マイナンバーをなくした場合の必要な手続き

マイナンバーをなくした場合の必要な手続き

2016年1月より新たに始まった制度がマイナンバーです。国民一人一人に個人番号が割り当てられ、確定申告や健康保険、年金などの社会保障分野で使用されます。誰にとっても重要な制度で、例えば会社員の方が年末調整を行う際、番号を会社に教える必要があります。郵便で通知カードが届いていると思いますが、万が一なくした場合はどうするべきでしょうか?

【スポンサードリンク】

まずやるべきことは一時利用停止申請です。マイナンバーは個人情報の固まりであり、もしも第三者に番号が知られてしまうと、悪用されるおそれがあります。そのため、利用を防ぐために停止させる必要があるのです。個人番号カードコールセンターへすぐ電話しましょう。受付時間には注意が必要です。

次に番号カードの再発行手続きを行います。マイナンバーコールセンターへと電話し、紛失したことを伝えましょう。その後警察で個人番号カードの紛失届を提出し、紛失届受理証明書を受け取ります。更にそれを持って役所へ行く必要がありますが、住民登録してある市区町村で手続きしなくてはいけません。現住所と住民票の住所が違う方は注意しましょう。市区町村の役所にある窓口へ紛失届受理証明書を持って行くと、新しい個人番号カードが発行されます。

【スポンサードリンク】

ただし、なくした際の状況によっては、一時利用停止申請や警察への届け出が不要な場合もあります。一度マイナンバーコールセンターへと電話し、確認してみると良いでしょう。悪用を防ぐためとはいっても、紛失時は停止などの手続きなどをしなくてはいけません。再発行の際には手数料も掛かってしまいます。税金関係を始め、様々な手続きに利用しますので、なくさないよう大切に保管することをおすすめします。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)