なくしたものを見つける方法 はさみを使う技とは?TVでも紹介

なくしたものを見つける方法 はさみを使う技とは?TVでも紹介

「あれはどこに行ったんだろう?」と、ものをなくした経験が無いでしょうか。大切なものが紛失した際のショックは大きいし、必要なものが見つからないと焦ってしまうかと思います。しかし、いつまで経っても見つからないことも珍しくありません。なくしたものは、いったいどこへ行ってしまったんでしょうか?

【スポンサードリンク】

探しても全然見つからなかった時は、はさみに頼ってみましょう。「ハサミさん」という占いですが、なくしたものを見つける方法として、実はテレビに取り上げられたことがあります。放送終了後はネット上のSNSなどで大きな話題となり、実際にものが見つかった方が相次いだようです。どうしても見つからない、何としても見つけたい時は、一度試してみてはいかがでしょうか。

方法は簡単です。最初にはさみを利き手に持ちます。次に耳の横に持ち上げ、紛失したものについて語り掛けてみましょう。この時チョキチョキと動かしてみるのも良いです。そのまま紛失したものを探し続けましょう。するとどうでしょうか。意外なことに、これで見つかったという方が少なくないのです。

【スポンサードリンク】

ものを見つけるには、まず自分の記憶を辿っていく方がほとんどかと思います。しかし、ここで記憶が曖昧な状態や、勘違いしてしまっていることも珍しくありません。全然見つからず、何日も探し続けることもあるでしょう。

この方法はあくまで占いに近いですが、一度試してみてはいかがでしょうか。ただし、はさみを持ち上げている状態は危険です。間違っても髪や耳を切らないように注意しましょう。また、周囲に誰かがいる時は怪我をさせてしまうおそれがあります。捜し物に気を取られるあまり、転倒や机などへの衝突にも注意が必要です。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)