妊娠中にお寿司や鰻を食べるのはNG?妊婦の食べ物○と×

妊娠中にお寿司や鰻を食べるのはNG?妊婦の食べ物○と×

よく聞きませんか?「妊娠中にお寿司とか鰻を食べてはダメ」と。確かに妊娠中は、妊娠する前よりも食事のこと気になり出します。自分だけの体ではなくなるので当然ですよね。

そのため、大好きだったお寿司やファーストフード、ジュースにコーヒーなど、お腹の子のためと思って頑張って控えたりするのですが、なかなか難しいものがあります。

その原因は、妊婦にとって何が良くて何がダメなのか、食べ物の知識をちゃんと分かっていないから。半信半疑だから、我慢しなきゃと思いつつも、「ちょっとくらいならいっか」となってしまうのです。妊娠中のお寿司や鰻、食べても良いもの、ダメなものをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

妊娠中の生魚はNG、つまりお寿司も

妊娠中に生魚を食べることは一般的に良くないと言われています。その原因は、生魚に含まれる水銀と食中毒のリスク。詳しく見ていきましょう。

水銀

水銀が含まれてる魚や貝類には、食中毒の原因となるノロウイルスが含まれていたりします。水銀は、妊娠中に摂りすぎると胎児になんらかの影響を与えてしまったり、流産の危険もあったりすると言われています。

水銀が多いのは、マグロ、カジキ、金目鯛。だからと言って食べてはいけないわけではありません。これは私見ですが、食べる量を調節すれば問題ないのではないかと思っています。青魚はアレルギーを起こしたりするので気をつけたほうがいいです。

食中毒

妊娠中は母体の免疫力も低下していたりするので、生魚についてるちょっとした菌にも反応してしまい、食中毒を起こしてしまうこともあります。妊娠中は薬も制限があってかなり苦しんだりします。特に貝類には寄生虫なども多いので注意が必要です。茹でたり焼いたりと、できるだけ菌を殺して食べたほうが安全です。

妊娠中の鰻は控えたほうがいい

鰻も栄養があって胎児にはいいと思いがちなんですが、動物性ビタミンA(レチノール)が沢山含まれ過ぎていて、お腹の子が先天性の病気を持って生まれたりする可能性があると言われています。

特に胎児が成長し始めている妊娠初期に食べるのは控えたほうがいいようです。ですが、鰻は値段が高いですし、毎日食べる人はなかなかいないと思いますので、そこまで気にしなくてもいいのではないでしょうか。たまの気分転換で外食で食べるには問題がないかなと…これも私見ですが、そう思います。

【スポンサードリンク】

妊娠中に食べて良いものダメなもの

妊娠中は本当に色々と食事に気を遣わなければならないので、かなりストレスになります。特に初めての妊娠だと、本やネットで調べて、

  • あの食材はダメ
  • この飲み物は控えたほうがいい

など沢山書いてあり、「食べるものないやん」って思ったりします。栄養があるものを朝、昼、晩と無理せず食べればママもストレス溜めることなく、お腹の子にも栄養がいくと思うんですけどね。

そんなストレスと格闘しながら得た、私なりの妊娠中の食事に関する知識をお伝えしていきますね。

妊娠中避けたほうがいい食べ物

生物は本当に気をつけたほうがいいです。食材にはいろんな菌がいます。カンピロバクターや黄色ブドウ球菌など。

鮮度の悪いものを口にしたりして、食中毒になってしまったりすると、薬の飲めない妊婦さんはかなり苦しみます。苦しんでる間、お腹の子には栄養がいかなかったり、流産してしまったりする可能性もあるので、妊娠中は加熱食材をお勧めします。

焼肉屋さんに行ったらよく焼く。お寿司屋さん行ったら煮付けや焼き魚、その日入れた鮮度のいいお魚を選ぶ。卵は火の入れたオムライスや玉子焼きなどを口にする。ちょっと気をつければ我慢せずに、食べたいものを食べれますよ。

カフェインやジュースも、妊娠中は今まで飲んでいた量より減らしたほうが、お腹の子には優しいです。妊娠中はカフェインの分解がゆっくりなので、カフェインレスなどをうまく飲みながら、マタニティー生活をするとストレスが溜まらないです。

でも、カフェインレスとかはちょっと高かったりするので、生活の負担にならない程度で飲むのがオススメです。

妊娠中に食べたほうが良い食べ物

次は妊娠中になるべく食べたほうが良いと思われる、おすすめの食べ物や栄養素の紹介です。

緑黄色野菜

妊娠中たけでなく、普段から食べておくと良い色の濃い野菜には、栄養が沢山含まれています。

特に妊娠初期に体内に取り入れたいのが葉酸です。赤ちゃんを元気な子に育てるには必要な栄養素で、妊活されてる方にもオススメです。つわりで食べるのがしんどいときは、サプリメントもオススメです。

食物繊維

妊娠中はどうしても便秘がちになってしまうので、できるだけ繊維の多い食材を食べるのがオススメです。きのこ類や海藻類、こんにゃくなど腸を少しでもスッキリさせると、つわりも少し楽になったりします。

タンパク質

タンパク質は胎児の身体作りに必要な栄養素。牛肉、豚肉、鶏肉、骨が多いお魚、牛乳や大豆食材に沢山含まれています。

だけど牛乳や大豆食品、卵には胎児のアレルギー原因もあるみたいなので、バランスよく、過剰に摂取しすぎないほうがいいみたいです。だからと言って気にしすぎるのもダメです。ストレスが一番胎児には悪影響なので…。バランスが難しいですね。

最後に、現在妊娠10ヶ月を迎えている私の経験からのまとめですが、妊娠中は味や栄養面、体重管理など、考えることが盛り沢山で大変。さらに、つわり時期は本当に食べられなくなってしまいます。

だから結局のところ、食べたい物や飲みたい物を口にすることが一番です。そして落ち着いてきたら、栄養のある食材を朝、昼、晩の3食で、無理しない程度に食べればいいと思います。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)