超恥ずかしい!女としての失敗談6選 彼氏との初旅行でまさかの…

超恥ずかしい!女としての失敗談6選 彼氏との初旅行でまさかの…
【スポンサードリンク】

誰しも恥ずかしい経験をしたこと、1つや2つありますよね?

私の場合は1つや2つではとても収まらないぐらい失敗をしています。今でこそ笑い話ですが、当時は恥ずかしくて消えたくなるようなこともいくつかありました。

「こんなことあるある!」から「こんなことある?」なことまで、リアルではちょっと言いにくい失敗談を6つ、恥を忍んでお話しします。

1. 白はパンツに要注意

その日は、1人でショッピングしようと、お気に入りの白いロングスカートを履いて繁華街を歩いていました。いくつかショッピングを終えてそろそろ帰ろうかと歩いていると、3人組の男性が後ろからやって来ました。声をかけられ、何の用かと怪訝な顔をしていると、「言いにくいんですけど、パンツ透けてますよ」とご丁寧に教えてくれました。

その場では、「あ、ありがとうございます?」と言ったものの、

  • 「ここまでパンツ透けたまま歩いていたのか」
  • 「今までずっとパンツが透けていることに気づかずにこれを履いていたのか」

と、ちょっとしたパニック状態。

とりあえず近くのお店でスパッツを購入し、そそくさとトイレに駆け込みました。確かに前から見たら分からないですが、後ろはがっつり透けていました。裏地があるから大丈夫だと思っていたのに、あんまり意味がなかったようです。

2. 焦っていても確認は必要

旅行先でトイレに行きたくなったとき、なかなか見つからずかなり我慢の限界が近づいていました。やっとトイレを見つけ、一目散に駆け込んだら、なんと男子トイレ

無人ならまだよかったのですが、今まさに用を足している男性が目の前に2人…。トイレに行きたかったことも一瞬忘れてしまうほど、大慌てで男子トイレを後にしました。どんなに急いでいても、必ず確認は必要だと悟った出来事でした。

【スポンサードリンク】

3. ここはあなたの家じゃない

高校時代の友人と数人で宅飲みをした時のことです。ずいぶんとお酒を飲んで、その日は友人の家にみんなで泊まりました。私はお昼からバイトがあったので、1番に起きて2日酔いのままとりあえず帰宅しました。

家に着くと、昨夜一緒に飲んでいた友人から携帯に着信があり、「ショートパンツと靴下の片方忘れてない?」と言われたのです。まさかと思って足元を見たら、確かに靴下が片方ない。短めのニットワンピースの下に履いていたショートパンツもない。

真冬だったので、厚手のタイツを履いていたし、コートで隠れてわからなかったとはいえ、これは大失態。忘れ物は宅飲みをしたメンバーが、ご丁寧にバイト先まで届けて頂けてくれたのですが、恥ずかしい限りでした。脱いだ時は完全に、自分の家にいるつもりだったんでしょうね。

4. 公園中の注目の的

自転車で、近くのショッピングセンターに行く道中のことです。ショッピングセンターまでは、途中の公園をショートカットするとかなり近道になります。いつものように公園を横切ろうと自転車を走らせていたところ、思いのほか勢いが付きすぎて、砂利に車輪をとられてしまいました。

とにかく止まらないと危ないと思っているうちに、公園の真ん中に差しかかったところで、派手に転倒してしましました。遊具で遊んでいる子供たちはもちろん、散歩中の犬にまで憐みの目で見られる始末。

タイツがビリビリに破れ、擦りむいた足よりも、公園中にいる人たちの視線が痛く、慌てて立ち上がって走り去りました。それ以来恥ずかしくて、あの公園には入っていません。

5. そういうデザインではない

バイトに遅刻寸前で、家を飛び出した日のことでした。とにかく、目についた服を着て慌てて家を出たのですが、お店に着くなり、店長に大爆笑されてしまいました。

何事かと思ったら、「ズボンが後ろ前逆だよ」と言われてびっくり仰天、なんと後ろにあるはずのポケット2つが真ん前に。履いていたのはレギパンで、ウエストはゴムになっていてチャックも無く、前後逆なことに全く気付かずお店まで来てしまったのです。

ここまで電車にも乗ってきたし、電車はそんなに混んでいなかったので、絶対ほかの人にも気づかれていたんだろうなと思うと顔から火が出る思いでした。

店長に「そういうデザインの服だったと思えば?」と笑いながら言われましたが、大爆笑していた張本人に言われても何の慰めにもなりません。それからは、どんなに慌てていても、後ろ前はしっかり確認するようになりました。

6. 彼氏との初旅行で気が緩み…?

当時付き合っていた彼と初めて沖縄へ旅行に行った時のことです。

初日の夜はお店をはしごして、楽しくお酒を飲んでいたつもりでした。ここからの記憶はありませんが、3件目のお店で、トイレから帰ってこない私を心配した彼が、店員さんに頼んでトイレを開けてもらうと、大股を開いて爆睡する私の姿が…。

記憶が無いので、気づいたら朝だったのですが、次の日にその話を聞いて大ショック。彼もショックだったとは思いますが、まだ付き合って日が浅かったので、そんな姿を見られたかと思うと残りの2日間はまともに楽しめませんでした。

なんとなくそのことが引っかかってしまい、その後間もなくお別れしました。

【スポンサードリンク】

いかがでしたか。誰しも多かれ少なかれ、恥ずかしい失敗はあると思いますが、時が経てば笑い話になるものです。とは言え、これ以上恥ずかしい失敗をしたくなというのが、今の私の心境です。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)