先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

超恥ずかしい!女としての失敗談6選 彼氏との初旅行でまさかの…

超恥ずかしい!女としての失敗談6選 彼氏との初旅行でまさかの…
【スポンサードリンク】

誰しも恥ずかしい経験をしたこと、1つや2つありますよね?

私の場合は1つや2つではとても収まらないぐらい失敗をしています。今でこそ笑い話ですが、当時は恥ずかしくて消えたくなるようなこともいくつかありました。

「こんなことあるある!」から「こんなことある?」なことまで、リアルではちょっと言いにくい失敗談を6つ、恥を忍んでお話しします。

1. 白はパンツに要注意

その日は、1人でショッピングしようと、お気に入りの白いロングスカートを履いて繁華街を歩いていました。いくつかショッピングを終えてそろそろ帰ろうかと歩いていると、3人組の男性が後ろからやって来ました。声をかけられ、何の用かと怪訝な顔をしていると、「言いにくいんですけど、パンツ透けてますよ」とご丁寧に教えてくれました。

その場では、「あ、ありがとうございます?」と言ったものの、

  • 「ここまでパンツ透けたまま歩いていたのか」
  • 「今までずっとパンツが透けていることに気づかずにこれを履いていたのか」

と、ちょっとしたパニック状態。

とりあえず近くのお店でスパッツを購入し、そそくさとトイレに駆け込みました。確かに前から見たら分からないですが、後ろはがっつり透けていました。裏地があるから大丈夫だと思っていたのに、あんまり意味がなかったようです。

2. 焦っていても確認は必要

旅行先でトイレに行きたくなったとき、なかなか見つからずかなり我慢の限界が近づいていました。やっとトイレを見つけ、一目散に駆け込んだら、なんと男子トイレ

無人ならまだよかったのですが、今まさに用を足している男性が目の前に2人…。トイレに行きたかったことも一瞬忘れてしまうほど、大慌てで男子トイレを後にしました。どんなに急いでいても、必ず確認は必要だと悟った出来事でした。

【スポンサードリンク】

3. ここはあなたの家じゃない

高校時代の友人と数人で宅飲みをした時のことです。ずいぶんとお酒を飲んで、その日は友人の家にみんなで泊まりました。私はお昼からバイトがあったので、1番に起きて2日酔いのままとりあえず帰宅しました。

家に着くと、昨夜一緒に飲んでいた友人から携帯に着信があり、「ショートパンツと靴下の片方忘れてない?」と言われたのです。まさかと思って足元を見たら、確かに靴下が片方ない。短めのニットワンピースの下に履いていたショートパンツもない。

真冬だったので、厚手のタイツを履いていたし、コートで隠れてわからなかったとはいえ、これは大失態。忘れ物は宅飲みをしたメンバーが、ご丁寧にバイト先まで届けて頂けてくれたのですが、恥ずかしい限りでした。脱いだ時は完全に、自分の家にいるつもりだったんでしょうね。

4. 公園中の注目の的

自転車で、近くのショッピングセンターに行く道中のことです。ショッピングセンターまでは、途中の公園をショートカットするとかなり近道になります。いつものように公園を横切ろうと自転車を走らせていたところ、思いのほか勢いが付きすぎて、砂利に車輪をとられてしまいました。

とにかく止まらないと危ないと思っているうちに、公園の真ん中に差しかかったところで、派手に転倒してしましました。遊具で遊んでいる子供たちはもちろん、散歩中の犬にまで憐みの目で見られる始末。

タイツがビリビリに破れ、擦りむいた足よりも、公園中にいる人たちの視線が痛く、慌てて立ち上がって走り去りました。それ以来恥ずかしくて、あの公園には入っていません。

5. そういうデザインではない

バイトに遅刻寸前で、家を飛び出した日のことでした。とにかく、目についた服を着て慌てて家を出たのですが、お店に着くなり、店長に大爆笑されてしまいました。

何事かと思ったら、「ズボンが後ろ前逆だよ」と言われてびっくり仰天、なんと後ろにあるはずのポケット2つが真ん前に。履いていたのはレギパンで、ウエストはゴムになっていてチャックも無く、前後逆なことに全く気付かずお店まで来てしまったのです。

ここまで電車にも乗ってきたし、電車はそんなに混んでいなかったので、絶対ほかの人にも気づかれていたんだろうなと思うと顔から火が出る思いでした。

店長に「そういうデザインの服だったと思えば?」と笑いながら言われましたが、大爆笑していた張本人に言われても何の慰めにもなりません。それからは、どんなに慌てていても、後ろ前はしっかり確認するようになりました。

6. 彼氏との初旅行で気が緩み…?

当時付き合っていた彼と初めて沖縄へ旅行に行った時のことです。

初日の夜はお店をはしごして、楽しくお酒を飲んでいたつもりでした。ここからの記憶はありませんが、3件目のお店で、トイレから帰ってこない私を心配した彼が、店員さんに頼んでトイレを開けてもらうと、大股を開いて爆睡する私の姿が…。

記憶が無いので、気づいたら朝だったのですが、次の日にその話を聞いて大ショック。彼もショックだったとは思いますが、まだ付き合って日が浅かったので、そんな姿を見られたかと思うと残りの2日間はまともに楽しめませんでした。

なんとなくそのことが引っかかってしまい、その後間もなくお別れしました。

【スポンサードリンク】

いかがでしたか。誰しも多かれ少なかれ、恥ずかしい失敗はあると思いますが、時が経てば笑い話になるものです。とは言え、これ以上恥ずかしい失敗をしたくなというのが、今の私の心境です。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

1 × 1 =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング