先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

岩田剛典が実家のマドラス社よりも三代目JSBを選んだ理由とは?

岩田剛典が実家のマドラス社よりも三代目JSBを選んだ理由とは?

一昨年4月に三代目J Soul Brothers(三代目JSB)のメンバーからEXILEのメンバーへとステップアップした岩田剛典(27)の実家は、愛知県名古屋市に本社を構える大手革靴メーカー、マドラス株式会社の創業家。現在マドラス社の社長を務めているのが、岩田剛典の父親である岩田達七氏。

慶應大学法学部を卒業した頭脳明晰のエリートである岩田剛典は、普通であれば実家が経営するマドラス社を継ぐのが自然な流れだと思うが、それほどまでに恵まれた環境に育ちながら、なぜ岩田剛典は三代目JSBに加入し、ダンスの道を選んだのだろうか?

【スポンサードリンク】

岩田剛典の人生を変えた慶應ダンスサークル「JADE」

岩田剛典は名古屋市の出身であるが、中学受験で慶応義塾普通部に合格し、母親と2人で実家を離れて上京している。慶應に入学するには、大学よりも中学や高校から入るほうがはるかに難しいと言われており、このことからも、岩田剛典の秀才ぶりが伺える。

そのままエスカレーターで慶應大学に進学した岩田剛典は体育会系のような本格的ダンスサークル「JADE」に入り、部長を務めるようになるほど熱中。そこで、人生観が変わる経験をしたそうである。

岩田剛典が大学2年の3月、総指揮という役職を任されJADEの単独公演のすべての部門の統括をして、一つのイベントを成功させる喜びを知ったことで、「ちゃらんぽらんな自分じゃいられない」と思ったという。

この貴重な経験がきっかけとなり、パフォーマーとして踊ることの楽しさに加え、「人に魅せる」、「人を楽しませる」というエンターテイメントの魅力に目覚めることに。

学園祭のイベント「ミスター慶應」コンテストに他薦でエントリーした時のインタビューで、「卒業後の道」について聞かれた際にも、

「ダンスやってるのも、『人を楽しませたい』という気持ちがあってやっているので、どんな形でも人に笑顔が与えられるような、エンターテイメント性のある仕事に就きたい」、「プロのダンサーは目指していないんですけど、なにかしら『人を楽しませる』ことを目指した仕事をしたい」

と答えている。

【スポンサードリンク】

当時は「プロのダンサーを目指していな」かったようであるが、その後は大手商社など数社の内定を蹴り、実家のマドラス社に入社することもせず、ダンスの道を選んだ岩田剛典。その甲斐があり、2010年に三代目JSBへの加入が決定し、昨年4月にはEXILEへ昇格と、トントン拍子の道を歩んで来た。

一見すると誰もが羨むようなバラ色の人生に思えるが、大学卒業後にパフォーマーとしての道を進みたいと親に伝えた時は、母親は泣き崩れるほど猛反対し、なかなか親の賛成を得られなかったとのこと。しかし、最終的には両親の理解が得られ、「お前がやりたいことをやりなさい」と背中を押してもらうことができたという。

岩田剛典が中学に入学する時に一緒に名古屋を離れて上京し、常にそばで岩田剛典をサポートしてきた母親としては、おそらくいずれは家業のマドラス社を継いでもらえるものと期待していたのではないか。

しかし、そこで自分の意思を貫き、自分の言葉で親を説得して、なおかつ自分が選んだ道で結果を出している岩田剛典の生き様は見ていて本当にかっこいい。ルックスやパフォーマーとしての実力もさることながら、岩田剛典の真の魅力は、草食系男子がはびこる今の時代には珍しい「芯の強さ」にあるように思う。

岩田剛典と高畑充希が共演する映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」(6月4日公開)も、いつもと違う役者としての岩田剛典がどんな演技を見せてくれるのかが楽しみだ。

ちなみに、岩田剛典には4歳年上の兄がいるため、マドラス社の後継者問題も心配はないであろう。

【スポンサードリンク】

【岩田剛典の関連記事】
岩田剛典と元彼女の恋愛エピソード!「両親にも挨拶」

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

4 × five =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング