財布をなくした上に免許証を悪用された実例を紹介

財布をなくした上に免許証を悪用された実例を紹介

財布をなくした場合、カード類の利用停止や再発行手続きを行う必要があります。保険証や免許証を入れている方も多いと思いますが、これらもすぐに再発行手続きを行い、悪用を防ぐことが大切です。

【スポンサードリンク】

本当にそんなことがあるのか、と考えてしまうかもしれませんが、第三者の手に渡ると、個人情報が漏れだしてしまうだけでなく、詐欺などに使われることもあるのです。

例えば、免許証を赤の他人に身分証明書として利用されたケースがあります。無免許だったにも関わらず、拾った免許証を使用して車の運転を繰り返し、果ては携帯電話の契約、その他身分証明書の提示を求められた際に悪用していたそうです。結局その男は逮捕されましたが、顔写真と実際の顔が異なっていた点は、整形したとごまかして乗り切っていたという、少々呆れてしまうような実例です。整形したと言い張れば、簡単に騙されることを逆手に取った手法と言えます。

【スポンサードリンク】

保険証は更に厄介で、悪用された例も少なくありません。例えば拾った保険証を使い、消費者金融で他人にお金を借りられた方がいます。仮に有効期限が切れていても、そこまで確認しないケースもあります。そのため、身分証明書として勝手に使用され、消費者金融からの連絡で悪用に気付いたそうです。再発行を行ったとしても、第三者の手に渡ってしまえば安心はできない事例と言えるでしょう。

このように見ると、悪意を持って使用されるケースが後を絶ちません。財布が紛失時のまま戻ってきた場合でも、念のため再発行などの手続きを行ったほうが良いでしょう。誰かに使われた後、財布の中に戻された可能性もあります。番号を抜き取られるだけでも詐欺に使われることがありますので注意しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)