岩田剛典と元彼女の恋愛エピソード!「両親にも挨拶」

岩田剛典と元彼女の恋愛エピソード!「両親にも挨拶」

三代目J Soul Brothers(三代目JSB)の最年少メンバーにして、一昨年4月には約2000人のオーディションを見事に勝ち抜き、EXILEのメンバーにも加入した人気絶頂の岩田剛典(27)が、テレビやインタビューなどで語った元彼女との数々の恋愛エピソードが話題になっている。

大手靴メーカーの御曹司でもある岩田剛典は慶應大学法学部卒のエリート。天は二物どころか三物も四物も与えていると思われても仕方がないような、誰もが羨む環境で育ってきた男は、過去にどんな恋愛をしてきたのだろうか?

【スポンサードリンク】

岩田剛典が彼女の実家に軽い居候状態だった過去

岩田剛典がラジオで語ったエピソードであるが、大学時代に付き合っていた彼女とは、お互いの家を行き来し、お泊まりもする仲であったとのこと。初めて彼女が泊まりに来た時はとても緊張したそうであるが、彼女の実家に行った時には彼女の両親にもきちんと挨拶し、仲良くなったお父さんとは、8時〜9時頃から一緒にバラエティ番組を観たりしていたのだとか。

それほどまでにしょっちゅう彼女の実家に入り浸り、ちょっとした居候状態だったと岩田剛典本人が語っている。

岩田剛典のファーストキスの甘酸っぱい想い出

これもラジオでの話になるが、岩田剛典はファーストキスの想い出を披露していた。お相手は中学2年の時に付き合っていた彼女。その日ははじめから「絶対にキスをする」と心に決めていた岩田は、「漫画喫茶に行けば2人きりになれるかな」という下心を秘めて、彼女と一緒に漫画喫茶へ。

最初は1時間分の料金を払って入店し、彼女はPCをいじったりマンガを読んだりしていたが、岩田剛典がなかなか勇気が出ず、1時間経ってもキスはできず。しかし、最後は勇気を振り絞り、漫画喫茶の時間を延長して2時間半が経った時にようやくキスできたそうである。

親友に彼女を奪われたツラい過去

昔からモテモテだったと思われる岩田剛典であるが、高校時代に付き合っていた彼女に「好きな人ができた」と言われてフラれたことがあるそうだ。その彼女とは同じ塾に通っていたが、フラれてから1週間もたたないうちに、岩田が塾から出てきた時、その彼女が自分の親友と手をつないで歩いていたところを目撃してしまい、人間不信になったという。

彼女と親友を一気に失ってしまったわけであるが、男としてのプライドが邪魔して、親友には何も言わなかったとのこと。親友からも特に何もなく、それっきり友情関係も終わってしまったというツラい過去のエピソードを、「ノンストップ」に出演した時に語っていた。

【スポンサードリンク】

彼女へのクリスマスプレゼントの想い出

「ミュージックステーション」に出演した時に岩田剛典が語ったエピソードである。大学時代、当時好きだった子とクリスマスを一緒に過ごそうと思って食事に行った時、「トイレに行ってくる」と言って席を立ち、戻って来た時には全身サンタクロースの格好に着替えてプレゼントを持って現れるというサプライズ演出を企画。

岩田は「きっと喜ぶだろうなと」思っていたが、彼女には思いっきりドン引きされ、一度ムードが下がったところでプレゼントを渡したために、全然盛り上がらず失敗に終わったという悲しいクリスマスの想い出を披露していた。

他には、彼女を家まで送って、既に自分の終電が無いのにあると言って強がり、公園で朝まで過ごしたこともあるのだとか。

しかし、三代目JSBに加入した後は、石原さとみとの密会や、モデル兼ブランド「GYDA(ジェイダ)」のプロデュースも手掛ける串戸ユリア、大学時代に同じダンスサークルに所属し、現在は名古屋テレビのアナウンサーの徳重杏奈などとの熱愛の噂が過去に報じられたこともあるが、どれも確証はなく、噂の域を出ていない。

三代目JSBだけでなくEXILEのメンバーとしても活躍している岩田剛典は、今は仕事のことで精一杯なのかもしれないが、三拍子も四拍子も揃った男がどんな女性を選ぶのか、ファンの一人としては残念でもあるが早く見てみたい気もする。

さらには、役者としての岩田剛典からも目が離せない。2016年10月からスタートするドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」のキャストにも選出されたその演技力に期待したい。

【スポンサードリンク】

【岩田剛典の関連記事】
岩田剛典が実家のマドラス社よりも三代目JSBを選んだ理由とは?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)