妊娠中のストレス5選!優先席やマタニティマークは意味なし

妊娠中のストレス5選!優先席やマタニティマークは意味なし

妊婦に対する、冷たい対応

妊娠が発覚し、幸せいっぱいなはずなのに電車や外出先で辛い思いをする事ってありますよね。小さな事もストレスになってしまう妊娠時期。妊婦さんみんなきっとこんな思いで過ごしているんだろうなと、ため息が出ちゃいますね。

【スポンサードリンク】

妊娠初期、中期後期で感じるストレスの違いや世間の冷たい対応。妊娠したからこそ気づく、妊婦の気持ちを少しでも多くの人に理解してもらえたら、きっともっと沢山の妊婦さんが穏やかにマタニティライフを楽しめるのかなと思います。

1. 気づいて欲しいのは、お腹の大きさじゃない!

絶対に妊娠するとぶつかるのは、電車での世間の冷たい対応ですよね。特に妊娠初期は、お腹がまだ出ていない為気遣ってくれる人はほとんどいません。マタニティマークに気づいていても、見て見ぬフリをされる事ばかりです。

でも妊娠初期がつわりが一番ひどく、体調的にも精神的にも不安定なので辛い時期なんですよね。お腹が出ていないから、妊婦だけど大丈夫だろうと思われがちで、余計辛くなりますね。立っているだけでも貧血になったり、つわりがひどい人は、隣にいる人の匂いで吐き気がしたり。

満員電車でも自分でお腹の中の赤ちゃんを守らなければと思うので神経を使うのも倍以上。周りから見るより本当につらい時期なんです。まだお腹が出ていなくても小さな命が育っている事に、優しい対応をして欲しいですね。

2. 電車に乗るのはダメですか?

妊娠してからも仕事を続けている方が最近は多いので、電車内でもよく妊婦さんを見かけます。お腹が少し出てきて疲れやすかったり、腰痛がひどくなったりして人混みって辛いですよね。

それでも、仕事や検診に行ったりと電車を普通に利用することは今まで通りある中で、

「どうして妊婦なのにここにいる?」

というような顔で見られます。

その目線が余計にストレスで電車に乗ることが怖くなるんです。ひどい時は目の前で座っている人にため息をつかれる事もありました。申し訳なさそうに目をそらしたのに、そのあとにチラチラとお腹を見られたりもして…

まるで、ここに自分がいることが悪いかのような気持になってしまいます。精神的に不安定な時期なので妊婦さんが外に出かけたりする事だって当たり前にある事への理解がもっと欲しいですね。

【スポンサードリンク】

3. 優先席の意味って?

優先席の前にたまたま立ってしまった時、「やってしまったなぁ」と思ってしまいます。マタニティマークを付けていてお腹も少し出てきた頃席が空いていなくて優先席の前に立っていたら当たり前のように、寝たふりをされたり急に携帯電話をいじり始めたり。

目の前に立っただけで、嫌な顔をされため息をつかれ睨まれて何も言わず席を立って次の駅で降りられたり。

「優先席の前に行ったから譲ってもらえる」

多くの妊婦さんはそんな気持ちで電車には乗っていないです。

ただ、優先席の前に立つことで「そう思いながら乗ってきた」と思われているんだろうと思うような、そんな対応をされます。全員がそうとは言えませんが、妊婦さんはそんなに図々しい事は思っていないと思います。

でも、優先席に座るべき人が肩身の狭い思いをするような対応は無くなって欲しいです。もちろん、お仕事で疲れている方や遠方までお出かけの方が我慢をして座ってはいけないとか、優先席に座ることが悪いのではなく、体が不自由な人が乗ってきたときに譲ってもらえると、お互いが嫌な思いをせずに、電車を利用することができるのかな、と感じます。

優先席のあるべき姿がない事が悲しいですね。

4. 電車の外も危険でいっぱい!

電車を降りてからも、妊婦のストレスは続きます。降りるときに、我先に!と当たり前のようにぶつかってきたり、早くしろと言わんばかりのため息をされたり…。赤ちゃんを守る為に一歩一歩慎重になっている妊婦には、怖くて仕方ありません。

お腹が大きくなるとバランスが取ずらくなり、転びそうにもなります。転んでしまった最悪の場合、流産をしてしまったり切迫早産になってしまいます。階段や駅の構内でも、歩きスマホや人混みの中走ってくる人など妊婦にとって危険が沢山あります。

駅のアナウンスやポスターなどでそういった事への注意はきっと自分の身を守る為でもあり、お年寄りや妊婦さんや体の不自由な方への配慮の為でもあると思います。駅などでそういった行為は誰にとっても危険な事なのでできればしてほしくないですね。

5. 妊婦はわかりにくい?

妊婦の体調や体の負担に関して、周りのみなさんは伝わりにくいと言います。何が出来なくなって何が辛いのかが分からない。だから助けていいのかわからない。理解してもらいたいのは、妊婦は楽な時はほとんど無いということ。

ずっとつわりで体調が悪い、貧血になりやすい、体力が無く立っている事が辛い、むくみやすく足も腰も激痛が走る。無理をするとお腹が張ってしまったりしまうので、無理は禁物です。

赤ちゃんができて幸せな気持ちと同時に今まで感じたことがない体の変化と常に戦っています。マタニティマークを付けている妊婦さん、お腹が大きい妊婦さんを見かけたら迷わずに声をかけてもらえたら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

そんな中でも・・・

ストレスが溜まりやすい外出先。それでも優しい方も沢山いらっしゃいます。席を譲ってくれたり、階段で声をかけてくれたり。そんな小さな優しさが大きく感じて泣きそうになりますよね。

自分自身も妊婦さんへの配慮ができるようになろうと思えるようになりました。生まれてくる赤ちゃんもそんな、優しい気持ちが持てるように育ってほしいですね。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)