先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

平愛梨が長友佑都のアモーレでいるために!結婚後の女性の変化と夫に期待する事

平愛梨が長友佑都のアモーレでいるために!結婚後の女性の変化と夫に期待する事

先日のサッカー日本代表・長友佑都選手と平愛梨さんの熱愛報道。「アモーレ」がすっかり流行語になりましたね。

サッカー大好きな私としてはとても嬉しいニュースでした。お二人もいずれは結婚されるのかなぁと思うと、このまま幸せなゴールインをしてほしいなと思います。

ですが一方で、女性からすると、「結婚後このままのラブラブ感を保っていけるのか!?」という心配も頭をよぎってしまいます。よく聞きますよね。

  • 「釣った魚に餌やらない」
  • 「付き合ってた頃はどこどこに連れてってくれたのに…」
  • 「記念日は毎月お祝いしてくれたのに…」
  • 「優しいのは最初だけだった…」

などなど。もう定番の「夫婦あるある」ですよね。結婚後は恋人同士から家族に形が変わりますし、さらに子供が産まれたら2人の関係性もまた変わっていきます。

では、どのように変わっていくのか、妻は夫に何を期待するのか、妻の目線で書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

長友佑都選手の「アモーレ」は男らしい会見と好評

会見をご覧になった方はご存知だと思いますが、記者から熱愛報道について聞かれると、長友選手はとても男らしい答えをしていました。

  • 「いずれは結婚したいと思っています」
  • 「僕のアモーレ(イタリア語で愛する人)です」

など、包み隠さずはっきりとお話しされていて。

見ていた私としては、

  • 「幸せそう!」
  • 「羨ましい〜!」
  • 「いいな〜」

と一人でニヤニヤ。

ですがこのお二人、今は遠距離恋愛中なんですよね。長友選手はイタリアの首都ミラノを本拠地とするインテルに所属してますし、平愛梨さんは芸能界のお仕事で大忙し。

イタリアと日本というだけでも超遠距離なのに、さらにお二人は多忙。信頼関係が築けていないと中々難しいですよね。それでも交際1年だなんて、本当に素敵なカップルだと思います。

長友佑都と平愛梨は結婚後もラブラブでいられるのか?

恋人同士の時はラブラブで仲も良く、そのままの流れで結婚する方がほとんどだと思いますが、実際、恋人同士の頃と同じようなラブラブな結婚生活を送っているのでしょうか?

悲しいかな、答えは「No」だと思います。おそらく新婚さんと言われる、結婚後1年くらいがラブラブ期間で、その後はどんどん低空飛行へ…というのが現実かなと。

こんなことを言うと、これから結婚する人にとっては結婚生活に希望も明るい未来も持てず、単に「結婚とは怖いもの」になってしまいますね。

でも、お互いの関係性は変わるのは仕方がないと思います。やっぱり夫と妻になりますからね。恋人同士ってお互いの良いところを見せ合う事、楽しい時間を共有する事だと思うんです。もちろん、お互いを知り合うために喧嘩をしたりして距離を縮めていったりもしますけど。

でも、夫婦はまた変わります。良いところを見せ合うだけでなく、悪いところも、普段の生活も、全て見せるんです。

恋人同士の頃は、「今日は気分が乗らないなぁ…」という時はデートを断る事が出来ても、夫婦になると帰る家が同じですからね。どんなところもお互いに受け入れあって生活をしていかざるをえません。

こうなると女性は現実的になります。2人でより良く生活していくにはどうするべきか、子供はどうするのか、マイホームはどうするのか、など急に冷静になります。

【スポンサードリンク】

結婚後に妻が旦那に求めること

恋人同士の頃は、「お互いが楽しい時間を一緒に過ごせればそれで幸せ」と思っていたのに、結婚後は現実的になるのが妻。

でも、旦那様に愛想を尽かした訳ではないんですよ。妻は「夫と楽しく生活するためにどうするべきか」と考え方が変わってしまってるだけなんです。それがより明確になってるだけなんです。

でも、妻が旦那様に、「恋人同士の頃のように大事にされたい」という想いは、結婚後も変わりません。ここが女性の、妻の矛盾しているところでもあるんですが…

恋人同士の頃のように「今夜は外で食事しよう」と急にデートに誘ってくれたり、記念日にお祝いしてくれたり、サプライズで何かしてもらうとやっぱり妻としては嬉しいです。

毎日が同じ感じだと段々とマンネリ化してきてしまいますからね。たまに旦那様から非日常的な出来事を提案してくれると新鮮さがあります。

結婚後も夫婦がお互いにアモーレでいるために

恋人同士から夫婦になって、子供が産まれたら父親、母親になっていく。家族になると、段々と形は変わっていきます。

形が変わったとしても、お互いがお互いのアモーレでい続けるために一番大事なのは、月並みですが、やっぱり思いやりではないでしょうか。妻も夫も、家族が楽しめることをお互いがしていく。夫は少し妻が喜ぶことを多めにする。(笑)

これが、結婚して子育て真っ最中の私が思う、お互いが変わらずにお互いのアモーレでいる秘訣です。

長友選手と平愛梨さんのようなラブラブで幸せなカップルや夫婦が増えますように。我が家も「もう少し夫の事を大事にしなきゃ」と、熱愛報道を見て、恋人時代の気持ちに少し戻りました。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

five × 4 =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング