携帯をなくした時に悪用される危険性は?

携帯をなくした時に悪用される危険性は?

携帯をなくした経験は無いでしょうか。もし本当になくしたとしたら、悪用される危険性はどの程度高いのでしょう?今回はその点に迫ってみたいと思います。

【スポンサードリンク】

家の中で紛失したり、荷物の中に紛れ込んでいたりするケースが多いと思いますが、外出先でなくしてしまい、二度と戻ってこないことも決して珍しくありません。

そのまま機種変更を行い、電話帳の登録も位置からやり直しになる場合もあります。紛失した端末のことも、いつしか忘れてしまうのではないでしょうか。

しかし、携帯をなくした後も油断はできません。何故なら、第三者に悪用されてしまうおそれがあるからです。端末をロックしているかどうかによりますが、もしロックしていなかった場合、電話帳のデータを抜き取られる可能性があります。

自分の名前などプロフィールのデータはもちろん、登録した人の電話番号・メールアドレスは業者に転売されることも無いとは言えません。

【スポンサードリンク】

また、端末そのものを業者が転売するケースもあります。携帯が使用可能な状態で紛失した場合、仮にロックをしていてもデータを初期化され、中古品として売られるリスクがあるのです。

使用可能な状態の端末は、SIMカードを抜いてしまえば誰でも使えてしまいます。また、完全にデータを消去されるとは限らず、その端末を購入したユーザーが残っていたデータを悪用するおそれもあります。

万が一なくした時は、まず契約している携帯会社に連絡しましょう。お店へ出向いて直接停止してもらうか、専用のコールセンターへ連絡し、利用停止措置が必要になります。

必要に応じて、新しい端末を購入しましょう。通常はSIMカードも再発行が必要ですが、機種変更扱いとなるため、今まで使っていた番号やメールアドレスはそのまま使用できます。ただし、電話帳については再登録が必要な場合が多いので注意しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)