陣痛がこない時の4つの対処法「予定日を過ぎたのに…」

陣痛がこない時の4つの対処法「予定日を過ぎたのに…」

予定日を過ぎたのに陣痛がこない…いつ来るんだろう?今まさに予定日を過ぎているママさん、もうすぐ予定日が来るママさん。予定日前に産まれた話を聞いたりすると焦ってしまいますよね。

陣痛は赤ちゃんのタイミングで来る。分かってはいるけれど、陣痛を促すことは出来ないのかな?こんなママに私が実際に実践した陣痛がこない時の対処法を書きたいと思います。

【スポンサードリンク】

陣痛がこない時の対処法

予定日が近づくと、「いつ陣痛が始まるのかな?」と、ソワソワしますよね。自分はどんなお産になるのか、色々考えてしまうと思います。それが予定日付近になると、周りから

  • 「まだ産まれてないの?」
  • 「もう産まれそう?」

なんて言われてしまったりしませんか?

こう言われてしまうと、本来は焦らなくても良いはずなのに、ママとしては焦ってしまいます。予定日を過ぎてしまうと尚更この気持ちは強くなってしまいますよね。お腹にいる期間が長ければ長いほど、赤ちゃんはお腹の中で成長しますし。

大きくなりすぎて、

  • 産むの大変にならないの?
  • 難産になる?

と心配になってしまうママは多いでしょう。

私は1人目を38週、2人目を37週で、いずれも予定日より早くに出産しました。赤ちゃんのタイミングだったと言えばもちろんそうだと思いますが、陣痛が来るまでに色々やっていたんです。これが今思うと陣痛に繋がったのかなと思います。そんな私の対処法を4つお伝えしますね。

1:とにかく歩く

予定日付近になると、お医者様から「沢山動いて良いからね!」と言われたことはないですか?やはり、たくさん歩くことは陣痛を促すにはとても効果的。私も1人目の時は1日5キロは歩いていました。

2人目の時は1人目を追いかけ回していたので、常に歩いていた気がします。自分の好きな音楽を聴きながら歩いたり、産まれたら中々いけないショッピングセンターに行き、ゆっくり買い物するだけでも十分だと思うので、体調が良ければぜひ歩いてみてください。

2:スクワット

まず、陣痛が来るには赤ちゃんが下がって来なければなりません。「下がるって何?」と思う人もいると思いますが、赤ちゃんは産まれる為に子宮の出口に段々と下りてきます。

赤ちゃんが子宮の出口に近づくと陣痛が始まって出産になるので、検診の時に赤ちゃんが下がって来てるのかお医者様に聞いてみると良いでしょう。

この、スクワットが赤ちゃんを下げる効果があるんです。お腹が大きいので、急いでやる必要はありません。肩幅くらいに足を開いてゆっくりしゃがんで立ってを繰り返してください。こうすることによって赤ちゃんは次第に下がって来るようになります。

私も最初は10回からスタートし、最後の方は50回も出来るようになりました。その前の検診では全然下がっていなかったのに、1週間後の検診では、「だいぶ下がって来てますね」と言われて、スクワットの効果だなと思いました。

スクワットは体力もつくので、お産を迎えるにはとてもオススメです。

【スポンサードリンク】

3:雑巾掛け

これは助産師さんにオススメをされました。雑巾掛けをすると赤ちゃんがグンと下がるそうです。ただ、普通にするのではなく、スクワットのようにしゃがんで足を開いた状態で自分の届く範囲を雑巾掛けする。

出産したらしばらく自宅に帰れないので、赤ちゃんを迎える前に、家中綺麗にするつもりでやってみるのも良いですね。一石二鳥で旦那さんにも喜ばれると思いますよ。

4:おっぱいマッサージ

これも子宮の収縮に繋がるので、陣痛促進には効果的。検診の時に助産師さんが診てくれる場合もあるので、積極的に聞いてみてくださいね。

私が聞いた方法は、お風呂などで体を温めている時に乳首を指でつまんで優しくマッサージをする。これは赤ちゃんが産まれた後、母乳をスムーズにあげられるように、乳腺を開通させる効果もあるみたいなので、ぜひやってみる価値はあると思います。

ただ、お腹が張りやすくなるのは事実です。産まれても大丈夫な37週以降にマッサージしてくださいね。

あくまで予定日は目安

「予定日ピッタリに産まれる確率は10%あるかないか」とお医者様に言われました。予定日はあくまで目安なんですよね。

  • 予定日を過ぎたからとどうしよう…
  • 早く産まなきゃ…

などと焦っても、こればかりは赤ちゃんのタイミング。

赤ちゃんが「今なら外の世界に出られる」と思って、初めて陣痛に繋がります。早くお腹の赤ちゃんに会いたかったり、大きな赤ちゃんを産むのは怖いと思ってしまうこともあるでしょう。

でも、産めなかった人はいません。「母は強し」で、産めてしまうんですよね。私が試した陣痛が来ない時の4つの対処法は、自分のお産の体力作りにもなりますので、体調が良い人はぜひ試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)