妊娠超初期の食べ物飲み物 口に入れやすく栄養も摂れる10選

妊娠超初期の食べ物飲み物 口に入れやすく栄養も摂れる10選

妊娠超初期は、妊娠が成立する頃です。それに伴いホルモンバランスが大きく変わり、早い人は体調に様々な変化が現れることも。お腹の中の赤ちゃんのためにも、妊娠を継続するためにも、しっかりと栄養はとりたいものです。

体調が崩れがちで食欲が出ない日々でも口に入れやすくて栄養も摂れるオススメの食べ物や飲み物をご紹介します。

妊娠超初期に飲みやすい飲み物5選

妊娠中はカフェインが入っているものは控えた方がいいので、飲めるものが同じようなものばかり。麦茶やルイボスティーばかりでは飽きてきてしまいますよね。そんな時にオススメの飲み物5つです。

1. ラッシー

インド料理などのカレー専門店に行くと必ずメニューにあるラッシー。酸味があるので、とても飲みやすいです。ヨーグルトと牛乳で家庭でも簡単に作れてしまいます。牛乳もヨーグルトも栄養バランスがいいので妊娠中は積極的にとりたい食材です。ヨーグルトは、便秘になりやすくなるので便秘予防にも嬉しいですね。

脂質が多く含まれているので過剰に摂取すると体重増加に繋がってしまうため、低脂肪を選ぶのがおすすめです。

ラッシーのレシピ

  • ヨーグルト:100g
  • 牛乳:100cc

1:1で入れればいので、とても覚えやすく簡単です。ミキサーで混ぜるだけ。冷凍マンゴーを入れるとマンゴーラッシーになりますよ。

2. レモネード

妊娠すると酸味のあるものがとても美味しく感じます。お水にレモン果汁、ハチミツを混ぜるだけでレモネードが出来ます。レモン果汁は、ポッかレモンがお手軽でおすすめです。レモン果汁とハチミツは、お好みの量で甘さと酸味を調節して下さい。ハチミツは、あまり多すぎると体重増加に繋がるのでご注意くださいね。

レモンに含まれるビタミンCは、赤ちゃんの脳や骨などの形成、成長にとても大切な栄養素の一つです。妊娠中はメラニンが生成されやすくなりシミの原因になるので、シミ予防にもなります。糖分が気になる方は、さっぱりとレモン水にするのもいいですよ。

3. ミントティー

スーパーでティーパックのもが売っているのでお手軽です。ご自宅でミントを栽培している方は、フレッシュなミントティーもいいですね。私はルボスティーばかり飲んでいたら急に受け付けなくなって、ミントティーをしばらく飲んでいました。火照りがひどかったので、口の中がスッキリするのがとても気持ちがよかったです。(参考:ハーブティーの8つの効果!生理痛にもおすすめ

4. 炭酸水

つわりの時の人気の飲み物の定番ですね。喉がスッキリするのが気持ちいい炭酸水。ゲップが出やすくなりますが、出てしまった方が逆にスッキリすることもあります。食欲を増進してくれるのもいいです。

炭酸水としょうが汁、ハチミツでジンジャエールも作れます。しょうがは、体を温める効果があるので、冷たい飲み物は飲みやすいですが、体を冷えすのため、妊娠中にとてもいい食材です。

5. キレートレモン

体がだるくて作るのも大変なときは、市販のものを。体がつらいときは無理をしないのは妊娠中の鉄則です。疲労回復効果もあって、妊娠していない方にも人気の飲み物。炭酸のシュワシュワ感とレモンの酸味が口の中と喉をスッキリさせてくれます。キレートレモンも妊娠後期までよく飲んでいました。

妊娠超初期に食べやすい食べ物5選

  • だるい
  • 眠い
  • 気持ち悪い

私の場合は妊娠初期の間はずっとこうでした。食欲もなく、食べるのもしんどかったです。でも、食べないと栄養面が心配で、赤ちゃんがちゃんと成長するのか不安に。

「食べれられるものを食べる、食べたいときに小分けに食べれば大丈夫ですよ」

そう主治医に言われて安心しました。おすすめの5つの食べ物です。

1. トマト

もともとトマトが大好きというのもありますが、口の中が冷たく感じるものが食べやすかったです。トマトに含まれるリコピンは、赤ちゃんとママの免疫力を高める素晴らしい効果があります。

また、血圧を安定させる効果、肥満を防ぐ効果も。体を冷やす食材なので過剰摂取には注意が必要です。冷製トマトパスタ(カペリーニ)はとても食べやすい料理でした。

2. 果物

果物は、私にとって救世主でした。果物だけはつわりがひどくなった時期でも食べられた食材です。果糖が多いので、過剰摂取はおすすめできませんが、葉酸など必要な栄養素がたっぷり含んでいます。

ビタミンB6が含まれる果物は、つわりを軽減させる効果があります。バナナ、キウイ、マンゴーなどに多く含まれています。季節の果物を選んで食べるのも楽しみが増えますよ。

3. 梅干し

妊婦さんの必須食材と言ってもいいくらい、食べている方がとても多いですね。塩分が多いので食べ過ぎには注意が必要です。私はセブンイレブンの「甘い干し梅」が好きで、妊娠中は必ず持ち歩いていました。

セブンプレミアム-甘い干し梅

4. ヨーグルト

妊娠すると便秘になりやすくなります。腸内環境を整える上でもヨーグルトは重要な食材です。ハチミツをかけると効果が倍増します。フルーツと混ぜたり、いろいろとアレンジが効くのもいいですね。

食べるのが重く感じるときは、免疫力をより高める「R-1低糖・低カロリー」や、

 

セブンイレブンの「のむプレーンヨーグルト」
セブンプレミアム-のむプレーンヨーグルト

がおすすめです。便秘ですごく悩んだのですが、この2つは欠かせませんでした。

5. 冷麺などの麺類

個人的な好みになってしまいますが、麺類は喉ごしがよくとても食べやすかったです。特に盛岡冷麺。お酢をかけて食べるのが好きなのですが、食欲が増しました。ただ、お酢は「酸」なので、胃もたれを起こしてしまうこともあるため、かけすぎには注意です。

冷やし中華は、好きな食材を乗せてよく食べました。麺だけでは栄養が偏ってしまいますが、他の食材も食べやくなり栄養も摂れるのでとてもよかったです。栄養のある食材と合わせて食べるのがおすすめです。

さいごに

お好みの飲み物や食べ物はありましたか?私の妊娠超初期は体のほてりがひどく、疲れやすさや胃腸の不快感があったので、ここで紹介した食材にはとても救われました。妊娠中の方に、少しでもこの記事がお役に立てれば嬉しく思います。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)