マイナンバーに写真は必要?サイズは?スマホやデジカメでもいいの?

マイナンバーに写真は必要?サイズは?スマホやデジカメでもいいの?

2016年1月から始まるマイナンバー(個人番号)制度。まずは通知カードが届き、その後に個人番号カードを申請することになるが、申請には写真が必要とのこと。そのサイズや、スマホやデジカメで撮った写真でもいいのか等、よくある質問に答えていく。

【スポンサードリンク】

写真が必要になる個人番号カード

誤解している人も多いと思うが、マイナンバー(個人番号)が記載されているカードは2種類ある。

最初に、全世帯に届くのが「通知カード」。そして通知カードには「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行申請書」というものが付いていて、それをキリトリ線で切り離して、必要事項を記入し、返信用封筒に入れて申請すれば交付されるものが「個人番号カード」。

最初に届く通知カードは、その名の通り、個人番号(マイナンバー)を通知するだけのもの。マイナンバーさえ分かればよいという人は、この通知カードだけを持っていればよく、「個人番号カード」を申請しなくてもよい。

ただ、個人番号カードを申請して所持しておけば、それが身分証明書として使えたり、各種証明書の取得が楽になるなどメリットは多いため、個人番号カードの申請を希望する人は多いと思われる。

その個人番号カードの申請には、身分証明書として使えるからには当然とも言えるが、個人番号カードを申請する際には写真が必要となるのである。

個人番号カード用の顔写真のサイズやチェックポイント

マイナンバーの通知カードに付いている個人番号カード交付申請書の裏面に、顔写真の貼付け欄が用意されており、そこに貼った顔写真が、そのまま個人番号カードに使われ、運転免許証と同じように顔写真入りの身分証明書となるのだ。

その顔写真のサイズは、「縦 4.5cm × 横 3.5cm」と定められている。それ以外の要件は以下の通り。

  • 最近6ヶ月以内に撮影
  • 正面、無帽、無背景のもの
  • 裏面に、氏名、生年月日を記入

また、貼付ける顔写真のチェックポイント(NGポイント)としては、以下の項目が例示列挙されている。

  • 顔が横向きのもの
  • 無背景でないもの
  • 正常時の顔貌と著しく異なるもの
  • 背景に影のあるもの
  • ピンボケや手振れにより不鮮明なもの
  • 帽子、サングラスをかけ人物を特定できないもの
【スポンサードリンク】

個人番号カード用の顔写真はスマホやデジカメでもOK

証明書用の顔写真と聞くと、写真屋に行って正式な写真を撮るか、簡単に済ませようと思えば、街中の証明用写真機で撮ることをイメージする人が多いのではないかと思われるが、実は個人番号カードの申請方法は、交付申請書を送る他にも、

  • スマホ
  • パソコン
  • 街中の証明用写真機

を利用した申請方法もある。
詳細については、別の記事を参考にして頂きたい。

まとめ

マイナンバーの通知カードが届けば、すぐに個人番号カードの申請はできるため、多くの人が申請して役所が多忙になる前に、希望者は早めに申請することをお勧めする。

【スポンサードリンク】

【関連記事】
マイナンバー通知カードを紛失した時はどうする?

マイナンバー 会社への提出は義務?拒否はできないの?

マイナンバーが届かない!世田谷区はようやく配達 作成ミスも続出

マイナンバーで副業がバレる?を検証 住民税が鍵

マイナンバー制度とは?申請の要否や、いつから開始?などのポイントを解説

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)