産後の過ごし方で気をつけるべき5つの行動

産後の過ごし方で気をつけるべき5つの行動

産後のママ達の過ごし方で気をつけるべき行動とは?

それは、一体なんでしょうか。この記事を読まなければいつも通り過ごしてしまいそうな新米ママ。産後は思った以上に体は疲れています。今日はそんな産後の過ごし方で気をつけるべき行動をお伝えしたいと思います。

【スポンサードリンク】

出産という大仕事

出産とは女性が命懸けで行う大仕事。10ヶ月もの間大切な我が子をお腹の中で守り抜き、いざ出産を迎え、味わったことのない陣痛という痛みに耐えながら、この世に新たに誕生してくる愛しい我が子。自分が持っている全ての力を振り絞って出産しますよね。

もちろん、お腹の赤ちゃんも命懸けで外の世界に出ようと頑張ります。そんな母子共同作業。出産を終えると、陣痛の痛みから解放された安堵感とやっと会えた可愛い我が子との対面で最高に幸せな瞬間を味わっているのではないでしょうか。

  • 出産を終えた日はアドレナリンが大量に分泌されていて、中々寝付けなかったりした経験はありませんか?
  • 次の日になったら全身筋肉痛で、会陰切開の痛みや子宮収縮の痛みがやってきてまともに歩けない経験をしませんでしたか?

その後はまったなしの育児が延々と続きます。むしろここからが本当のスタート地点。休む暇なし。それだけ出産というのは女性にとって大仕事なんです。

産後の過ごし方で気をつけるべき5つの行動

出産を終えて可愛い我が子に会えた喜びから、体はどうしても動かしがち。身重だった体がペタンコに戻る様子は寂しいものですよね。ただ、産後はできるだけ、いえ、できなくても休んだほうが賢明です。完璧主義なママは産後だけは休むことを仕事にしてください。

では、産後の過ごし方で気をつけるべき行動とはどんなことでしょう?

1. 家事は必要最低限のみ

ご実家に里帰りしている人はお母さんにここぞとばかりに家事は甘えてくださいね。炊事、洗濯、掃除、1日通してやればどうって事ない家事かもしれませんが、慣れない育児も開始しています。

体もまだ完全に元通りではありませんよね。慣れない育児をしながらの家事作業は体に負担がかかり過ぎてしまいます。床上げ(産後21日)まで、出来ることなら1ヶ月検診までは赤ちゃんの育児のみで赤ちゃんとのペース掴みを最優先してください。

里帰りされない人は旦那様にうまく協力してもらい、なるべく立ちっぱなしな時間を少なくしてくださいね。家事は思った以上に立ちっぱなしです。この、立ちっぱなしと言うのが良くないので、休息は必ず取ってくださいね。

2. 細かい字はなるべく読まない、見ない

ついつい触ってしまいがちなスマートフォン。これも産後はなるべく避けましょう。スマートフォンだけに限らず、パソコン、読者なども同じです。

産後は産前よりも睡眠時間が激減します。常に疲れている状態に陥ります。そんな中細かい字を見ていると、頭痛が起こってしまう場合があります。長時間見るのではなく、なるべく少ない時間ですませるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

3. 人と話す

赤ちゃんのお世話をしていると自然と孤独になりがち。里帰りしていなければ日中は赤ちゃんと過ごすのみです。産後1ヶ月間は外出も望ましくありません。

仕事ももちろんしてないですし、慣れない育児からの不安感から孤独感に襲われがちです。今日誰とも話してない!という日もあるのでは?産後は情緒が不安定になりやすいです。特に何もなくても涙が出てきたりします。

人と話すことを意識してみてください。辛いことも嬉しいことも話せる人にどんどん話してくださいね。人と話すって大事なことですよ。

4. 完璧主義は求めないこと

ついつい良いママになろうとして頑張りすぎてしまうことありませんか?完璧主義は素敵なことだと思います。だけど、産後は

  • 「まぁ良いや」
  • 「なるようになる」
  • 「とりあえず赤ちゃん大きくする事を最優先」

これを大事にして下さい。この頃の完璧主義は自分を追い詰めてしまう時期です。大らかな気持ちでいることを心がけてくださいね。産後1ヶ月のママのする事は赤ちゃんを大きくすること。これ以外はありません。すくすく元気に赤ちゃんが大きくなるのを見守ってあげて下さいね。

5. 無理なダイエットはしない

産後の体を見ると思ったよりお腹が凹んでいなかったり、体型が変わってしまって早く戻さなきゃと思ってしまいがち。ですが、産後の無理なダイエットは禁物です。赤ちゃんのお世話と家事をするようになると自然と体重は戻ります。

生後半年くらいまでに元の体重に戻ることが理想とされているので、ゆっくりゆっくり進んでいきましょう。

【スポンサードリンク】

最後に

産後の体の無理は女性の更年期の時期に大きく関わると言われています。今はまだ若く体が動くからと無理をしてしまうと後々の自分の体に影響してしまうことも。

甘えられる環境があるのであれば、この時ばかりは思い切り周りに甘えて下さいね。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)