)」といわれます。

  • パニック発作
  • 予期不安
  • 広場恐怖

はパニック障害の3大症状と言われる特徴的な症状であり、この3つの症状は悪循環となってパニック障害をさらに悪化させます。

パニック障害が悪化すると、人前に出るのを嫌がり閉じこもるようになって正常な社会生活が維持できなくなります。さらに悪化すると、鬱病を併発することもあります。

【スポンサードリンク】

パニック障害の有名人

沢山の人々に注目をされる、芸能界方々の中には実は人知れずパニック障害で長い期間辛い思いをしながら闘病生活を送っている人が多いと言われています。その中でも有名だった有名な方々と理由をご紹介します。

ミスターでおなじみの長嶋茂雄さんのご長男であり現在スポーツキャスターとして活躍されている、長嶋一茂さんの場合は、お父様同様にご自身もプロ野球選手でご活躍されていましたが、現役の頃はお父様の存在が大きかった為に、非常に注目度が高くなり、精神的にかなりのプレッシャーがあったことが理由だと言われています。

プロに入り、2年目頃から悪夢にうなされるようになりパニック発作に襲われるようになったそうです。当初、病院での診断は「自律神経失調症」とされましたが、なかなか改善されない苦痛から自殺まで考えたそうです

しかし、別の病院でようやく「パニック障害」だと診断されてから治療に専念でき、現在では完全に病気を克服しています。

美容家のこIKKOさんは、30代でヘアメイクの個人事務所を立ち上げ、経営者としての責任の重さがご自身に一気にのしかかり、パニック障害を発症したといいます。IKKOさんの症状は過呼吸が始まり、それが引き金となりパニック障害へ移行したのではと言われています。

美容家として成功をしていった半面でパニック障害の症状はどんどん悪化していったそうです。パニック障害に悩むIKKOさんには心配をし、支えてくれる友人がそばにいてくれた事でリラックスができるようになり、ご自身も仕事一辺倒の生活を見直しをしてウォーキングで気分転換をしたり、心にゆとりを持つようにしたことにより、IKKOさんはパニック障害を克服できたそうです。

2003年のコンサート中に倒れ、ホームページでパニック障害であることを公表されたKinki kisの堂本剛さんは、15歳頃に単身で上京をして芸能界で活躍をしてきた中で、過度のホームシックだったりテレビ番組やコンサートで精神的に束縛された状況になっていったことから、それが徐々に恐怖になっていったのでは、と言われています。

いまだ完治には至っていないようですが、彼がパニック障害である事は周りのスタッフや関係者らも理解をし、彼の体調などに配慮をしながら仕事を続けているそうです。

大場久美子さんの場合は、お母さまが他界されたのが原因でパニック障害が発症したと言われています。同時に鬱病も発症し、自傷行為なども行ってしまっていた時期もあったそうです。約8年間の闘病生活を乗り越え、今は克服し元気に過ごされているそうです。

このように、様々な理由や症状があるパニック障害ですが、芸能界の方々の共通点としてあげられるのは周りからの過度なプレッシャーやストレスが原因になっています。

パニック障害は病院で診察をしても、しっかりとした診断結果がなかなか出ないことで改善が出来ずに苦しむ事が多い為、長い期間の闘病生活を送る方々が多いとされています。

【スポンサードリンク】

パニック障害と向き合っていく為に

パニック障害は生命に関わる病気ではないのですが、他人にはなかなか理解してもらえず、とても長くとても辛い病気です。パニック障害に悩む人はパニック発作が発生していなくても、正常の人よりも緊張の糸がピンっと張っている状態で常に強い緊張感に襲われています。その緊張の糸が切れてしまった時にパニック発作が発生してしまうそうです。

治療法としては、薬などによる医療的な治療もありますが、1番大切なのは、心身ともにリラックスをして過ごせる環境が必要だということです。

パニック障害に悩む方々にとって周りの人達のサポートがどれだけ大切かという事をしっかりと考えながらリラックスできる環境を作り、支えていけたら、パニック障害で悩む人達も少なくなっていくのではと思います。

【小林麻央さん関連記事】
小林麻央に新薬オプジーボの効果は?値段は高額だが森元首相も劇的回復
小林麻央 病院に誤診?余命にも関わる標準治療を1年半も拒んだ謎
小林麻央 現在はステージⅣの可能性 ブログで転移告白の真意とは?
小林麻央 海老蔵との馴れ初めから現在まで〜梨園の妻として生きる〜
小林麻央の低侵襲治療とは?現在可能な病院はどこ?
小林麻央 病院の転院と内紛バラされ海老蔵がブログで激怒!
小林麻央の乳がんの余命に海老蔵も絶句!北斗晶と類似か
小林麻央さんの余命に腹水が影響?その症状と原因とは?

【女性の乳がん関連記事】
乳がんの恐さ!ステージ別の症状や生存率のまとめ
小林麻央の乳がんを機に原因やステージの詳細を調査「もし自分が…」
乳がん検診の大切さ!費用・頻度・種類など正しい知識で適切に受診

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)