手作りの布ナプキンの簡単な作り方!

手作りの布ナプキンの簡単な作り方!

フロプリー
布ナプキン、興味があるけれど、なかなか買うまでに至らない・・、こういう方は結構多いと思います。使えるのかどうか不安だし、価格も安くないし、いろいろな形もあって、どれを選んでいいか分からない、など悩んでいる理由は様々だと思います。でも悩んでいるくらいなら、始めてみませんか。

購入することに二の足を踏んでいる方は、是非ハンドメイドしてみませんか?大丈夫、簡単です。手作りのオリジナル布ナプキンで、体の変化を感じてみてくださいね!

そもそも布ナプキンとは?

知っているようで、知らない布ナプキンについて、そのメリットもあわせてお伝えします。

布ナプキンとは?その人気の理由

布ナプキンは、名前の通り、布でできたナプキンのこと。繰り返し洗って使います。ゴミが出ないのでエコだという点、快適だという点から、人気がでています。

素材は?

既製品ではオーガニックコットンのものが人気です。オーガニックコットンでない場合も、綿のものがほとんどです。ガーゼ、天竺、ネル、タオルなどの生地を重ねて組み合せてあるものが多いです。

化学繊維のものと違い、冷えない、肌を傷めない、という点が布ナプキンのメリットです。

形は?

真四角のものや長方形、羽つきのものがあります。真四角のものは折りたたんで使いますが、その折り方により形を変えることができます。また、量にあわせて布ナプキンの間にもう一枚布をはさんだりすることができます。

このように自分の体の状態にあわせて調整できるのが布ナプキンのメリットです。
アンボーテ

それでも躊躇してしまうのは?

それでも、布ナプキンを使うのに躊躇してしまう…、その理由はなんでしょうか。

もれないか心配

紙ナプキンと違って、吸水性が抜群に高いわけではないので、もれないかどうか心配な人が多いです。慣れるまでは、生理の始めや終わり頃の経血が少ない日中から始めてみましょう。

外出先が面倒

使ってみたいけど、外出するときはどうすればいいのかと躊躇してしまう人もいます。最初から無理をせずに、家の生活からはじめましょう。外出先では、持ち帰れるように、ジッパー付きの袋を用意します。

洗うのが面倒

洗うのが大変なのではと面倒だという人もいます。また家族がいる人だと、つけ置きできない、という悩みも。

洗うのは、基本つけ置き洗いです。まず最初にある程度流水で流してから、水につけて1昼夜おきます。ひどいときには、アルカリウォッシュを入れると落ちます。その後は、手洗いしても良いですし、他のものと洗濯機に入れても大丈夫です。

つけ置き洗いには、蓋つきのバケツがあると便利です。家族の目が気になる人は、ベランダや庭先に置いても良いでしょう。

値段が高い

布ナプキンを買おうと思うと、1枚1,000円位するため購入を控える人もいます。紙ナプキンも購入し続ければ数千円となるのですが、まとめて購入しないので、あまり高いイメージがないかもしれません。

布ナプキンは、その素材や工夫により価格が高くなっているものもあります。ただ、価格の点で躊躇している人ほど、お勧めしたいことがあります。それが、布ナプキンをハンドメイド、手作りする方法です。
プリンセスアンダー

すごく簡単に手作りする方法

ここでは型紙を使わず、ハンドタオルでつくる方法を紹介します。

2枚そのまま重ねてつくる

2枚重ねて、上下のふちをステッチします。
スナップをつけます。対角線上の角の部分に2箇所つければ、長い羽つきの布ナプキンができあがります。加えて、左右の辺に2箇所ずつスナップをつけます。この場合は、少し短いタイプの羽根つきになります。

羽を使わない場合は、三つ折りにして使っても良いでしょう。2枚の間が空いているので、量が多いときには、もう1枚布を挟むことができます。

2枚を45度で重ねてつくる

2枚重ねますが、ただ重ねるのではなく、45度回転させて重ねます。重なっている部分を縫い合わせて使います。2枚のうち1枚に対角線上の角の部分に2箇所つければ、羽つきの布ナプキンができあがります。もう1枚は、三つ折りにして使います。

それでも、面倒なあなたに

手作りが本当に出来ない、という方のための方法です。

使い古しのTシャツを使う

使い古しのTシャツは、とても柔らかくなっています。適当な大きさに切って、折りたたんで使いましょう。

赤ちゃんの布おむつを使う

もし育児をしていて、赤ちゃんのときに布おむつを使っていたら、それを布ナプキンとして利用できます。もちろん、布おむつがなかったら、さらしでもいいです。

使い古しのタオルを使う

使い古しのタオルを半分に切って使います。量の多いときには、切らないで使います。温泉地で購入するようなタオルや、年始に挨拶代わりにもらえるタオルのようなちょっと薄めのタオルがお勧めです。

最後に

使うかどうか悩んでいる場合は、まずは、使い古しの布をあててみましょう。布ナプキンの最大の利点は、自分の経血をチェックできること。その体験が、自分の体を大切にするきっかけになるはずです。体の変化を感じることができれば、きっと、1枚、また1枚、と増えていくと思います。無理せず、ストレスなく続けていきましょう!
黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)