マイナンバー通知カードを紛失した時はどうする?

マイナンバー通知カードを紛失した時はどうする?

2016年1月からの運用開始に向けて、2015年10月から簡易書留で順次発送されているマイナンバー通知カード。非常に重要なものであるが、紛失したり誤って捨ててしまったりすることも想定される。紛失をした場合、どのような手続きをすればよいのだろうか?

【スポンサードリンク】

マイナンバー通知カードとは?

2016年1月から、社会保障・税・災害対策の手続きで利用が開始されるマイナンバー。しかし、行政の対応の遅れにより、12月になってもまだ届かない市区町村も多くあることから、自分の家にもまだ届いていないだろうと思い込み、仮に届いていたとしても放置したまま存在を忘れてしまったり、どこにしまったか見つからず紛失してしまうといったケースも想定される。

まず、マイナンバー通知カードは簡易書留で届くため、郵便受けに投函されるものではなく、自宅の誰かが郵便局員から直接受け取る必要がある。

そのため、少なくとも受け取った本人は、その時点ではマイナンバー通知カードが届いたことを認識しているはずだ。

しかし、運用開始は2016年1月からであり、使い方も全くといっていいほど浸透していないため、届いてもそのまましまっておいたり放置してしまう人が大半であろう。

それによって、受け取った本人ですら届いたことを忘れてしまったり、どこに置いたか忘れてしまって紛失してしまう人も出てくるのではないか。

マイナンバー通知カードが同封されている封筒の表には、
「通知カード 個人番号カード交付申請書 在中」
と朱書きされているため、目立つことは目立つ。

封筒の中には世帯人数分の通知カードが入っており、通知カードには、個人番号(マイナンバー)のほか、

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 発行日

が記載されているので、非常に重要な個人情報である。

マイナンバー通知カード-表

マイナンバー通知カード-裏

さらに、「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行申請書」もキリトリ線で切り取るように付いているため、今後、個人番号カードを申請する際にも必要になってくる。

そのため、万が一、このマイナンバー通知カードを紛失してしまった場合には、以下の手続きを迅速に行う必要がある。

マイナンバー通知カードを紛失した場合の手続き

マイナンバー通知カードを紛失した場合でも再発行は可能で、その場合の手続きは以下のとおり。

  1. 警察署に通知カード紛失届を提出し、遺失届受理番号を受け取る。
  2. 市区町村の窓口(通知カード担当課や戸籍住民課など)で再交付手続きを行う。

また、再交付手続きには次の書類・手数料が必要となる。

  • 通知カード再交付申請書
  • 通知カード紛失届(遺失届を届け出た警察署名とその連絡先、遺失届受理番号が記載されたもの)
  • 申請者の本人確認書類
  • 手数料500円

ちなみに総務省によると、

通知カードを紛失した場合等、令第11条第1項各号に該当した場合には、通知カードの再交付を受けることができますが、通知カードの再交付を経ずに個人番号カードの交付を受けることも可能

とされており、単に個人番号カードの交付申請をするためだけであれば、通知カードの再発行手続きは不要とのことである。

【スポンサードリンク】

マイナンバーに関する問い合わせ先

通知カード・個人番号カードに関する問い合わせ先として、次の窓口が設けられているので、何かの際には直接問い合わせてみるのが、解決には一番早いであろう。

【個人番号カードコールセンター】
0570-783-578(全国共通ナビダイヤル)
平日8時30分~22時00分、土日祝9時30分~17時30分(年末年始除く)
※ ナビダイヤルは通話料がかかります。
※ IP電話等で繋がらない場合は、050-3818-1250におかけください。

【マイナンバー総合フリーダイヤル】
0120-95-0178
平日9時30分~22時00分、土日祝9時30分~17時30分(年末年始除く)

【スポンサードリンク】

【関連記事】
マイナンバー制度とは?申請の要否や、いつから開始?などのポイントを解説
マイナンバー申請 スマホやパソコンからできる方法を解説
マイナンバーに写真は必要?サイズは?スマホやデジカメでもいいの?
マイナンバー 会社への提出は義務?拒否はできないの?
マイナンバーで副業がバレる?を検証 住民税が鍵
マイナンバー 個人番号カードのメリットは?
マイナンバーをなくした場合の必要な手続き

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)