夫婦2人の食費の平均は?賢い節約術

夫婦2人の食費の平均は?賢い節約術

最近は2人だけの時間を楽しみたいとして、あえて子供をつくらない夫婦も増えています。今回は、そんな夫婦2人の平均の食費はどのくらいなのかについて、賢い節約術と併せて紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

日本の食卓の良いところは、美味しいものが何でも揃う事です。そうは言っても、収入の減少で食事内容をケチらなければならないのが現状です。

例え夫婦二人であっても、ちゃんと節約しなければ生活に大きな負担が掛かります。そこで上手に節約生活を楽しむ工夫をしてみましょう。

一般的な夫婦二人の平均的な食費は2016年現在で、一般的に3万円~4万円とあります。この中にはレストランやカフェでの外食も含まれています。もし、共働きで互い忙しいご夫婦では、昼ごはんの費用も加算されますので、7~8万円になってしまう事も少なくありません。

そこで現在費用が嵩んでいると思われるご夫婦は、是非4万円以下を目指す様に工夫してみてください。若いカップルでは食べる量が多く、肉や魚と高級食材にお金を掛けやすいでしょう。

ですが価格の安い米や麺類パンと一緒に、腹持ちの良い植物性タンパク質を多目に摂ると節約になります。根菜類や豆類を多目にメニューに載せて、肉・魚のボリュウムを抑えるならば健康にも良いのです。

【スポンサードリンク】

老夫婦の場合は比較的食費が掛かりません。平均でも2万円台をキープしています。収入に難がある方でも無理のない食事ができる傾向にあります。どちらにも言える事は外食を積極的にひかえる事です。その分食材を豊かにして、栄養のある食卓にしていきましょう。

節約には調理済の缶詰を利用する事もできます。グラムから考えると贅沢に思えますが、調理をしませんので、調味料や光熱費が掛かりません。またコロッケやカツなどの惣菜もリーズナブルです。

それから、カット野菜を利用しましょう。最も大きなロスは生鮮食品です。食費の20%以上を捨てている家庭が頻繁にあると言います。また衝動買いは無駄のモトです。メモをしてからセール品の多い、スーパーなどへ買い物に行きましょう。

【スポンサードリンク】

【食費・節約術の関連記事】
食費など家計の節約術お役立ち4選!
節約生活のススメ!子育てしながら貯金を増やす5つの方法
4人家族の食費の平均は?節約のコツ
5人家族の食費の平均と貯金を増やす節約術
女性一人暮らしの食費の平均は2万以下?20代女性の切実な懐事情

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)