8時間ダイエットの方法と効果を検証!お酒や間食は厳禁?

8時間ダイエットの方法と効果を検証!お酒や間食は厳禁?

ハリウッドセレブから火がついた「8時間ダイエット」。英名はまさかの 8 Hours Diet!そのままやん!

8時間の間に全ての食事を済ませて、それ以外の16時間は胃を休める。胃を休めている時間が長いからカロリーを消費しやすい!

という、なんだか画期的のような古典的なようなニューダイエットだそうで。キャッチーな点は「8時間以内なら何を食べても良い」。ダイエッターにとっては嬉しい殺し文句だこと。

さて、効果のほどはいかに?万年ダイエッターとしてはどんなダイエットのメカニズムも知りたいところ。詳しくリサーチして、検証してみようじゃないですか!

【スポンサードリンク】

8時間ダイエット(8 HOURS DEIET )、その方法は?

朝食から夕食までを8時間以内に済ます。つまり、

  • 朝食が7:00なら15:00までに夕食を済ませる。
  • 朝食が10:00なら18:00までに夕食を済ませる。
  • 朝食が12:00なら20:00までに夕食を済ませる。

といった感じです。もともと一日2食の人にはトライしやすいですよね。あと、どう見積もっても早い時間帯に夕食を済ませるほうが効果的でしょう。

夕食と就寝時間が近ければ、消化しないまま横になって牛になってしまいますもの。子供の頃良く言われませんでした?「食べてすぐ寝たら牛になる!」って。

食事の内容

好きなものを好きなだけ食べても良い。間食もOK!あくまでもバランス良く、果物やたんぱく質や野菜も摂ること。

一日2つ以上のスーパーフードを摂取

スーパーフード、代表的なものを挙げてみますね。

  • ナッツ
  • ベリー
  • 乳製品
  • 葉物
  • 卵と脂質の少ない肉
  • 穀物(玄米)
  • 明るい色の果物
  • 豆類

水分をたくさん摂る

食事中も食間も、たくさん水分を摂ること。

16時間の間に許されるもの

  • ブラックコーヒー
  • 白湯
  • お茶
  • 無糖紅茶

果汁入りや砂糖入りの、糖類やカロリーがあるものはNGです。

アルコールは?

8時間の間なら、適量であればOK!

一日8分の運動

胃を休めている間に体が代謝して痩せるので、たった8分の運動で良い。

8時間ダイエットの突っ込みどころ

ここまでで随分と突っ込みどころがあります。

好きなものを好きなだけ食べても良い?人は通常10〜12時間の間に分けて食事をとるのですが、それを8時間に絞られたら、入るものも入りませんよ。よって、少食になって自然に痩せますよね。

スーパーフードの必須項目が素晴らしい。好きなものをいくら食べても良いという定義からは程遠い「バランスの良い食事療法メニュー」じゃあないですか!穀物(玄米)て!

なかなかガチのダイエットメニューですね(笑)。8時間に絞らなくても、毎日摂っていたら痩せるのでは?

アルコールは適量ならOKって言われても、お酒が好きな人は夜呑みますよね。縛りの8時間ってだいたい昼から早晩ですから、なかなか呑む機会がない!よって、お酒を減らした分、当然痩せますよね。

一日8分の運動、、、洗濯もの干すだけでもいいのかしら?有酸素運動って20分からが基本です。本当に8分の運動で劇的に痩せるのなら、胃が小さくなって摂取カロリーが減った上に筋力が落ちたせいでしょう。筋肉って脂肪より重いですから。

と、いろいろ毒を吐きましたが、あくまでも個人的な感想です。それでは、8時間ダイエットはなぜ効くと言われているか見てみましょう。

【スポンサードリンク】

8時間ダイエットのメカニズム

英語の8 Hours Diet の解説には、「Fasting=断食」と表現されています。要は16時間のプチ断食なのです。断食がもたらす効果こそがこのダイエットの特徴です。

  • 脂肪が燃えやすくなる
  • 胃腸が回復する
  • 消化吸収がよくなる
  • 便秘解消

絶食中、体は「消化」「排泄」「代謝」に優先して働きます。就寝中に胃腸を休めることで、胃腸の排出機能や消化機能が正常化し、便は出やすくなります。

また、長いこと空腹だった胃腸は真っ先に飛び込んできた食事をとても早く吸収し、不必要なものを消化します。消化処理がスムーズだと余分な脂肪は蓄えられないので、痩せていくのです。

理に適っていますね。その通りだと思います。なんなら私もやってみたい!

テレビでも特番が組まれて芸能人も痩せたとか。あと、ツイッターを見ていてもツイートの数がハンパない!このダイエット、すごい人気ですね。

でも逆に太ったという声も聞かれます。きっと摂取カロリーが消費カロリーを上回ったのでしょう。もともと少食の人には効果が薄いでしょうし、夕食と就寝時間が短い人にも効果は出ないのでしょうね。

8時間ダイエットに関するQUESTION

ここからは、8時間ダイエットについてよく聞く質問をまとめてみました。

なんで8時間がベストなのか?

って所が弱いですよね。そんなタイトにしなくても、ちゃんと毎日腹八分のバランス良い食事と十分な水分をとって、運動して、お酒も控えて、夕方早い時間に食事を終えて、良く寝る。

これではダメなのでしょうか?10時間でも効果がある!って書いてたりしますが、それってもう8時間じゃなくていいじゃん!って思ってしまいます。

当たり前の食生活がムヅカシイ現代人だから、太っちゃったり体壊したりして空前のダイエットブームが起きてしまうんでしょうね。そして8時間ダイエットやら糖質制限などなどのダイエットビジネスが巻き起こるんです。

医学的には信頼度が高いけれど物理的には?

  • 主婦は子供と一緒に食卓を囲むために、8時間縛りを適応できるのか?
  • ビジネスマンに果たして夜の会食は避けれるのか?
  • コミュニケーションツールのお酒を早晩に終わらせるのか?

現代人にとっては結構ストイックなダイエットですよね。

ダイエットビジネスの真実

毒吐くついでに、もう一つ。調べているうちに知ってしまいました。このダイエット、どうやら土台があるというかパクリのようです。2007年に発表されたリーンゲインズというダイエット方法に酷似してます。

これも8時間縛りだけれどさらに厳しいハードなウェイトトレーニングと食事管理が加わります。そりゃあ効果ありますよね!

8時間ダイエットの考案者は、このリンゲインズダイエットから厳しい部分を削ぎとってEASYバージョンを提唱したってところでしょうか?

ダイエットはEASYに痩せたいと願う平和な人々。難しいこと言われるより、「何を食べてもいい」「運動は8分」と言われる方が乗っかりますよね!

親がどんなに

  • 「お菓子ばっかり食べるな」
  • 「食べてすぐ寝たら牛になる!」

と言っても聞かないのに、ハリウッドセレブがなんたらって聞いたらすぐ食いつく、平和な庶民の性質を利用した戦略です。

恐ろしいですよね、ダイエットビジネス。

8時間ダイエットの結論

効果的だけど実用的ではない。

体に害を及ぼすことはないでしょう。むしろに信頼度の高い体質改善のための健康法だと思います。おまけに痩せられる。けど、実用的ではないですよね。それでもやれる人は是非やれば良いと思います。否定しているわけでは決してないので。

私としては、「食べてすぐ寝たら牛になる」の法則通り、早めに夕食を終わらせて胃を休める。日々バランス良い食事を腹八分目でいただく。これだけでいいのではないかと思います。

本当に早く痩せたい人は、この健康法に手を加えたら良いでしょう。カロリー計算をして、運動もちゃんとする。

でもね、たとえ翌日少し体がむくんだとしても、遅い主人の帰りを待って晩酌したい夜もある。疲労した頭脳を癒すべく、チョコをつまみたくなる夜もある。映画見ながらポテチをやらかしたい夜もある。で、翌日に後悔して運動したりする。

こんな感じで、精神衛生上ハッピーなことをやりつつ戦っていく、ってのがまた人間らしくて良いのでは?と思います。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)