妊娠中のカフェインはダメor気にしない?その理由は?

妊娠中のカフェインはダメor気にしない?その理由は?

「妊娠中はカフェインの摂取を控えるべき」という話は、妊婦さんならご存知ですよね。カフェインは、コーヒーや紅茶、緑茶など、日常的に飲むものに含まれていることが多いです。

妊娠中はカフェインを気にするという人もいれば、気にしないという人もいますが、それぞれどのような理由があるのでしょうか。妊娠中のカフェイン摂取が、赤ちゃんやお母さんにどのような影響を与えるのか、気にする派、気にしない派、それぞれの意見とともに見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

妊娠中のカフェイン摂取が与える影響

妊娠中のカフェイン摂取は、胎盤の血流を妨げる作用があると言われています。カフェインは胎盤を通して胎児に移行しやすく、身体の機能が未熟な胎児はカフェインを体外に排出することができません。

主な影響として挙げられるのは、流産や死産のリスクが高まる、低体重出生、乳児突然死症候群などですが、これらの健康被害とカフェインの因果関係は、いまだはっきりしていないのが現状です。

また、妊婦さんのカフェイン摂取はカルシウムや鉄分吸収の妨げになるので、貧血になりやすい妊娠中は注意した方がいいそうです。しかし、これらは過剰摂取した場合の話で、一日あたりコーヒー1~2杯程度は飲んでも問題ないと言われています。

私が通っていた産院では、妊娠中のカフェイン摂取量は一日1~2杯程度が好ましいと教わりましたが、同時期に妊娠していた友人の場合は一日2~3杯程度と教わったと聞きました。産院や先生によって少々差はありますが、飲みすぎてはいけないということですね。

コーヒーだけじゃない!カフェインが含まれる飲料

カフェインを含む飲料は、コーヒー以外にも、紅茶・ココア・緑茶・コーラ・栄養ドリンクなどがあります。チョコレートなどの食べ物にも含まれています。私は妊娠するまでカフェインについて関心を持つことが無く、コーヒーに入っているものぐらいの認識でしかなかったのですが、結構色々な飲みものに含まれているんですよね。

妊娠中のカフェインは気にする?

妊娠中のカフェイン摂取を気にする派の理由としては、

  • 「赤ちゃんに害がありそうなものは避けたい」
  • 「子供がイライラしやすくなったり、情緒不安定になったりするらしいので控える」
  • 「あまり寝ない子になると聞いたから」
  • 「気にせず飲んで、赤ちゃんにもし何かあったら後悔する」

などが挙げられます。因果関係がはっきりしないとはいえ、赤ちゃんに健康被害が及ぶ可能性があると言われれば、不安になるものですよね。

妊娠~授乳中まで全く飲まないという人もいれば、飲んでもいい量を守ってそれ以上は摂取しないよう気を付ける人まで、個人差はありますが、妊娠中のカフェインは気にするという人が圧倒的に多いようです。

私はコーヒーが大好きですが、赤ちゃんへの影響もやはり気になったので、できる限りノンカフェインのコーヒーで代用していました。お茶も麦茶に変えてなるなどして、なるべくカフェインを摂取しないように気を付けていました。

【スポンサードリンク】

気にしなくても大丈夫?

一方、妊娠中でもカフェインを摂ることを気にしない派の理由としては、

  • 「もともとたくさん飲まないので妊娠後も特に気にしない」
  • 「我慢してストレスを溜める方が赤ちゃんに悪影響」
  • 「飲み過ぎなければ気にしなくても大丈夫」
  • 「1人目妊娠中、緑茶にカフェインが含まれると気づかずにたくさん飲んでいたが、特に影響はなかったので、2人目は気にしない」

などの声がよく聞かれます。ストレスを溜めない事を優先するという意見や、実体験に基づく意見などもありました。

妊娠前から1日にコーヒーなどを何杯も飲む習慣があった人は、気にした方がいいのかもしれませんが、もともとあまり飲まないという人は意識していない人が多いという印象です。気にしていなかったけれど特に問題はなかった人もいるようですが、個人差もありますし、自己責任で判断してくださいね。

コーヒーや紅茶はノンカフェインで代用できる

カフェインを断ちたい人や、たくさん飲んでいたので我慢するのがつらいという人は、ノンカフェイン(デカフェ)のコーヒーなどで代用することをおすすめします。

ノンカフェインのコーヒーや紅茶は、赤ちゃん用品売り場に置いていることが多いですし、他にもハーブティーやチョコレートなど、妊婦さんに嬉しい代用品は意外と色々あります。店頭では種類が限られてしまいますが、ネット通販なら種類豊富なので、自分の好みに合ったものを探してみるのもいいと思います。

カフェインレスコーヒーを取り扱っているコーヒーショップもあるので、お出かけ先での「ちょっと一息」をノンカフェインで、妊娠前と変わらず楽しむこともできますよ。

【スポンサードリンク】

まとめ

妊娠中のカフェインについては、気にする人もいれば気にしない人もいますし、絶対に問題があるとも無いとも断言できないので、お母さん自身で判断する必要があります。

一日の摂取量さえ守っていれば、あまり神経質になる必要はありませんが、過剰摂取は問題視されているので気をつけた方がいいでしょう。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)