食べつわりで太るのを防ぐ体重管理法3つ!菓子パンが無性に…

食べつわりで太るのを防ぐ体重管理法3つ!菓子パンが無性に…

妊娠中の悩みと言えば「つわり」ですよね。一般的につわりと言えば気分が悪くなって、ご飯をあまり受け付けない、食べても戻してしまうという症状をよく聞きますよね。

私の場合は「食べつわり」というものでした。この食べつわり、とにかく何か食べていないと気持ち悪いんです。私自身、妊娠するまで食べつわりなんて知らなかったですし、旦那はもちろん知りません。食べつわりが始まった頃は、旦那に「そんなにしょっちゅう食べているのにつわり?」なんて言われて腹が立ったこともあります。妊娠中の体重管理は必須なのに、常に食べていればもちろん体重は増えます。

「出産はまだまだ先なのに、一気に体重が増えてどうしよう、でも食べないと気持ち悪い…」という妊婦さんに見てほしい、食べつわり時期の体重管理についてお話しします。

【スポンサードリンク】

食べつわりとは?

前述にもあるように、一般的に知られている「つわり」は、とにかく気分が悪くて、食事を食べても戻してしまうという症状です。食べつわりの場合は、空腹になると吐き気を感じたり、常に何かを口にしていないと気分が悪くなったりといった症状です。

他のつわりと同様に、胎盤ができはじめる時期から16週頃にかけて症状が改善することが多いようです。

食べつわりで体重が一気に増加

食べつわりに加えて、妊娠中は偏って何かを無性に食べたくなるというのもよく聞きますよね。これを見ている妊婦さんは、すでに、気づけば同じ物ばっかり食べたくなっているという方も多いのではないでしょうか。

私の場合はこれが菓子パンでした。菓子パンはかなり高カロリーなうえ、腹持ちはあまりよくないです。これを昼夜問わず食べ続けていたわけですから、もちろん体重がすごく増えます。お腹の赤ちゃん以上に自分の身体が成長しすぎて、産院の先生に注意されたことも。

こうなると、食べつわりとはいえ体重管理が必要です。私が実践していた食べつわり時期の体重管理法をご紹介します。

食べつわりで太るのを防ぐ3つの体重管理法

食欲のままに菓子パンばかり食べていたら、きっと双子の赤ちゃん分くらいの体重にまで太っていたかもしれません。かろうじてそれは免れました。そんな私が実践していた体重管理方法は次の3つです。

1. 良く噛んでゆっくり食べる

何か食べるときは、歯ごたえのある物を選んで良く噛んで食べるように心がけました。ダイエットには、良く噛んで食べるといいという話はよく聞きますよね。たくさん噛むことで満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を感じやすくなります。柔らかいものはあまり噛まなくてもすぐ飲み込めてしまうので、ついつい多く食べてしまいがちです。

体重の増加を指摘されてからは、根菜類やこんにゃく、リンゴなど、歯ごたえのある物を食事にとりいれて、よく噛んで食べるようにしました。
他にも、効き手と逆の手で食べると上手く食べられないので、食べるスピードが落ち、量をたくさん食べなくても満腹になるというダイエット法を聞いて、実践してみました。

確かに時間がかかって食べる量は減りますが、ちょっとイライラするので、妊娠中ストレスが溜まりがちな方にはあまりオススメしません。心に余裕のある方は試してみてください。

【スポンサードリンク】

2. 一日3食分を数回に分けて食べる

たくさん量を食べる必要はないのに、一度食べ出したら、手が止まらなくなってついつい食べ過ぎちゃいますよね。お腹に赤ちゃんがいるとはいえ、栄養バランスの整った食事を3食しっかり食べれば十分なわけですから、あまり食べ過ぎるとお母さんの身に付いてしまうだけです。カロリーが低い食材を選ぶようにして、高カロリーでもどうしても食べたいものは、一気に食べずに数回に分けて食べることで満足感を得られるように工夫しましょう。

私の場合、食べたくて仕方がなかった菓子パンは、1つを3個に分けてどうしても食べたいときだけ食べました。あとは野菜を食事の中心にして、おかずにするときは固めに調理したり、野菜スティックにして、ディップするものを毎日変えて飽きないようにしたりするなど工夫して、量を食べてもカロリー過多にならない食事内容を心がけました。

3. 適度に運動する

つわりの時期は、だるいし気持ち悪いのにそのうえ運動なんて無理、できればやりたくないと思っていました。そんな私でしたが、同じように食べつわりに悩んでいた友人が、「身体を動かせば気持ち悪さが紛れた!」と教えてくれたので、億劫でしたがとりあえず散歩ぐらいしてみようかなと思い実践してみました。

意外と身体を動かしてみれば気分転換になって、気分の悪さが少しマシになることもありました。でも、暑かったり寒かったりすると、あんまり外出する気がなくなりますよね。

そんな人にはマタニティヨガがおすすめです。わざわざマタニティヨガ教室に行かなくても、ネット動画を参考にすれば自宅でできます。何もしなければ食べつわりに気をとられがちですが、ちょっとした運動を取り入れると気が紛れることもあるので、是非やってみてください。

【スポンサードリンク】

食べつわりの体重管理は無理せず出来る範囲で

私もつわりの時期は、気持ち悪いわ体重がどんどん増えるわで、少しナーバスになっていました。でもいつかは終わります。ただでさえ辛い時期なのに、体重管理をするのは大変ですが、出来る範囲のことを実践してみましょう。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)