濃溝の滝の画像・アクセス・住所・駐車場の混雑具合など体験記

濃溝の滝の画像・アクセス・住所・駐車場の混雑具合など体験記

みなさん、濃溝(のうみぞ)の滝に行ったことありますか?そこはまるでジブリのような空間の癒しスポット。こんな所が千葉県君津市にあったなんて。

都心からアクアラインで1時間ほどの距離。今年の夏、マイナスイオンたっぷりな癒しスポットに出向いてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

こんな素敵な写真が撮れて間近で見ることが出来ますよ。
写真1

濃溝の滝へのアクセスと住所 車のカーナビ設定に注意

濃溝の滝は千葉県君津市にあります。都心からアクアラインで1時間程の場所です。電車やバスなど公共機関でも行くことが出来ます。

車の場合、Googleナビやカーナビなどの行き先入力の時に「濃溝の滝」と設定してしまうと、訳の分からない車で通れないような険しい道に行かされます。

そこは全然違う場所を案内されてしまうんです。色々調べてみたところ、濃溝の滝に行くには近くに千寿の湯という温泉があるのですが、そこを目指して行くのがスムーズだそう。

千葉県君津市笹1954-17

と入力して行ってみてくださいね。この写真が車で行く場合の目印です。
濃溝の滝2
公共機関の場合、上総亀山駅からデマンドタクシーを利用して行くことが出来ます。高速バスも出ているようなので、道路が混雑している夏休みシーズンでしたら公共機関の方が良いかもしれません。

デマンドタクシーの詳細については君津市役所ホームページに載っていますので、利用される人は見てみて下さい。行き方も詳しく載っていました。

濃溝の滝の駐車場はお昼には既に混雑(画像あり)

私は夏休みシーズンには入っていますが、平日に行ってきました。お昼頃に現地に着くともうすでにこんなに駐車場は車でいっぱいです。人気スポットというのが一目瞭然。
濃溝の滝3
濃溝の滝4

駐車場から濃溝の滝までのアクセスと目印 ベビーカーでも大丈夫!

さぁ、いざ着いて出発です。濃溝の滝に行く入り口にはこんな看板がたっています。
濃溝の滝5
なんと、濃溝の滝には451歩で行けるらしいのです。数えながら行ったわけではありませんが、およそ500歩で行けるというのは子連れにもお年寄りにも優しいですよね。

歩いて行くと道はこんな感じで広い通りです。
濃溝の滝6
濃溝の滝7

我が家は2歳の子と0歳の子を連れて行き、2歳の子には歩いてもらい、0歳の子は抱っこ紐で行きましたが、広い通りなのでベビーカーでも問題なく行けますよ。最後に階段が少しあるので、そこだけ注意して下さいね。

この休憩所のような所が見えてきたら濃溝の滝まではもうすぐそこ。
濃溝の滝8
ここまで子供と歩きましたが20分もかからずに来れました。大人だけだともっと早く着くでしょう。周りの木々の景色も素敵で、ゆっくり歩いているだけでも楽しかったです。

そして、この休憩所を越えたら、「幸運の鐘」が見えてきます。友人や恋人、ご家族みんなで鳴らして幸運を呼び込みましょう。
濃溝の滝9

幸運の鐘を越えると少々階段があります。その階段を越えると湖がありました。とても綺麗な水です。魚が沢山泳いでいましたよ。浅い湖なので子供も入る事が出来ます。

我が家はジャバジャバ水遊び状態。お子さんの着替えはぜひ持っていく事をオススメします。
濃溝の滝10

【スポンサードリンク】

神秘的な濃溝の滝

そして、いよいよ最終目的地に到着!湖の左側に、今回の1番の見どころ、濃溝の滝があります。写真でしかお伝え出来ませんが、どうですか?とても神秘的で綺麗じゃないですか?

実物見た方がやはり綺麗ですが、私はこの絶景を見て感動してしまいました。
濃溝の滝11
濃溝の滝12

お昼頃の一番暑い時間帯に行ってしまいましたが、滝のところは緑に囲まれていてとても涼しかったです。マイナスイオンたっぷりで、そこはいくらでも居られるようなとても居心地の良い場所。

滝を見終えて先ほどの階段の所に戻り、今度は反対側の道へ。このような一本道が続きます。
濃溝の滝13
ここの風景も絶景。ここは夜になるとホタルが出る場所だそうです。ホタルは水の綺麗な所にしか現れないと言いますよね。それだけ綺麗な場所ということ。

ここからはずっと一本道で歩いて行くのですが、夜はホタルが沢山いて眺めながら歩くのだと思うと、また夜にも訪れて違う景色を見てみたいと思いました。
一本道を歩き終わると最初の駐車場の所に出ます。ぐるっと一周出来る仕組みになっていました。

濃溝の滝に行ってみた感想

濃溝の滝のことは初め、写真で見て行ってみたいと思いましたが、いざ行ってみると本当に綺麗な場所でした。滝と聞くと険しい山の奥にあるようなイメージで行きにくいのかなと思っていましたが、こんなに行きやすくてビックリしました。濃溝の滝は、時間帯や季節でまた見え方が違うそうです。

きっと光の入り具合で変わるんですよね。個人的には夕方の夕日の綺麗な時間帯にまた見てみたいなと思いました。

あとは、すぐ近くが鴨川市になるので、

  • 鴨川シーワールド
  • プールで遊べて宿泊もできる鴨川ホテル三日月
  • 城崎海水浴場
  • 鯛の浦遊覧船
  • 名勝 仁右衛門島

など、滝を見た後も遊べる場所や観光スポットはいくつもありますよ!濃溝の滝自体は1時間もあれば十分堪能できる場所なので、計画的に効率良く回れば一日で2〜3か所に行くこともできそうですね。

この夏まだどこに行こうか悩んでいる人は、ぜひ濃溝の滝に行ってみて下さいね。心の底からおすすめできるスポットです!

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)